裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

「オムニバス」タグのついた記事一覧

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天沼矛

Category:山岸凉子

天沼矛(あめのぬぼこ)
1986年

時じくの香の木の実(あすかコミックス)』(角川書店)
自選作品集 月読(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
白眼子(潮漫画文庫)』(潮出版社)
山岸凉子スペシャルセレクション〈3〉神かくし』(潮出版社)
に収録。



「桜」をテーマにしたオムニバス。
まったく雰囲気の違う3編の短編で構成されています。個人的には第二話が薄ら怖くて好き。


「第一話 夜櫻」

どうしてここはいつも夜なの
あの桜はなぜいつもいつも花びらを散らすの? 尽きることもなく

神話の世界。一人ぼっちで寂しい神様は天沼矛で沼をかき回し、一人の少女を生みだしますが、少女は蛇神である神様を怖がって逃げてしまいます。それでも神様は、夜が明けない世界を嫌がる少女のために、桜の木に火をつけさせます。木と共に燃え、黒コゲになって苦しむ神様に少女が白い乳を振りかけると神様は立派な男性へと姿を変えましたとさ。めでたしめでたし。
感想に困る(笑)正統派神話ストーリー。えーと、天沼矛は実際に古事記に出てくるアイテムだけど、この話は創作神話でいいのかな? ぐぐってもそれらしい神話が出てこないので。
「どうして少女の乳がでるの?」という山岸先生の的確な自分ツッコミあり。ほんとだよ。


「第二話 緋櫻」

そうだ あれはお母さんだった!
口に櫛をくわえて 目が…光っていた

離婚歴のある駿と結婚することになった佐江子。実家の庭に新居を建てるため、桜の木を伐採する途中、桜の幹から出てきたのは大量の五寸釘。その時佐江子は子供の頃の記憶を思い出してしまう。夜中、櫛を口にくわえて丑の刻参りをする、今は亡き母の姿…。
離婚歴のある婚約者、病気で亡くなった「お母さん」、後妻である今の「ママ(母の妹)」と、意味ありげな人物を配置し、主人公が思い出したお母さんの恐ろしい行動の謎…と来て、さあどうなるのかと思えば「駿との結婚が少し恐い…」でいきなり終わってしまう。このラストに、初めて読んだ時は「山岸先生、もう少しヒントくださいよう!」と思ったのですが、今思えばこのモヤモヤ感が肝だったのかも。
「お母さん」がまだ存命の頃から父は「ママ」と関係があった? お母さんはそれを知っていた? 丑の刻参りはその恨みから? 駿の別れた女性と息子は? など、主人公の脳内を駆けめぐったであろうさまざまな男と女の愛憎劇。男と女って怖い→この先結婚する駿と自分の間にも何があるかわからない→「駿との結婚が少し恐い」という結論なんじゃないのかなと思いました。そのへんがはっきりしないのもまた良し。


「第三話 薄櫻」

「気にするなよ おまえのはすぐ良くなるよ」
人魂が飛ぶと噂される療養所に入院している少年たちの、ちょっと切ないお話。
少年たちの部屋には、少し年上の荒雄(あらお)という少年がいましたが、その名のとおり荒々しい性格なのでみんなから嫌われていました。
でも小6の節(たかし)は、クリスマスの夜に荒雄の意外な優しさを知ります。
ツンデレの荒雄くんに少しずつ懐いていくショタっ子節くん。桜吹雪の中でのキスシーンがあったり、よく考えるとうっすら少年愛な雰囲気のお話です。なんか長野まゆみが書きそうな…。絵と話のせいで全然それっぽくないけど。そういやサナトリウムとかモロに少年愛シチュエーションじゃないか。
普段はキツい荒雄が、病室でクリスマスパーティの準備をするシーンが好きです。他の子がみんな一時帰宅して寂しい節を気づかって…良い兄ちゃんだ…。ホロリ。
スポンサーサイト

幻想曲

Category:山岸凉子

幻想曲
1977年

妖精王の帰還』(新書館)
山岸凉子作品集〈8〉傑作集2 ティンカー・ベル』(白泉社)
山岸凉子全集〈24〉パニュキス(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈10〉ヤマトタケル』(潮出版社)
に収録。



幻想的な短編いっぱいのオムニバスです。


虹(プレリュード)

一切台詞のない絵のみの短編。
7人の女神が次々に太陽の神とキスして落下(落花!)するとやがて虹となる。
山岸先生の描くギリシャっぽい衣装って好き!
この女神様たちはアメリカの空の上では一人減るはず(笑)

分身(ダブル)

「見てはいけない」とされている黒い森の池。
ある日、池を見てしまった少年は池に映った自分に引きずり込まれ、溺れて死んでしまう…。
学校の怪談っぽい、ちょっと怖い話です。
池に引きずり込まれて終わりじゃなくて、少年の葬式が挙げられるとこまで描かれてるのがなんか逆に怖い。

転身(メタモルフォーゼ)

これも台詞なし。
変身能力を持った奇術師の女を観客の男が口説き落とし、そのまま熱い夜になるかと思えば、不思議な女は服どころか皮まで脱いじゃって骨だけになって崩れ落ちてしまいます。
このオムニバスの中ではコミカルで面白いです。
男は女を大金積んでものにしようとしてたけど、骨となって崩れた女をちゃんと埋葬して泣いてあげるあたり、けっこういい奴っぽいぞ。

