裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やねうらべやのおにんぎょうさん

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本



屋根裏部屋にひとりのお人形さんがいました。毎日、ただぼんやり座っているだけでしたが、ある日、のねずみの坊やに出会って、「楽しく暮らす」ことを始めます。すると…。


お人形が友達と一緒に新しい住み家をつくるところは『ティリーのねがい』と似てるかな?


やねうら1
挨拶の仕方も忘れていたおにんぎょうさん。
ねずみの坊やが話しかけてくれたことでようやく目覚めます。


やねうら2
おにんぎょうさんの ふくが はいった はこは すぐ そばで みつかりました。


やねうら3
楽しく暮らすために寝床をつくる二人。
ベッドはバスケット、枕は小さいクッション、シーツはハンカチです。


やねうら4
おにんぎょうさんの すみかは とても よいかんじに できあがりました。


やねうら5
人間の子供の友達がいないことが淋しくなってきたおにんぎょうさん。


やねうら6
庭で遊んでいた女の子が屋根裏部屋に入ってきて…。


やねうら7
めでたしめでたし。
まいごになったおにんぎょう』といい、『マリーのお人形』といい、淋しいお人形主人公のお話はだいたい、女の子と出会うことでハッピーエンドになりますね。
スポンサーサイト

ミリー・モリー・マンデーのおはなし

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本

photo
ミリー・モリー・マンデのおはなし(世界傑作童話シリーズ)
作:ジョイス・L・ブリスリー 絵:菊池恭子
福音館書店


ミリー・モリー・マンデーは、短い髪、短い足に、短い服を着た元気な女の子。
イギリスの、古き良き時代の田舎を舞台に語られる、ユーモアあふれる幼年童話の古典です。全12編。


大家族の家の女の子、ミリー・モリー・マンデーが、町のパーティーに行ったり、ままごとのティーセットをもらったり、留守番をしたり、お裁縫をしたり、編み物をしたり、お料理したり、遊んだりという、非常に平凡で地味なお話。
事件も悲しいことも悪い人も出てこないのが逆に特徴。絵が可愛いです。
私は、ままごとのティーセットをもらう話と、パーティーへ行くためのよそ行きを手作りする話と、ミリー(以下略)が自分の部屋をもらう話が好きです。


ミリー1
おじさんがくれたピンク色のティーセット。


ミリー2
本物の小さなパンやケーキをお皿に乗せました。

いもうとのにゅういん

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本

photo
いもうとのにゅういん(こどものとも傑作集)
作:筒井頼子 絵:林明子
福音館書店


突然、妹が盲腸の手術で入院することになりました。
ひとり残されたあさえの気持ちと、妹へのほのぼのとした愛情をみごとに描いた物語です。林明子の表情豊かな絵が心に残る傑作です。


いもうと1
「あやちゃんは びょうきなの?」

「そう。いま、びょういんに つれていくところよ。
はい、ほっぺこちゃん……」
可愛い名前ですよね、ほっぺこちゃん。あさえがつけたのかな?


いもうと2
「あやちゃんが、にゅういんすることになったの」「もうちょうの しゅじゅつよ」
「しゅじゅつって おなかを きるの?」
おままごとのほっぺこちゃん。


いもうと3
「あたし、もうかえる。あめが ふってきそうだもの」
ひろちゃんは、かえっていってしまいました。
乳母車のほっぺこちゃん。


いもうと4
「あした、おとうさんと おみまいに きてね」
「うん……」
食卓のほっぺこちゃん。


いもうと5
何回読んでも泣きます、このシーン。

マリーのお人形

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本

photo
マリーのお人形
作:ルイーズ・ファティオ 絵:ロジャー・デュボアザン
BL出版


ある骨董品店のウインドウに、アンティークドールと呼ばれるとても貴重なお人形がいました。色あせた赤いシルクの立派なドレスに、丈の長いレースのパンタレットと可愛らしい靴を履き、金色の巻き毛に、羽根飾りのついた帽子をかぶった、とても美しい人形です。
なのに、このお人形は朝から晩までためいきばかりついているのです。それは…。


黒と黄色と赤を主に使った、かすれたかんじの絵が良いです。
同じ内容の、お人形用ミニ絵本付き。


マリー1
高価なアンティークドールは、ペルシャの壺と中国のティーポットの間に座りっぱなしの孤独な毎日。
「いっしょに遊べる小さな女の子さえいてくれたらなあ」


マリー2
もちろんお人形を欲しがる女の子・マリーもいましたが。
誰でも知っているように、アンティークドールというものは、小さな女の子が遊ぶためのものではないのです。


マリー3
骨董品マニアの婦人に買われたお人形。
そこはあの骨董品店と、みまがうばかりにそっくりの場所でした!


