裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリー・ナイト・ナイト

Category:山岸凉子

ストロベリー・ナイト・ナイト
1981年

ハーピー(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈9〉傑作集3 黒のヘレネー』(白泉社)
山岸凉子全集〈26〉天人唐草(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈2〉メデュウサ(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子スペシャルセレクション〈12〉妖精王2』(潮出版社)
に収録。



狂った人間は 皆一様に狂っていないと言うのが通説ですってね

目覚めると「私」はまた精神病院に入れられていた。
しかし外に出ると、そこはいつもとはまったく違った世界だった。
その日、街の全ての人々は醜い自分をさらけ出していた。「私」はわけもわからずあたりを歩くが…。


山岸作品の中で最も好きな話のうちのひとつ。『鬼子母神』の次くらいに好きです。精神に問題は抱えてるけどなぜかとんがっちゃってる主人公が好き。
山岸作品によく出てくる「やたらモノローグの饒舌な主人公」である「私」の一人称で話は続きます。

「私」が目を覚ますと、そこは混乱の中だった。
街には人がゴロゴロ倒れている。薄汚れた子供達がお菓子を抱えている。
金が何の役にも立たなくなったと言うおじさん。泣きじゃくる男。
薬を飲んで布団で寝ている人。ひたすら食べ物を食べ続ける男…。

「私」の頭の中にはいろいろなことが巡る。
偽善者の麻美の説教。飲み会で男に言われた言葉。人前で不自然にお芝居していた自分。
この主人公は何の病気なんだろう? 「人格という莫大なお金とひきかえにここ(病院)に入ってしまった」って…演技性人格障害とか?

街は狂気と暴力に溢れている。「インテリ」と呼ばれ、いつも他人を裁いていたあの人が、車を暴走させ、人をひき殺している。
でもそんな人達を見ていると、「私」の心は逆に安定していくのでした。

なーんだ あたしと同じなのね
裁く人と裁かれる人は同じだったのね
ホッとしちゃったわ 今なら行きかう人の目が見つめられる
あたしったらいつも下を向いていたのよ
卑屈にならなくてもよかったのね
みんな あたしと同じなんですもの


「私」は今までの「顔」の仮面をはずします(比喩でなく、本当に仮面)。
きつい厚化粧の下からさっぱりした「私」の素顔が現れるシーンが印象的。

ああ! 深呼吸!!

そこに、ボロボロの格好をした警官が話しかけてきます。

「あなたはどこへ行くのかね。最後を共にしたい人はいないのかね?」
「あたし達はべつに どこへ行く必要もないじゃない」
「ああ…。どちらにしろもう間もなくだから…
間に合わなかったのはあなただけじゃないからね


これは
「終末の日、死を目の当たりにした街の全ての人間の仮面が剥がれたことで、元々仮面を上手く被れていなかった『私』の精神が自由になったのも束の間、全ての終わりは目前だった」
という話だと思ってるのですが、合ってるのでしょうか…。
で、病院で寝てた「私」は事実を何も知らないまま、あのラストシーン。
結局「私」は一瞬でも素顔に戻れて幸せだったのかなぁ。こういうかたちで主人公の精神が救われる(?)のは珍しいです。「私」の全快ぶりが切ないなぁ…。

あたし自分の部屋へ帰らなくちゃ
解るのよ あたし自分がすっかり良くなったって


「明日はあたしにも明るい日が待っているのかしら」と言う「私」の頭上に描かれたボールペン…じゃなくて核ミサイル(?)が怖い。
最期の時にお菓子とルービックキューブを求める子供達…(多分もうお店の人が逃げちゃってて、店の品物持ち出し放題という状況)。他に何かあるんじゃないかなー。いいのかなー。
スポンサーサイト

メデュウサ

Category:山岸凉子

メデュウサ
1979年

メデュウサ(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈7〉傑作集1 スピンクス』(白泉社)
山岸凉子全集〈23〉ドリーム(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈2〉メデュウサ(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子スペシャルセレクション〈12〉妖精王2』(潮出版社)
に収録。



「ときどきわたしの顔をみても石にならない人間がいる」

その目で見た人間全てを石に変える女・メデュウサ
人一人石に変えるたび、メデュウサの体にはヒビが入る。
しかし世話人のニコラだけは石になることはなかった。ニコラと過ごしていると、メデュウサの蛇の髪は普通の髪の毛に戻り、ヒビもなくなった。
だがニコラが寝言で男の名を呟く時、メデュウサの髪は再び蛇に…。


