裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

「神話」タグのついた記事一覧

月読

Category:山岸凉子

月読(つくよみ)
1986年

牧神の午後』(朝日ソノラマ)
自選作品集 月読(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈3〉神かくし』(潮出版社)
に収録。



「いくら瘢痕が美しくとも 姉上は私のこの青白い肌がお嫌いだ」

神々の住まう高天原。暗い夜の神・月読(ツクヨミ)は太陽神である天照(アマテラス)を慕っているが、天照はいつも風の神・須佐之男(スサノオ)ばかり可愛がり、月読には冷たかった。
天照や須佐之男のように明るい男になりたいと願う月読は、愛してやまない天照のために精一杯尽くすが…。


古事記ではあんまり目立ってなかった月読命にスポットを当てたお話。
どこまでも姉ラブな月読がけっこう好きです。美形だけど暗く冷たい顔なのを気にしてる(姉上がそういうの嫌いだから)とか、姉上が好きだって言ってたから金糸の衣着たよとか、暗い男の報われない恋心がツボなんです。かわいそうな月読…。嫌われてるって知っていながらも慕わずにはいられないことがあるのよね。…厩戸王子の母親への感情思い出したら泣けてきた。

太陽のように明るい天照。天照に気に入られてる一見無邪気な童顔野郎・須佐之男。二人は明るさも嗜好も似ている仲良し姉弟。一方、生まれながらに「陰」の月読は「陽」の二人の間に入れない…。
童顔の須佐之男くんは実はけっこう腹黒で暴力的な奴なのですが、天照もそれを知ってるようなのに、私のわがままな坊や可愛い!みたいなかんじで可愛がってます。天照が月読を嫌いなのは、同じ空を掌る者としていつか取って代わられるかわからないという理由もありました。

そんなことも知らない月読はうっかり保食神を殺してしまったことを謝りに行った際、天照と須佐之男の情事を見てしまい、逆上して馬の生皮を投げ込んでしまいます(どういうキレ方だ)。有名なシーンです。
月読もこのへんで姉上に愛想を尽かしていればいいものを、天岩屋戸にこもった天照を見て「やっぱり須佐之男とのことは一時の気の迷いだったんだ!」とか思っちゃって…、ほんとかわいそうな月読。

大騒ぎになった高天原。しかし天照は須佐之男にすべての罪を被せてちゃっかり汚名返上に成功してしまいます。すごいよ天照姉さん。無敵だよ。月読も天照のこういう「絶対的強者」っぷりが好きなのかな? 少しわかる気がする。天照のどこまでもしたたかな性格、魅力的に見えるもん。

私はもう 姉上の女の腥さに翻弄されて
へとへとに疲れはててしまった


天照大御神が最強、というお話でした。

ところで保食神のお酒ってあれ愛○じゃないの? 排泄物のうちに入るんでしょうか?

天沼矛

Category:山岸凉子

天沼矛(あめのぬぼこ)
1986年

時じくの香の木の実(あすかコミックス)』(角川書店)
自選作品集 月読(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
白眼子(潮漫画文庫)』(潮出版社)
山岸凉子スペシャルセレクション〈3〉神かくし』(潮出版社)
に収録。



「桜」をテーマにしたオムニバス。
まったく雰囲気の違う3編の短編で構成されています。個人的には第二話が薄ら怖くて好き。


「第一話 夜櫻」

どうしてここはいつも夜なの
あの桜はなぜいつもいつも花びらを散らすの? 尽きることもなく

神話の世界。一人ぼっちで寂しい神様は天沼矛で沼をかき回し、一人の少女を生みだしますが、少女は蛇神である神様を怖がって逃げてしまいます。それでも神様は、夜が明けない世界を嫌がる少女のために、桜の木に火をつけさせます。木と共に燃え、黒コゲになって苦しむ神様に少女が白い乳を振りかけると神様は立派な男性へと姿を変えましたとさ。めでたしめでたし。
感想に困る(笑)正統派神話ストーリー。えーと、天沼矛は実際に古事記に出てくるアイテムだけど、この話は創作神話でいいのかな? ぐぐってもそれらしい神話が出てこないので。
「どうして少女の乳がでるの?」という山岸先生の的確な自分ツッコミあり。ほんとだよ。


