裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

雨女

Category:山岸凉子

雨女
1994年

押し入れ(AmieKC)』(講談社)
押し入れ(KCデラックス)』(講談社)※上の復刻
に収録。



「お母さん あのおじさん 長い物を引きずってるよ」

三田数良はその恵まれたルックスで数々の女を物にし、金目的で手にかけてきた。女たちの愛と怨念に取り憑かれることになるとも知らずに…。


主人公の女性はおそらくジェイン・ドゥさんこと千鶴子さん(作中では名前が出てきません)。自分が数良に殺されたことに気づかず、数良を見つめ続ける。
この千鶴子さん、ところどころのコマでさりげなーく首に布が巻き付けられています。山岸先生ってたまにこういうことしますよね。『汐の声』のロングのシーンの床のアレとか。あれはびびった…。
この作品は出てくる幽霊二人とも自分が死んだ自覚なしで勝手に動いてて変なかんじ。

三人目の女・よし子も殺してしまう数良。でもマスコミに対しては涙で応答してみせます。演技派です。一方その頃、千鶴子の遺体が発見されます。
今まで視点キャラだった千鶴子が一瞬で「ゴミ袋に詰められた死体」になったシーンはけっこう怖かった…。なんかね、「人を脅す気のない幽霊」って怖い…。黒いゴミ袋の中で正座ですよ?
冒頭の「立てない!?」のシーンの変な外枠はゴミ袋だったんですね…。あの頭をつかえてつんのめった体勢の意味がここでようやくわかるという。

マスコミに囲まれながら帰宅する数良。数良のうしろから「長い物」が繋がっていることに、近所に住む少女だけが気づく。

罪が暴かれようと暴かれなかろうと
彼は“長物”を引きずっている
これが人間に憑く背後霊の中でも もっともたちの悪いものだそうな


さて、「三田数良」の元ネタこと三浦和義は2008年に留置所で首を吊った状態で死んだわけですが、自殺であれ他殺であれ事故であれ、「長い物」が首にグルグル巻き付いて死んだ…と考えると何だか辻褄が合ってて恐ろしいですね!(首つりに使われたのはTシャツらしいけど)
前にテレビかなんかで見た霊能力者も「三浦和義には女の長い髪の毛がグルグルまとわりついている」的なことを言ってたし。怖いよー。

でもこのマンガに出てくる三人の女の霊は「呪ってやる!」という恨みの気持ちは描写されておらず、自分が死んだことすら気づかず、ただ数良の後にズルズルついて行くだけの存在なんです。単なる恨みの感情より、こういう「愛だか怨念だかもうよくわからない強い執念」ってのが一番怖いと思うのです。

青海波

Category:山岸凉子

青海波(せいがいは)
1982年

時じくの香の木の実(あすかコミックス)』(角川書店)
に収録。



「ゆっくりやすんでくださいね」

盲目の少年・多(まさる)が波打ち際を歩く。
多の見えない目には、すでにこの世を去った人々が見えていた。


「何かを代償に手に入れた異能」や「死後の人間」をテーマにしながらも、幽霊に優しい多くんと特に何も悪さをしない幽霊さんのおかげで、なんか妙に和み系の作品になっている短編。女の子の幽霊と貝拾いして遊んじゃってます。楽しげ。
「盲目・幽霊・海」といえば、『海底より』を思い出すんですが、あっちとは全然違いますね。真美さんも全盲になった暁にはこういう和み系「見えるひと」になってほしいです(無茶言うな)。

夫を残して死んでしまった幽霊さんが、夫が自分を喪った悲しみをようやく乗り越えて元気に暮らしているところを見届けて、安心して成仏していくシーン。「これでわたし、ようやく目を瞑ることが…」と言って逆に目を開く場面が印象的でした。

この作品が未だに一冊の単行本にしか収録されてないのは地味だからですかね…。(^_^;)
山岸作品の幽霊ものにしては負のオーラが漂ってなくて私はけっこう好きですけど。

黄泉比良坂

Category:山岸凉子

黄泉比良坂(よもつひらさか)
1983年

黄泉比良坂(ボニータコミックス)』(秋田書店)
わたしの人形は良い人形(あすかコミックス)』(角川書店)
神かくし(秋田文庫)』(秋田書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈3〉神かくし』(潮出版社)
に収録。



ああ どうしよう
わたしは自分が誰なのかわからない!