リア充爆発しろとばかりにアベック達を石に変えるメデュウサ(ひとり言の多い人…)。
メデュウサは世話人(実際は単なる金食い虫の半居候)の不良娘・ニコラにだけは安らぎを見出しますが、ニコラはしょせんメデュウサの財産だけが目当ての勝手な女でした。
ニコラとベッドで過ごしている時にメデュウサの蛇の髪が普通の髪に戻って、メデュウサが「髪が蛇でないのはなかなか気持ちがいい」って言うシーンがあるんですけど、そこで「ああ、メデュウサも自分の髪が蛇なのはやっぱり気持ち悪いもんなのか」と思ったものです。気持ち悪そうですよね。
…そしてメデュウサ、蛇の髪じゃなくなると「ちょっと太った厩戸王子」っぽいです。

このメデュウサ目線の奇妙な話、他の山岸作品を読んでる人ならピンと来ると思います。そう、「メデュウサ」という設定はこの精神を病んだ女の脳内設定であって、「人を石に変える」というのは「人を無視する」のメタファーなわけです。
自分を傷つけるもの全てを石に変えて無視するメデュウサ。でもそのたびに自分のどこかにヒビが増える。
「わたしの身体はひびだらけ」のシーンのメデュウサのポージング、なんか無駄にかっこいいです。

「舞台がどっか外国」「何気にお金持ち」「世話人として来た不良娘とレズビアンな関係」…のあたりがあまり現実感ないので平気で読めますが、この話、舞台と設定がもっと身近だったら読んでて相当グサグサ来ると思います(…って『パニュキス』の感想でも書いたなぁ)。
細かいことを言うようですが、本当に、物語の舞台が日本か外国かの違いで読む方のダメージ(?)が変わってくるんですよ。やっぱり外国の話だと別の世界の話のような気がするっていうか。『天人唐草』とか普通の日本の話だったから鬱度凄まじいですもん。
あ、でもメデュウサも最後のページの絶望感は半端ないです。メデュウサの「蛇の髪」の気色悪さが存分に生かされてますね。
最後のニコラの台詞は収録本によってすごーく微妙に違ってます。

スピンクス

Category:山岸凉子

スピンクス
1979年

スピンクス(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈7〉傑作集1 スピンクス』(白泉社)
山岸凉子全集〈27〉クリスマス(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈3〉千引きの石(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
自選作品集 ハトシェプスト(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈4〉甕のぞきの色』(潮出版社)
に収録。



その頃僕は魔女の館に住んでいた

「僕」は魔女の館に住んでいた。「僕」は真っ白な部屋に来る日も来る日も立っていた。
毎日毎日「スピンクス」がやって来て「僕」に質問をする。声も出ず体も動かせない「僕」は「スピンクス」に弄ばれる。


山岸作品は父親・娘の近親相姦を描いた作品はやたら多いですが、この作品は珍しく母親・息子の癒着を描いています。
「しゃべりたいのにしゃべれない」「動きたいのに動けない」「紙でできた食べ物を無理矢理食べさせられる」「ぐっしょり濡れた毛布」など、「僕」=アーチーの悪夢が本当に感覚的で気持ち悪い。

どぎつい顔に大柄な裸体、尖った赤い爪を持ったライオンという、アーチーの恐怖を具象化したような「スピンクス」として登場するのは彼の母親。ねめ回すような目つきがいやらしい。
スピンクスが作った紙人形がアーチーの体を舐め撫で回すシーンはかなり性的なイメージ。

恐怖と嘔吐しそうな嫌悪で一杯になりながら
僕は彼女に抱かれる

地獄だ地獄だ!
(それでも彼女の腕は暖かい)
声があるなら叫びたい 涙があるなら泣きだしたい
(それでも彼女の胸は暖かい)


後半は壁画の中(病院)。母親がスピンクスだったり病院がエジプト壁画だったり、アーチーの精神世界はエジプト仕様。
ある男の人が出てきてアーチーに優しく話しかけてくれるのですが、アーチーは恐ろしいスピンクスの言うとおり、その人を無視しなければいけません。
自分を助けてくれそうな男の人に感情が伝わらないことに心底悲しむアーチー。

「おまえが生きていけるのはここだけ。
おまえが生きていけるのは この私とだけよ」


淫らな母親と子宮の中の胎児、ドアの外の開かれた宇宙…の絵がなんかすげー!