「第二話 緋櫻」

そうだ あれはお母さんだった!
口に櫛をくわえて 目が…光っていた

離婚歴のある駿と結婚することになった佐江子。実家の庭に新居を建てるため、桜の木を伐採する途中、桜の幹から出てきたのは大量の五寸釘。その時佐江子は子供の頃の記憶を思い出してしまう。夜中、櫛を口にくわえて丑の刻参りをする、今は亡き母の姿…。
離婚歴のある婚約者、病気で亡くなった「お母さん」、後妻である今の「ママ(母の妹)」と、意味ありげな人物を配置し、主人公が思い出したお母さんの恐ろしい行動の謎…と来て、さあどうなるのかと思えば「駿との結婚が少し恐い…」でいきなり終わってしまう。このラストに、初めて読んだ時は「山岸先生、もう少しヒントくださいよう!」と思ったのですが、今思えばこのモヤモヤ感が肝だったのかも。
「お母さん」がまだ存命の頃から父は「ママ」と関係があった? お母さんはそれを知っていた? 丑の刻参りはその恨みから? 駿の別れた女性と息子は? など、主人公の脳内を駆けめぐったであろうさまざまな男と女の愛憎劇。男と女って怖い→この先結婚する駿と自分の間にも何があるかわからない→「駿との結婚が少し恐い」という結論なんじゃないのかなと思いました。そのへんがはっきりしないのもまた良し。


「第三話 薄櫻」

「気にするなよ おまえのはすぐ良くなるよ」
人魂が飛ぶと噂される療養所に入院している少年たちの、ちょっと切ないお話。
少年たちの部屋には、少し年上の荒雄(あらお)という少年がいましたが、その名のとおり荒々しい性格なのでみんなから嫌われていました。
でも小6の節(たかし)は、クリスマスの夜に荒雄の意外な優しさを知ります。
ツンデレの荒雄くんに少しずつ懐いていくショタっ子節くん。桜吹雪の中でのキスシーンがあったり、よく考えるとうっすら少年愛な雰囲気のお話です。なんか長野まゆみが書きそうな…。絵と話のせいで全然それっぽくないけど。そういやサナトリウムとかモロに少年愛シチュエーションじゃないか。
普段はキツい荒雄が、病室でクリスマスパーティの準備をするシーンが好きです。他の子がみんな一時帰宅して寂しい節を気づかって…良い兄ちゃんだ…。ホロリ。

黒のヘレネー

Category:山岸凉子

黒のヘレネー
1979年

スピンクス(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈9〉傑作集3 黒のヘレネー』(白泉社)
山岸凉子全集〈31〉黒のヘレネー(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈8〉二日月』(潮出版社)
に収録。



「その女のまわりは 禍々しい黒いものでいっぱいだ!」

絶世の美女ヘレネー。彼女はいつでも美しく、素直で、微笑みを絶やさず、誰にでも優しく、そして誰からも愛された。
しかし彼女の美しさは知らず知らず周りを不幸へと導いていった…。


この話はすごい好きです。ヘレネーみたいな、その人の特殊な人間性にスポット当てて描かれた話って面白いのが多い。
ギリシャ神話のトロイア戦争という題材をここまで「いるいるこういう人!」と思わせるリアルな人間の物語へと変貌させるなんてすごいなー。

家にいても外に出ても賞賛の嵐を浴びるヘレネー。でも生まれつき美しく素直だったヘレネーにとってはそれが当たり前。誰に褒められても別に今さら嬉しくありません。
そんなヘレネーが唯一苦手とするのは姉のクリュタイムネストラ。不美人な上に陰気で、おまけにひねくれ者。だから家族からも冷たくあしらわれる。そしてなぜかいつもヘレネーを恨みがましい目で見るのです。

ヘレネーのように姿形が美しければだれからも愛される
ならば素直でいることも簡単なもの
誰からも愛されず 醜いと後ろ指さされるからこそ
ひねくれもするし 意地悪くもなるのに


ヘレネーはいつも退屈。何をやっても美人だし愛されるし。
メネラーオスと結婚したら楽しくなるかと思ったけどやっぱりすぐつまらなくなったので、ギリシャの金銀財宝を持ってトロイアの王子パリスとかけおちしました。
妻を取られたメネラーオス王は怒ってトロイア戦争を起こしました。
パリスは死に、トロイアは陥落したしギリシャ側もいっぱい人が死にました。またヘレネーは退屈な日々に戻りました。でもまだ若く美しい自分に誰かが楽しいことをくれると信じています。

読む側からすると「わざとやってんだろおまえ」と言いたくなるような「無自覚の悪」のかたまりであるヘレネー。ヘレネーのせいで起きた戦争でクリュタイムネストラの幼い娘が生け贄にされたという話を聞いても優しく同情するだけ。

「まあ…なんと言っていいの。運が悪かったのですねえ。お気の毒だわ。
あなたはいつも運がお悪い。いつもご同情しておりましたの」

あんたのせいあんたのせい!