」は気がつくと一人深い静寂の中にいた。
暗闇の中、たまに通り過ぎる人々を追いかけ、自分が誰かもわからぬまま「私」は彷徨う。


最初の「私は目も耳も声も手足も失ってしまったのだわ!」みたいなとこで「え、そういう話!?」といきなりビビってしまいましたが、よく見ると着物は堂々と死に装束。
ストーリーは人に取り憑く幽霊さんを密着取材したみたいなかんじです。

自分が死んでいることに気づいてないおばさんは、見えない目に時折見える人を追いかけます。でも絵里子ちゃんの「マブシイおばあさん」に追い出されるおばさん。絵里子ちゃんのおばあさん頼もしっ。
月の絹』といい、山岸先生えらくニンジンごはんを推してくるなあ(笑)

自分と相性の良い人間を探すおばさん。他人を恨んでばかりの女を見ていて死ぬ前の自分を思い出す…。
この主人公が自分のことを忘れたり思い出したりまた忘れたりするのがなんか怖いんです。「忘れる」って怖いよね…。

最後はそのへんにいたモブ顔の男性の肩に乗って高笑いするおばさん…。
…「おばさん肩に乗る」っていうとなんかスプーンおばさんの続編みたいですね。(どうでもいいよ)
私も以前、「見える」知り合いに「なんか憑いてる」と言われて背中をバシバシぶっ叩かれたことがあるのですが、このおばさんみたいなのが憑いてたのかなー。おじさんだったら別の意味でイヤ。

あなたのそばにいると あたしは五体満足
嬉しい 嬉しい!
あたしの目が耳が口が甦る
世界が生き甦る


主人公目線ならハッピーエンドなのにあんまりそうは見えないのはなぜ。

グール(屍鬼)

Category:山岸凉子

グール(屍鬼)
1979年

スピンクス(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈9〉傑作集3 黒のヘレネー』(白泉社)
山岸凉子全集〈31〉黒のヘレネー(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈3〉千引きの石(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
自選作品集 シュリンクス・パーン(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈1〉わたしの人形は良い人形』(潮出版社)
に収録。



「なんでもいい
なにかの肉が食いたい 肉が食いたいんだ」


男は海難事故に遭い、奇跡的に無人島に流れ着いた。
島にはすでに一人の女がいた。
その奇妙な島では不思議なほど生き物が捕れず…。


「無理よ。この海の魚は絶対とれないわ。
私も何度もやったのよ」

もうずいぶん昔に島に流れ着いたと言う女。なぜか全てに諦め顔の女と対照的に、のろしの準備をしたり魚や鳥を捕ろうと奮闘する男だが、何も捕れないし救助も来ない。
そしてなぜか夜ごと自分を覗き込む奇妙な女…。

最初は無人島に漂着した人間のひかりごけ展開かと思ったんですが、もっと救いようのない話だった。個人的に、自分が死んでるのに気づいてない死者の話ってなぜか好きです。自分の死体が鳥につつかれてる場面を見るってどんな気分だろう。

死んでる人が果物や海草を食べてるのも謎だけど、魚・鳥・貝なんかの肉だけは決して口に入らないというのが不思議。タイトルがグールだからいつも肉に飢えてる的な? それか肉は人肉しか食べられなくなってるのか? 腕を食べられてもすぐ生えてくるというのが不気味ですね。