この話は冒頭からアーチーの心地悪い目線でずっと進んでいたので、アーチーが優しい男の人・ブロンクス医師に気持ちを伝えることに成功するハッピーエンドでよかった!

「あのスピンクスはだれ?」
「あれはきみの愛情と憎悪 不安・混乱」
「なに? なんて言ったの」
「ううん きみの不安がああいった形で見えたんだよ」

あの陽光の中に時々かげって見えるのは あれは…
そうだ 今は少しもおそろしくない魔女……スピンクス


光溢れる、妙に爽やかな終わり方が印象的です(同じ近親相姦話でも父娘系はけっこう気味の悪いかんじで終わる作品が多い気がするので…)。

ハーピー

Category:山岸凉子

ハーピー
1978年

ハーピー(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子恐怖選〈2〉メデュウサ(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
『トップレディカラーシリーズ 山岸凉子』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈7〉傑作集1 スピンクス』(白泉社)
山岸凉子全集〈23〉ドリーム(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
自選作品集 天人唐草(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈1〉わたしの人形は良い人形』(潮出版社)
に収録。



最初それに気づいたのは 臭いだった!

高校生の佐和春海は、同級生の川堀苑子にだけ、死臭のような奇妙な「臭い」を感じるようになる。
死臭を振りまきながら自分を誘惑する苑子を、佐和は女面鳥獣の化け物「ハーピー」なのだと思うようになり…。


最初に読んだ時は思いっきり騙されました! 『キルケー』みたいな「少年が化け物に襲われる話」かと思いきや、実は…。思春期の恋心と受験ノイローゼが織りなす狂気のハーモニー。こういうの大好きです。

佐和は授業で「ハーピー」の話を聞いて以来、川堀苑子の背に蝙蝠の羽根が見えるようになり、彼女のことで頭がいっぱいになってしまいます。

蝙蝠のことをかわほり……川堀ともいうし
はどうかすると と似ている


などと言いながら紙に苑子の名前を書きまくる佐和。キてます。
佐和を誘惑する苑子の流し目が妖しいまでに艶っぽい!

最初からずっと佐和の一人称で語られてきた物語が、ラスト6ページで一転。
『夜叉御前』もそうですけど、山岸先生は主観的視点から客観的視点に切り変わる瞬間を描くのが最高に上手いですよね。

「ハーピーを調べれば調べるほど 彼女にピッタリあてはまって
ええ ぼくにだけはわかったんです。
ぼく ほっとけないと思ったんです」

バンシー

Category:山岸凉子

バンシー
1979年

スピンクス(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈7〉傑作集1 スピンクス』(白泉社)
山岸凉子全集〈29〉ダフネー(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈3〉千引きの石(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
に収録。



私は精神 彼女は肉体

オールドミスのドロシイは下宿の窓から、ある小説家の家を双眼鏡で見つめる。
わけも分からず夜の森を彷徨う少女は、ある小説家の家に辿り着く。
子供たちの間では、バンシー(泣き女)が出るという噂が立つ…。


若き小説家・ケヴィンに傾倒するあまり、「バンシー」となって彼の家まで飛んでいくドロシイ。(っていう解釈で合ってますか?)
誰の目にも映らないバンシーは、美しい少女の姿となって憧れのケヴィンの私生活を覗き見る。ストーカーここに極まれりです。
しかしケヴィンの妻の姿を見た途端、バンシーは彼と自分との関係を「思い出す」。

思い出したわ 思い出したわ あああ
あたしは彼と寝ることができなかった!?

彼が私を愛しているのを知っていながら なにもできなかった
そう 彼は私を愛していた たしかに!!


