裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの人形は良い人形

Category:山岸凉子

わたしの人形は良い人形
1986年

わたしの人形は良い人形(あすかコミックス)』(白泉社)
自選作品集 わたしの人形は良い人形(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈1〉わたしの人形は良い人形』(潮出版社)
に収録。



「このお人形あげましょう。
初子ちゃんだって一人で逝くのはさびしいもの」


昭和21年。初子という少女が事故で死んだ。葬儀では副葬品として立派な市松人形が添えられたが、どういうわけかその人形は初子と一緒に焼かれないまま箪笥に仕舞われてしまった。
それ以来、人形は女の子の死体を求めるようになる…。


山岸作品の中でも特に一般に認知されている市松人形ホラー作品であり、人形系ホラーマンガの中でも有名な作品。
すごい怖いです。小さい頃からお人形好きで、怖いと言われがちな市松人形をも愛でられるくらいの愛を持つ私でも怖いです。特に人形が棚から飛びかかってくるとこなんか二度と直視できない。

きっと戦後まもなくの貧しい日本で、初子ちゃんの母と祖母はせっかくもらった立派な人形を焼いてしまうのが惜しくなったのでしょうね。
人形と一緒に天国へ行くはずだった初子(死亡)、人形の元々の持ち主だった千恵子(初子に呼ばれて死亡)、初子の妹でやはり人形を欲しがっていた姿子(生存)。美しい人形に魅せられた三人の少女…。
現在の感覚で考えると「小さな女の子が怨念で人殺すほど市松人形を欲しがる」というのはピンとこないかも知れませんが、当時の女子にとっては市松人形なんて欲しくてしょうがない高級なおもちゃだったのですよ(多分)。今でいうとブライス衣装付き、もしくは人形好きにとってのスーパードルフィーくらい?(昔は「市松人形って怖い」という概念はまだ浸透してませんでした)
そんな素敵なものを母からもらったのに、すぐに友達の副葬品として取り上げられた千恵子ちゃん。副葬品としてもらえるはずだったのに、一緒に焼いてもらえなかった初子ちゃん。
数十年後、大人になった姿子の娘・陽子が人形を見つけ出した時、「与えられるはずだった物を与えられなかった子供の怨念」がこもった人形が動き出す…。

子供がいる! どうして!?

このシーンを見て以来「棚の上」に人形を置くのをやめた私です。
最初の方では普通の可愛い女の子だった初子ちゃんと千恵子ちゃんが死後、怨霊として人々を恐怖させる存在になってしまっているのがなんか悲しいです。
姿子ママがなんか妙に強運なキャラで、そこがちょっとホッとするんですが、何の関係もないのに人形に追いかけ回される陽子はかわいそう。
あと、陽子から頼りにされる同級生・武内陽(みなみ)くんという霊能力者の存在も恐怖を和らげてくれます。こういう解決担当の人が出てくると多少怖くなくなる。
この陽くん、クールでハンサムなキャラなのに雨の日はナチュラルにズボンをロールアップしてる姿に笑いました。

「なんの理由かはわからないが あの人形は死者とともに葬られなかった。
そのままきみの家に残っている。二人の女の子の執着を背負ったまま」


「襲う人形」を供養のつもりで焼いたら「襲う焼けただれた人形」になって怖さ倍増リニューアルの後半。
陽子も言ってたけど、人形に取り憑いてる初子ちゃんは血の上では陽子の伯母さんなんだよなぁ…。身内の絆が死んだ子供の物欲に負ける、というのも何だかホラーとは別の恐怖を感じます。初子の両親なんて初子に殺されてるよ…。

ラストは私の好きな「まだ恐怖は終わってない」タイプの終わり方。倉敷さんは女の子でなくて女です。
人形を焼いたあとの陽子の「良かったあたし 陽さんに会えて」とか「そうね秘密よね 二人の……」とかのモノローグの場面で終わってたらどんなによかったことか…。
とか言いつつもやっぱり怪談はアンハッピーエンドで終わる方が好き。最後の「コト」が怖い!