「互いに互いの肉をむさぼり食う。
私達はそんなものになってしまった」

この人たちがグールになっちゃったのってなんか生前の行いと関係あるんですかね? 特に何も悪いことしてないなら可哀想。死ぬこともできずに果物とワカメと自分の手だけ食べて時間が経つとか何の地獄だ…。

ところでこの作品は『自選作品集シュリンクス・パーン』に収録されてた時は、なぜか写植が他の収録作品と違って妙に細くて小さい明朝体になってて、なんかいかにもこれだけ異世界っぽい雰囲気になってていいかんじでした。スペシャルセレクション1では他の作品と同じ書体になってたけど(他の収録単行本は持ってないから知らない)。

着道楽

Category:山岸凉子

着道楽
1993年

ツタンカーメン〈1〉(希望コミックス)』(潮出版社)
鬼(潮漫画文庫)』(潮出版社)
山岸凉子スペシャルセレクション〈4〉甕のぞきの色』(潮出版社)
に収録。



とっておきの桜の着物を着て母の法事へ行こうとする志麻子
しかし着替えてもいないのにいつの間にか法事の時間になってしまった。
着替えるために家へ急ごうとする志麻子だが…。


常世長鳴鳥』『時じくの香の木の実』あたりでも意味なく頻発していた山岸先生のお着物好きが、ホラーと着物のコラボというよくわからないかたちで炸裂!

最初は、けっこう奇抜なアイデアが好きらしい志麻子さんの「お着物うんちくマンガ」といった雰囲気でしたが、志麻子さんが浴衣の上に綿入れを着込んだあたりからおかしい方向に。

「ほら 法事をやる予定の定願寺がすぐそこよ」
「ちょっと散歩のはずがこんな所まで来てしまうなんて」

着物のおしゃれにうるさい私がこんな浴衣に綿入れなんて格好で皆の前に出られないわ!(そりゃそうだ)
絶対にあの桜の着物を着て法事に出たいのよ!と、急いで支度に向かおうとする志麻子さんですが…。

この話は恐怖ものには珍しく、どことなくコミカルさが感じられる作品です。着替えを急ぐあまり気が動転した志麻子さんがなぜか卒塔婆や骨壺を手に持ってしまい、そのたびに
「きゃっ これは卒塔婆じゃないの」
「きゃっ 骨壺!?」

と叫ぶあたりとか、なんかのコントみたいです(笑)
死に装束をパクった女性はそのうち祟り殺されそうだ。

ある夜に

Category:山岸凉子

ある夜に
1981年

山岸凉子作品集〈11〉傑作集5 篭の中の鳥』(白泉社)
瑠璃の爪(あすかコミックス)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈13〉妖精王3
に収録。



8ページの短いお話。
化野の…』と似た「死者が町を歩く」話ですが、あっちの主人公は自分が死んだことに気づいてないのに対して、こっちの女性達は全員理解してあの世へ向かってます。

4人の女性が町を歩く。
一人は華の道、一人は砂の道、二人は石の道を歩く。
彼女達の歩く道は、生きていた時の行いの報いが表れている…という解釈でいいんですよねコレ。抽象的で感想が難しいです。
途中で仲間に加わったおばさんは石の道を歩き、足が血まみれ。

「わたしはずーっと一人で歌を歌ってきましたからね」
「わたしなんか七人の子供を育てて歌なんかひとつも歌えなかったよ」
「ああそれで華の上を歩いているんですね」

一人で歌を歌うことはそんなに悪くないんじゃないか? と思うのですけど…。おばさんの歌で元気づけられた人だっているかも知れないじゃないですか。ジャイアンみたいな歌声だったならまだしも。

でも実際に歩いている道に関わらずみんな、まあアスファルトの上みたいな感触ですよねといったノリの中、一人だけやたら苦しいだの寂しいだの足が疲れただの、不平不満を言う女がいました。

「自分の幸せを考えるよりも他人の幸せを考えてきたわ。
そのあたしがあんなにも苦しんで おまけに華の上も歩けないなんて」


この女は「私はこんなに尽くしてあげてる。だから、もっと何か良いことがあるはず」と思ってるタイプですね。他人のために尽くしてるつもりで本当はすごく欲張りっていう。
人間の性質と死後の世界をからめて描くあたりが山岸先生らしい。お寺の冊子に載せるべきだな(笑)

「あたしはただの一度も加害者になったことなんかないわ。
一度もないわ! いつも被害者だったわ

「これでおしまいなんて これで無になるなんて!
何かがあるはずよ。もっと何かが!