マリー4
いろいろあって結局マリーに拾われたお人形。めでたし。

ペギーのちいさな家

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本

photo
ペギーのちいさな家
作・絵:エレイン・ミルズ
セーラー出版


ひとりぼっちの人形ペギーは、家をさがしに旅に出ます。
どの家でも断られますが、最後に自分にぴったりの家に出会います。
めくるたびに旅の様子が伝わり、家の中が楽しめる折りこみのページつき。


折り込み仕掛けのドールハウスが素晴らしいです。
開閉式のドールハウスを開くようにページを開けると、家の内部が断面図みたいになってて細かく見られます。
ペギーが最初に訪ねた子だくさんのお家と、次に訪ねたお金持ちのお屋敷と、最後に見つけたペギーのお家の3つが折り込みで見られます。


ペギー1
木のお人形・ペギー。


ペギー2
「ここに おいてくださいませんか?」
「うーむ、みてのとおり……」



ペギー3
「うちは いまでも はちきれそうなんだよ」
床下に猫と鼠が…。


ペギー4
例にもれず意地悪なお金持ちのお屋敷。


ペギー5
ピカピカに光った床がお屋敷っぽいです。

愛された人形たち

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本

photo
愛された人形たち
作・絵:市川里美
偕成社




小さな女の子にしっかりとつかまれて、首がグーンとのびてしまった羊のぬいぐるみの〈バア〉、何度も繕われ何度もはりかえられ、それでもボロボロになってしまったマルタントの人形〈オミ〉。それらの人形たちは、私が幸運にも出会うことができ、そして描くことのできた《愛された人形たち》です。かれらは小さなからだのあちこちに、手垢やシミやハゲアトやホコロビなどを愛された証のようにくっつけて、大らかにほほえんでいるのです。


いろんなお人形やぬいぐるみのポートレートを描いた本です。フルカラー。
ただの綺麗なお人形ではなく、タイトルどおり、持ち主の子供がさんざん可愛がったお人形なので、汚れてたり破けてたりクタクタになったりしてるところが良いです。
ボロボロすぎて原形を留めていないお人形もあったり…。


愛され1
イギリスのテディベア、リリー・ストウ嬢とエンジェルくん。


愛され3
ソフィーのおばあちゃんが作ったファッション人形たち。
左から3番目のお人形、黄色い着物を着てるように見えてなりません。多分国はフランスなんだけど…。


愛され4
ちょっと怖い。


愛され2
かなり怖い。

パメラ・パティー・ポッスのあたらしいいえ

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本



まりのお父さんが作った新しい家にはパメラ・パティー・ポッスの家族が住んでいます。
ある日、まりはパメラに「うちへいらっしゃいよ」と誘われますが…。


パメラ・パティー・ポッスという女の子の家の中を見て回る絵本です。でもパメラは1/12のお人形なので、家もドールハウスです。
こみねゆらさんの絵で描かれたドールハウスが素敵。特に壁紙が美しいです。


パメラの家1
台所。
パメラ・パティー・ポッスのお母さんがオーブンを覗き込んでいます。
動きがちょっと人形っぽい。


パメラの家2
パメラ・パティー・ポッスの部屋。


パメラの家3
真ん中に廊下があって両端に部屋があるという、一般的なドールハウスの間取り。


パメラの家4
ベランダのパメラ・パティー・ポッス。
こみねゆらの描く女の子、好きです。

まいごになったおにんぎょう

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本

photo
まいごになったおにんぎょう(岩波の子どもの本)
作:A.アーディゾーニ 絵:E.アーディゾーニ
岩波書店


スーパーの冷凍ケースに置いてきぼりにされたお人形。
ある日寒そうなお人形を見つけた女の子が、お人形にオーバーを縫ってきてくれます。そして女の子は、毎日お人形にお洋服を作ってきてくれるようになり…。


私のお気に入りの本です。お人形が冷凍食品のケースの中でひっそり暮らすことになるというお話。
女の子がお人形のセーターとかペチコートを作って届けてやるくだりが好きです。


まいご1
冷凍グリーンピースとアイスのスプーンで一人テニスするお人形。


まいご2
女の子がオーバーを作ってくれました。


まいご3
マッチ箱をベッドにして眠るお人形。


まいご4
だんだんワードローブが充実していきます。


まいご5
めでたしめでたし。

ティリーのねがい

Category:お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本

趣味に走った絵本カテゴリー。
お人形とかドールハウスとかままごととか玩具が出てくる本が好きです。
お菓子お料理本に比べて少ないですが、「お人形・ドールハウス・ままごとの出てくる本(長っ)」を紹介していきます。


photo
ティリーのねがい
作・絵:フェイス・ジェイクス
こぐま社




ドールハウスでメイドとしてこき使われていた木製人形・ティリーはある日家出を決行し、ぬいぐるみの熊さんと一緒に新しい自分の家を作ることにしました。


絵がリアルで色鮮やかでとても綺麗です。
ティリーはドールハウスのお屋敷から逃げだし、テディベアのエドワードと出会って一緒に新しい住み家を探します(ドールハウスの外はつまりドールハウスの持ち主の女の子の家です)。
古い温室の棚を新しい住み家にすることに決めたティリーが、温室のガラクタを使って素敵なマイホームを作り上げるあたりがワクワクします。


ティリ1
最初に住んでたお屋敷。
4人家族+使用人2人。


ティリ2
意地悪な料理長(左)。
動きが木製人形っぽい。


ティリ3
家出したティリー。
布きれを再利用するべく洗濯中。


ティリ4
完成したマイホーム。
ベッドは眼鏡ケース、枕はスポンジ。植木鉢は卵パックです。
人間の道具を拝借して暮らすって『床下の小人たち』っぽくて素敵。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。