とにかく人形が怖くなってしまうマンガなので、読み終えたあとは須藤真澄の『振袖いちま』か内田善美の『草迷宮・草空間』でも読んで市松人形への恐怖心を緩和したくなります(笑)
(どっちも「生きてる市松人形もの」だけど、可愛いなごみ系ストーリー)



*****
人形といえば、有名な「お菊人形」を見たことがなかったなーと思って、画像検索してみたんですが、どんだけ怖いのかと思ったら…普通にカワイイ。市松人形の中でも可愛らしいタイプのお顔で、個人的にはかなり好みのお人形さんでした。ちょっと拍子抜け。

八百比丘尼

Category:山岸凉子

八百比丘尼(やおびくに)
1982年

山岸凉子全集〈16〉海の魚鱗宮(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
傑作マンガ選 怖い話(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
自選作品集 タイムスリップ(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈2〉汐の声』(潮出版社)
に収録。



あたしって顔も性格も悪い…
だから友人もできないし もちろんB・Fも
おまけにお金もぜんぜんない


私立女子高生の江崎はつまらない日常にうんざりしていた。
しかし夏休みを前にしたある日、八重子という美少女に声をかけられた江崎は彼女の家に遊びに行くことに。八重子の家には八重子そっくりの顔をした母と叔母がいた。


人懐っこい八重子に何故か気に入られる江崎(名前出てこない)。美しく、異常なまでに若い八重子の母と叔母。屋敷に落ちている「鱗のようなもの」。
八重子の家で過ごすうちにどんどん体調が悪くなっていった江崎は、屋敷を這いずっているうちに八重子たちの正体を知ってしまいます。

「人間を食べて わたしたち単性生殖するの」

八重子たちは八百比丘尼伝説とは逆に、人間を食べて800年生きる人魚でした。わりかし荒唐無稽です。自分自身と絡み合って単性生殖する人魚たちの姿が艶めかしい。

「あの子のことは大丈夫なの?」
「一番目立たないのを選んだのよ。あの子一人の消失ぐらい誰も気にとめやしないわ」
不満だらけでその実自分からは働きかけない人間はごまんといるのよ。だからちょっと優しくすればホイホイついてくるわ」


好感持てない主人公+取って食われる系+ドラえもんのような教訓つきという、山岸作品の中でも比較的わかりやすく読みやすいお話。
作中では人魚たちがUFOに乗ってやって来た?ような描写がありますが、そういえば『神かくしPart2』でも天狗っぽい生物がUFOに乗って来てましたね。山岸風SFといったところでしょうか。

読者からのゆうれい談

Category:山岸凉子

読者からのゆうれい談
1983年

山岸凉子全集〈17〉ゆうれい談(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
ゆうれい談(MF文庫)』(メディアファクトリー)
あはは、まんが』(角川書店)
に収録。



73年の『ゆうれい談』から10年の時を経て、続編。
当時『ゆうれい談』を発表した後に山岸先生へ届いた、「霊的体験を綴った、おびただしい数のお手紙」の中からいくつかピックアップされた怖い話です。3話しか入ってないです。短い。
かくれんぼをしていた女の子の「箪笥の中に誰かの手が…」という話が怖かったです。
実話・創作に関わらず、昔から「箪笥」とか「押し入れ」といった収納にまつわる怖い話は多い気がします。…人が入ってそうな大きさだからかなぁ…(そのまんま『押し入れ』という山岸作品もアリ)。

でも、ここで紹介されている「読者のゆうれい談」を、全て読み切らないうちに処分してしまったらしい山岸先生。
「あまりにあまりに恐くて読み進む事ができなかったのです!!」
「そんな話のつまっているダンボール箱が不吉で不吉でたまらなかったのです わたし」

わたしの人形は良い人形』を読んだ私の知り合いと同じこと言ってますよ! 先生!
読者からのゆうれい談に恐れおののく作者が描いた恐怖マンガでまた恐れおののく読者が生まれるなんて、この世って不思議だなぁ…。まさに、恐怖は天下の回りもの(ちょっと意味違う)。
「もう金輪際 読者の皆さまの体験談なぞ要求したりいたしません!」
山岸先生は幽霊的なモノをわりと見るタイプなのにも関わらず(そして恐怖ものをよく描くにも関わらず)フツーに怖がりなところがどうにも親近感を覚えてしまいます(笑)。

ゆうれい談

Category:山岸凉子

ゆうれい談
1973年

ゆうれい談(セブンコミックス)』(小学館)
山岸凉子全集〈17〉ゆうれい談(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
ゆうれい談(MF文庫)』(メディアファクトリー)
に収録。