黒のヘレネー』を彷彿とさせるラスト。背景の賽の河原が怖い…。

化野の…

Category:山岸凉子

化野の…(あだしのの)
1982年

山岸凉子作品集〈11〉傑作集5 篭の中の鳥』(白泉社)
山岸凉子全集〈27〉クリスマス(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈4〉汐の声(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
自選作品集 ブルー・ロージス(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈6〉夏の寓話』(潮出版社)
に収録。



早く家に帰らなくちゃ……

」は会社帰りに道に迷ってしまった。歩けども歩けども知っている道に出ない。
早く家に帰りたいのに、いつまで経っても家に辿り着かない…。


主人公(多分本当はもう死んでる?)が延々彷徨い歩くだけのお話。
知らない道。知らない人。思い出せない自分の家。つじつまの合わない記憶。なんか夢に見そうな雰囲気です。心なしか「病院」と「墓場」のイメージが多い。

いつの間にか墓地に向かっていた主人公と出会った中学生の少女の「お姉さんの行くのはあっちでしょ」という時の目が怖い! 真っ白!

あっちから先は墓地しかないっていってたけれど
あの中学生はあっちからやってきたのよね?


次に出会う、何もないところで拝むおばさんも不気味です。見えない栗饅頭…。
どうしてそんなに赤いリボンをまいてるの。小さな子でもあるまいし滑稽だよ。
ほら 足首にまいてるじゃないか。首にも

この台詞が何を表してるのかいまいちわからないですがとりあえず怖いです。そのあとの「河を渡る」はわかる。

「早くこのストーブの上にのぼって」
「この真っ赤に燃えてるストーブの上に!?」
でなくちゃ向こうに行けないんだよ。みんなのぼったんだよ。そのスリッパにはきかえてね」

「スリッパで石油ストーブの上に登る(越える?)」のが死の儀式ということかな? 成人儀式なら炎の上を飛び越えるとか聞いたことあるけども…。
「燃えさかるだるまストーブ」は『顔の石』にも出てきましたが、あれも死の象徴だったんでしょうか?(今回の感想?マーク多いなぁ…)
 
このお話は同じく死後の女が町を歩く『ある夜に』と似てますが、主人公(達)が自分の死に気づいているかいないかが違う点ですね。
気づかない主人公は無意識のうちに「死」を否定し、いつまでも夜の町を彷徨い続ける…。

夏の寓話

Category:山岸凉子

夏の寓話
1976年

天人唐草(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈10〉傑作集4 夏の寓話』(白泉社)
山岸凉子全集〈26〉天人唐草(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
自選作品集 天人唐草(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈6〉夏の寓話』(潮出版社)
に収録。



広島のおじの家の留守番を頼まれた大学生・澄生は、謎の女の子と出会う。
女の子と仲良くなった澄生は、ある夜不思議な幻を見る。


自分の名前も家もわからないまま、ひたすら広島の町を彷徨う女の子・スミちゃん(澄生命名)の所在なさげな様子が悲しいです。
ある夜、線香花火を通してスミちゃんの記憶を垣間見る澄生。カレンダーの日付は8月6日。広島原爆投下の日。

手が 足が 燃えちゃう
燃えちゃう こわい


原爆が落ちるシーンの真っ白い見開きは編集部に「真っ白じゃ原稿料支払えない。せめて枠線を引いてくれ」と言われたそうな(スペシャルセレクション6の創作秘話より)。
「あたし燃えた……」というシーンの、立ったまま燃えてる女の子が怖い!
見える人から見たら広島にはスミちゃんみたいな魂がウヨウヨしてるんだろうなあ…(それ言ったら日本全国世界各国そうですけど)。
山岸作品には自分が死んだことに気づかずにさまよう人物が多く出てきます。