「おまえは身も心も真黒な女なのだ これ以上生きていてはいけない」

「殺してやる」じゃなくて「生きていてはいけない」なとこがいいですね。言い得て妙。
…ヘレネーからすれば「同情してあげたのに何故?」という気持ちなんでしょうけど。
「わたしがなにをしたというの」とか言ってるしね…。無自覚の人って厄介だ。

いやいや あたしがこんな気違いの手にかかって死ぬなんて
死ぬなんてうそ!
あたしにはもっと晴れやかな人生が 続くはず……


ドリーム』の丹穂生さんと気が合いそうですね。
しかし周りからは「素直で優しくて無欲だ」と言われるヘレネーの「黒さ」に気づく人と気づかない人の違いは何なんだろう? 戦後の会話からしてメネラーオスは薄々気づきかけてる気がする(笑)
丹穂生さんの性質も旦那さんは気づいてたしね…。

私はこのヘレネーという女、萩尾望都の『メッシュ』に出てくるポーラっていうキャラと重なるんです。
このキャラも愛想良くて優しくて誰からも好かれる美人なんですが、人の言うことはすべて聞き流し忘れ、うっかり人殺しても全然気づかないで「お気の毒だわ」とか言ってニコニコしてるというすごいキャラだった…(萩尾先生のお姉さんがモデルという噂あり)。


*****

本編とはあんまり関係ないですが、冒頭のギリシャ神話「パリスの審判」
「三女神のうち誰が最も美しい女かを決めようとする対立勃発
→三女神、審判に買収するためにすごい貢ぎ物を約束する
→最も美しい女(ヘレネー)を与えることを約束した女神が優勝した」
ってなんか矛盾してるような…。最も美しい女に選ばれるために最も美しい女出してどうする、みたいな。
まあ女神と人間の美人コンテストは別枠なのかも知れないけど…。でもヘレネーも父親ゼウスだから半分は神だけど…。…ギリシャ神話はよくわからん…。

イシス

Category:山岸凉子

イシス
1997年

ツタンカーメン〈4〉(希望コミックス)』(潮出版社)
イシス(潮漫画文庫)』(潮出版社)
に収録。



王の座に着いたオシリスは、妹のイシスと結婚させられる。しかしイシスは不気味な白髪と不思議な力を持っていたため、オシリスは彼女を厭う。
一方、オシリスの双子の弟であるセトはオシリス暗殺を企んでいた。


エジプト神話の登場人物・最強の魔術の女神であるイシスに焦点を置いたお話。原話が神話のせいか、妙に登場人物に感情移入しにくい上に好感も持てない作品。
特に、神話でのオシリスさんは普通にいい人なんですが、山岸版のオシリスはイシス無視の浮気者のいいとこなし。イシスはそんな夫に健気に尽くしてるけど、こいつのどこが好きなんだろう…。最大の疑問。
初夜なのに愛人ネフティスの所へ行ってしまったオシリスを待つイシスは『日出処の天子』の大姫のよう。

妻・ネフティスを寝取られた恨みからオシリスを殺してバラバラにして捨てるセト。殺人&死体損壊&死体遺棄です。でも死者蘇生の能力を持つイシスがオシリスを生き返らせます。
神話では謎の魔術でパパッと蘇生させてしまったイシスですが、山岸版ではそれなりに魔術の説明がされます。イシスの若さ全てとその辺にいた悪人の肉の分子を引き換えに、一瞬だけオシリスが生き返る…って、割に合わねー。

生き返ったはいいけど今すぐにも再び死にそうなオシリスに愛人ネフティスをあてがって「さあ! 子供を作るのよ」ってイシスさん…!
半分死人のオシリスとネフティスのベッドシーン(じゃない、棺シーン?)は何だか鬼気迫るものがあります。そんなわけわからん状況に置かれたらそりゃーネフティスも発狂するよね…。
オシリスはやることやった(というか、やらされた)後に再び死亡。その肌はまるで乾燥しているかのようにカサカサになっていました。それがエジプト最初のミイラになったそうな。

ちなみにオシリスを惨殺したセトは王にはなったものの、オシリスの呪いか子供が一人もできず、おまけに稚児趣味だったため、成長したオシリスの息子・ホルスに毒殺されましたとさ。
神話のセト様の悪役っぷりはけっこう好きです。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.