とっても思い込みの激しいバンシー(ドロシイ)。山岸先生は「ストーカー」という言葉が流行る遥か以前にストーカーを描いていたマンガ家ですねー。
無意識に生き霊(違)となってまでケヴィンにつきまとうドロシイからは悲哀すら感じます。せめて誰かバンシーの気配にくらい気づいてやれよ…。

泣き叫びながら目を覚ましたドロシイは、もう美しいバンシーの姿ではなくなっていました。
さっきまでの長い金髪、美しい顔・手・足、若さすら持たない自分に茫然とするドロシイ。

あたしは あたしは ドロシイ
若くない 美しくない ミス・ドロシイ
いやだいやだ 思い出したくない!! 見たくない!!


この真っ白な1ページはドロシイの「現実の自分」への絶望感がすごく伝わってきて、読んでてこっちが辛いくらいです…。若くない・美しくないってそこまで強調せんでも。
「バンシー」は泣くと死人が出るという妖精なのですが、ここではバンシー本人が…。

コスモス

Category:山岸凉子

コスモス
1987年

奈落 タルタロス(あすかコミックス)』(角川書店)
自選作品集 タイムスリップ(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
パイド・パイパー(MF文庫)』(メディアファクトリー)
に収録。



小学生の裕太は喘息持ち。
「胸の中に風が吹きだす」とママはいつも心配そうに裕太を看病してくれる。
優しいママがパパの会社に電話をかけると、パパが帰ってきて車で病院に連れて行ってくれる…。


怖えー!
読み終えたあと、背中がゾクッとなりましたよ…!
こういう恐怖が描ける山岸先生を改めて尊敬。

裕太が喘息を起こすと、普段は顔を合わさないパパをママが呼んで来てくれる。
ある日裕太はクラスメイトに「喘息って気のせいだからその気になれば治るらしいよ」と言われます。
気のせいなもんか! こんなに苦しいのに
※ここ伏線です。

もう、ママの呪文のような台詞が恐ろしくてたまりません。

「嫌ねえこの風。裕太ちゃん 胸大丈夫?

ママが不安そうにこっちを見てる
風の音とママの顔とで僕はドキドキしてそして…

裕太が発作を起こすと

「裕太ちゃん しっかりね。今パパに来てもらうからね。
あなた! 早く戻ってきてください。
裕太が大変なんです」


僕は苦しい時しかパパに会った事がないみたい

また、ある冬の日。

「もうすぐお正月ね。ママ…心配だわ。
だってお正月は病院がどこもお休みになるのよ。そんな時に裕太ちゃんの胸がまた…

怖い、ママの目が怖い…!
裕太は一生懸命不安を押し殺しますが、また発作を起こしてしまいます。
ママはまたパパの会社に電話します。

「M物産でしょうか。お忙しいところおそれいりますが…。
なぜですの少しくらいのお時間がどうしてとれませんの年末だからといってる場合ではないでしょう裕太が苦しんでるんですよわたし一人じゃあの子を病院にだってつれてゆけませんわ

こんな粘着質な奥さん、私でも家に帰りたくない。

裕太視点で話が進むので、大人の会話がちょっとしか出てこないですが、どうやらパパは不倫(山岸作品によくあるジャンルのひとつ)か何かをしてて家にほとんど帰って来ないようです。
「まだ向こうと手が切れてないのかねえ」
「お母さんやめてよその話は!」

そして終盤、ママがまたあの一言を…。

どうしようママ心配だわ。
そろそろまた裕太ちゃんの胸の風が…」

この1ページ使ったシーンのママの白目が怖すぎる!
裕太は自分の胸の音に耳をかたむける…。どんどん苦しくなってくる…。

「ほらごらんなさい。やっぱり苦しいんでしょ。
ママの思ったとおりだわ。季節の変わり目がいけないのよ。静かに横になってなさいね。
ひどくなったらパパに来てもらいましょうね。
裕太ちゃんが可愛いパパはすぐとんでくるわ


ここのラスト4ページ、特に裕太のモノローグとママの台詞が交互になってるとこのスピード感が最高にスリリングで怖いです。
ママの「また裕太ちゃんの胸が」「パパを呼ぶわ」の繰り返しがとにかく怖い!
こんなママを「優しいママ」と信じて疑わない裕太が本当に可哀想になります。
でもこのママも自覚がないまま呪詛を吐いてるんだったらそれはそれで悲劇だ…。

「あなた! ご自分の息子じゃありませんか。
あの子が苦しんでいるというのに! あなたはそれでも人の子の親なの」


パパは僕が苦しい時だけやって来る

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。