堕天使(フォールン・エンジェル)

これは怖い…。インパクト系恐怖っていうか。
真夜中、眠っていた女の子が目を覚ますと、窓辺に背を向けた天使様がいる。
「ねえこちらをむいて」と女の子が天使を振り向かせると…。
「天使さまが…… 気の…気の狂った天使さまが」

妖精(エルフ)

村でただ一人の看護婦さんが謎の男の妻の出産を手伝い、こっそり棚にあった薬を右目に塗った。
数年後、市場でたまたま男を見かけて声をかけた看護婦はなぜか薬を塗ったことがばれ、右目をつぶされてしまう。
看護婦が勝手に使った「妖精が見えるようになる薬」はちょっとロマンチック。童話に出てきそう。しかしこの妖精さんはなんだか慇懃無礼。奥さんと赤ちゃんを助けてもらっといて「片目にだけぬったので助かりましたね」はひどくないですか。もう少し「私だって辛いんですよ」的雰囲気出そうよ。

月(フィナーレ)

「空がちょっとさびしいわね」
星のない夜。女の子が空の月と湖に映る月をシンバルのようにパシャーンと打ち鳴らすと、夜空は一面星空に…。おしまい。
アニメのコジコジでもあったなぁ、こういう話。力のあるちっちゃい子かっこいい。

笛吹き童子

Category:山岸凉子

笛吹き童子
1986年

笛吹き童子(プリンセスコミックス)』(秋田書店)
自選作品集 夜叉御前(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈2〉汐の声』(潮出版社)
に収録。



笛にまつわる短編二本立て。


第1話「石笛」

山梨のとある旧家。亡くなった祖父の葬式にやって来た親戚は、宝の山(遺品)を漁りに来たハイエナばかり…。
残された祖母は曾孫である美沙ちゃんに倉の鍵を渡し、「石笛(いわぶえ)」という古い笛を渡します。おばあちゃんはボケちゃてますが、死者を悼むことすらしない金の亡者どもを許しはしません。生き霊となって美沙ちゃんに妖しげな笛を吹かせます。
「吹いてごらん! 美沙ちゃん」の顔が怖い!
少女が吹いた石笛によって、死者の屍は起きあがり地割れは起こり、腹黒い親戚達は全員家ごと地割れに飲み込まれます。BGMは筋肉少女帯の「ノゾミ・カナエ・タマエ」でお願いします。
ていうかおばあちゃん…美沙ちゃんの身にもなっておやりよ…。これおばあちゃん(本体)と倉にいた美沙ちゃんは助かってるんですかね?


第2話「笛吹き童子」

今度はいきなり平安時代です。
雅楽頭の総領であるはずの直行。しかし彼はとんでもなく楽器の才能がありませんでした…。
「楽器を弾く才能はなくても、そなたは壊れた楽器を丁寧に修復する。それは楽器を上手く弾くのと同じくらい立派なことですよ。でもうちは雅楽頭ですからねえ」というお母様のフォローが全然フォローになってません! もう楽器修復職人になればいいじゃん…。
楽器の道を諦めて2年経ったある夜、大工をやってた直行は「切り口ヶ原の笛の怪」こと笛吹き童子から壊れた笛を預かります。
その笛を完璧に直した時…、何ということでしょう(加藤みどりの声で)、直行に奇跡が…! こっちはハッピーエンド。よかったね。
マンガとか小説に出てくる笛や琴や三味線の「妙なる音色」とか「妙音」とか想像するのが好きです。きっとものすごく良い音なんだろうなーって。

三色すみれ

Category:山岸凉子

三色すみれ
1973年

ひいなの埋葬(花とゆめコミックス)』(白泉社)
シュリンクス・パーン(ロマンコミック自選全集)』(主婦の友社)
山岸凉子全集〈30〉愛天使(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
に収録。



3話入りのオムニバス。3人の女性の物語です。


第1話「雫」
ルフェビュール家に住む捨て子のフロレーヌの恋と失恋の話。
多分身分違いの恋なので諦めたとかそんなかんじ…のはず。
義姉のアナベルがいかにも意地悪キャラっぽい雰囲気のわりにはそんなことはなかったのがよかったです。
しかし美人で控えめというだけで男に好かれてしまうあたり昔の少女マンガだなぁ…。

第2話「水仙」
自分の美しさを十二分に理解している傲慢な美女・オルタンスの話。
この話が一番レベル高いんじゃないでしょうか。まとまってるし主人公のキャラも立ってるし。山岸先生の描く歪んだ性格のナルシストは好きです(ヘレネーとか)。
嫌いな女に勝つためだけにその女の夫をたぶらかして奪い取ろうとする執拗さとか、少なくとも上のフロレーヌよりはキャラクターとして面白い。こういうキャラの人間性が前面に出たストーリーは私は好きですね。

第3話「あげは蝶」
天使のように天真爛漫な売春婦・ロールの話。
可愛くて夢見がちで無邪気でアメリカとアフリカの区別がついてないアホの子・ロールにメロメロになる男たちの図はまるで「天然ボケの不思議ちゃんがなぜか一番モテてる合コン」のようです。男ってこういうタイプ好きだよね…。
1話と2話は共にルフェビュールという苗字を持つ女性が出てくるので、このロールも血縁者なのかも知れません。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。