山岸先生がマンガ家仲間から聞いた「幽霊談」一挙公開。
「手ぬぐいを巻いた幽霊」「柳の精霊に恋された姉」「幽霊に脚を引っ張られて膝がはずれた少女」「窓を叩き続ける左手」…。
実際にあった怖い話、それと私の好きな「不思議で奇妙な話」もちゃんと入ってて嬉しいです。
やっぱり「怖い話」は怖い! 特に「石垣の上を走る少年」の話が絵面的に怖いです。「国分寺の石垣の道」だそうですが、まだあるのかなー。怖いもん見たさで行ってみたい。
「大島弓子が予知夢を見る」という話はなぜか納得してしまいました(何となく大島先生は予知夢見そうなイメージある)。

話と関係ないですが、歌いながらマンガを描くシーンで「バビル2世の主題歌を歌うアシさん」が「年をくっているのにナツマンではない」と書かれているのにびっくりしましたよ。さすが70年代。貸本屋も出てくるし。
この頃は山岸先生の絵もまだ線が太くて若干コミカルで、後の鬼気迫る恐怖絵ではないのがありがたいです。続編の『読者からのゆうれい談』は線が細くてだいぶ怖い…。

しかしささやななえ(現:ささやななえこ)の「おにぎりの中身を当てる能力」は「羨ましい!」の一言。こういう特殊能力欲しいなぁ。

ねむれる森の…

Category:山岸凉子

ねむれる森の…
1974年

ティンカー・ベル(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈8〉傑作集2 ティンカー・ベル』(白泉社)
山岸凉子全集〈29〉ダフネー(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
に収録。



リュシアンは、婿養子に入った友人・レイモンに招待され、レイモンの住む古城にまでやって来た。
しかしそこにはレイモンはおらず、城にはレイモンの妻であるヴェルヴェヌと醜悪な老婆しかいなかった。リュシアンはその城にしばらく滞在することにするが…。


初期のホラー作品です。あちこちに置かれた彫像、家を留守にしたまま行方知れずのレイモン、謎の老婆、美しいヴェルヴェヌ…。かなり王道ホラーです。
「彫像だらけの地下道」ってのもかなり怖いんですが、この話はヴェルヴェヌと結婚したレイモンの立場で読むのが最も怖い。
成人男性であるレイモンが枯れ果てた老婆のように変貌してしまっていた…とか、どんだけの恐怖を味わったらそういうことになるのさ! しかも親友であるリュシアンが、変わり果てた全然自分に気づいてくれないっていうのもコワイ。必死に大学時代の時計を見せつけるレイモン。泣けます。

地下道の彫像の群れに押し潰されそうになったリュシアンが目にする「天窓からこちらを見つめるヴェルヴェヌ」の顔がマジでいっちゃってて恐ろしいです。
そういえばこの作品は恐怖の対象が心霊的なものでなく「殺人鬼」という人間なんですね。
タイトルの「ねむれる森の…」は、地下道にヴェルヴェヌそっくりの殺人人形(鉄針装備)が横たわっていたからです。

誰かが風の中で…

Category:山岸凉子

誰かが風の中で…
1973年

赤い髪の少年(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈11〉傑作集5 篭の中の鳥』(白泉社)
山岸凉子全集〈30〉愛天使(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
に収録。



「彼女はね 母親にすてられたんだ。再婚のじゃまだったから。
塔に住んでるんだよ。ひとりぽっちでさびしくていつも泣いているよ」


盲目の少年ジュールのピアノ教師兼看護婦としてラガッシュ家にやって来たニコル
しかしニコルはその家でたびたび謎の少女の姿を見かけるようになり…。


山岸先生初期のホラー(?)作品。
家族に顧みられない孤独なジュールのたった一人の友達は、自分と同じように一人ぼっちで死んでいった少女の幽霊・エミリエンヌ。
屋敷の中を何十年も彷徨っているエミリエンヌは、病弱なジュールをあの世に連れて行こうとやって来ます。

なんてことだろう 孤独のまま死んだ子どもは
あの世に行く道を見つけることができないのだ。
いまエミリエンヌは彼を ジュールをともなってその道を行こうとしている!


ニコルはジュールがエミリエンヌに捕らわれぬよう、片時もジュールから目を離さないようになります。
危険な状態になったジュールをめぐってエミリエンヌと根比べ状態になったニコルでしたが、
ジュールのハンサムなお兄さんといい雰囲気になったニコルは一瞬だけジュールから目を離してしまいます。
その直後、ニコルの耳には歓喜に満ちたエミリエンヌの高笑いが聞こえ…

私には見えた
孤独という名の生をぬぎすて
ジュールとエミリエンヌが手をとりあって死への道へと走り去る姿が…


あんまりオチないですね。
結局ジュールはニコルとエミリエンヌどっちが好きだったの?

▲New

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。