ウンディーネ

Category:山岸凉子

ウンディーネ
1978年

ハーピー(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子恐怖選〈1〉鬼来迎(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
『トップレディカラーシリーズ 山岸凉子』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈9〉傑作集3 黒のヘレネー』(白泉社)
山岸凉子全集〈23〉ドリーム(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈4〉甕のぞきの色』(潮出版社)
に収録。



「ゆき子って 降る雪?」
「残念ながらそうじゃないの。せっかく北海道で生まれたのにね。
行く子って書いて 行子」


北海道の沼に撮影にやって来た陸田(おかだ)は、沼で溺れていた少女を助ける。
ウンディーネを思わせる可憐な少女・行子(ゆきこ)に魅かれていく陸田だったが…。


人間嫌いの雑誌記者と美しい少女の淡い恋物語。
しかし山岸マンガにおいて、この手のストーリーの登場人物が生身の人間のみであるはずもなし。

「写真撮ってるならいつかあたしを撮ってくださる?」
「そうだね……でもぼく人を写したことないから うまくいくかどうかね」
「だって家族の人達とかお友達とかを写すことなかったの?」
「家族はいない。ああどうかしてる。ぼくはいつもはこんなこといわないのに。ごめん」
「ううん あたしこそ ごめんなさい。でもこう考えたらいいわ。
親のない子供より 子供をなくした親のほうがかわいそうなんだから あなたはまだ幸せ。
若くてこれからがあるもの。家族だってこれから作れるわ。ぜったい幸せよ!」


この作品は個人的にはそれほど思い入れのある話ではないですが、自分の仕事に執着がなかった陸田が、行子が消えてから「ぼくはカメラマンになってもういちど行子を撮るんだ」と決意する姿はなかなかよいです。

だがぼくはほんとうにウンディーネに会っていたのかもしれない……
ウンディーネ 水妖!

誰かが風の中で…

Category:山岸凉子

誰かが風の中で…
1973年

赤い髪の少年(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈11〉傑作集5 篭の中の鳥』(白泉社)
山岸凉子全集〈30〉愛天使(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
に収録。



「彼女はね 母親にすてられたんだ。再婚のじゃまだったから。
塔に住んでるんだよ。ひとりぽっちでさびしくていつも泣いているよ」


盲目の少年ジュールのピアノ教師兼看護婦としてラガッシュ家にやって来たニコル
しかしニコルはその家でたびたび謎の少女の姿を見かけるようになり…。


山岸先生初期のホラー(?)作品。
家族に顧みられない孤独なジュールのたった一人の友達は、自分と同じように一人ぼっちで死んでいった少女の幽霊・エミリエンヌ。
屋敷の中を何十年も彷徨っているエミリエンヌは、病弱なジュールをあの世に連れて行こうとやって来ます。

なんてことだろう 孤独のまま死んだ子どもは
あの世に行く道を見つけることができないのだ。
いまエミリエンヌは彼を ジュールをともなってその道を行こうとしている!


ニコルはジュールがエミリエンヌに捕らわれぬよう、片時もジュールから目を離さないようになります。
危険な状態になったジュールをめぐってエミリエンヌと根比べ状態になったニコルでしたが、
ジュールのハンサムなお兄さんといい雰囲気になったニコルは一瞬だけジュールから目を離してしまいます。
その直後、ニコルの耳には歓喜に満ちたエミリエンヌの高笑いが聞こえ…

私には見えた
孤独という名の生をぬぎすて
ジュールとエミリエンヌが手をとりあって死への道へと走り去る姿が…


あんまりオチないですね。
結局ジュールはニコルとエミリエンヌどっちが好きだったの?

Old▼

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.