裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

【少女マンガ】カテゴリの記事一覧

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードネームはセーラーV

Category:少女マンガ


美少女戦士セーラームーン』の母体となった作品です。
主人公は『セーラームーン』でセーラーヴィーナスを勤める愛野美奈子ちゃん。
わりとシリアスでファンタジックな要素が多かったセーラームーンとは違ってコメディ色の強い、「美少女仮面ポワトリン」的な雰囲気がだいぶ濃い単独バトルヒロインものです。

このキッチュなかんじがツボです。赤ゴーグルが怪しい…w


──ああ…っっなに!? これは……!!
──解放されるわ! 力が みなぎる!!
ムラムラしてくるわ!

(美奈子・初変身の感想)

しゃべる白猫・アルテミスと出会い、不思議なコンパクトを授かって、正義の戦士・「セーラーヴィーナス(コードネームセーラーV)」として悪と戦うことになった愛野美奈子(こっちではまだ中1)。
性格は月野うさぎとほぼ同じですが、うさぎより活動的&えらく身軽だったりアイドルマニアだったりと、うさぎより少々ぶっ飛んだキャラクターです。あ、あとうさぎほど泣き虫ではない。

『セラムン』ではちょこっとしか活躍しなかった三日月型コンパクトの全貌が明らかに。
なんで金星なのに「三日月」かというと、金星は月と同じように満ち欠けする星だからだそうですよ(『セラムン』でヴィーナスがセーラームーンの影武者設定だったのもここから来てるらしい)。
設定では「誰よりも強くキレイな女の中の女」なのに、決して美奈子が「美少女」という設定ではないのが前から不思議で。でも少女マンガの主人公たるもの読者の自己投影を考えると美少女というわけにはいかないんだろうなー。


ある日、謎の美少女アイドル「パンドラ」がテレビ越しに町中の住人を洗脳します。
学校のみんなの様子がおかしいことに気づいた美奈子。先生すらも青い顔でブツブツ言ってます。怖いです。
「授業なんて……こんなコトしてる間にテレビ見なきゃ……」
テレビ!? 先生のよーすもヘンよ

先生…アイドル番組見てたんだ…。

「美奈! ボスから緊急指令だ!」
『セラムン』と『セーラーV』の最大の違いは、セーラーVに指令を下すボスという上司の存在です。結局最後まで正体が明らかになりませんでしたが、いい年したオッサンだといいなあ…。敢えてタキシード仮面みたいな若くてカッコイイ男性じゃなく!
「アイドル・パンドラとは仮の姿。あれは世界征服をたくらむ悪の権化だ!」
『セーラーV』世界の敵はなんだかみんなアイドルという妙な設定。

セラムンと同じく「ペン」が便利アイテムです。携帯電話のなかった時代の発想って面白い。

「三日月パワー トランスフォーム!
──婦人ケーカンにチェンジ!!」

美奈子は警官に変身してアイドルチャンネルに乗り込みます。ちゃんとアッコちゃん的(もしくはキューティーハニー的)変身カタルシスを踏襲してますね。

「ムーンパワー トランスフォーム!」
Vちゃんの変身呪文は「トランスフォーム」なんですねー。メイクアップより男らしい。
(何となく「メタモルフォーゼ」は女児向け、「トランスフォーム」は男児向けというイメージが。トランスフォーマーの印象かな)





 「正義の戦士 セーラー服美人戦士
 セーラー・ヴィーナス!!
 ただいま参上!」






セーラーV、初名乗り。うーん、「戦士」がかぶってるあたり、まだ決め台詞がこなれてないかんじが…。
この時はまだ「セーラー服美人戦士」なんですね。美少女じゃないんだ。
このソフィストケイトされてないコスチュームがまた怪しくていいんだ…(セラムンも発案段階ではけっこうひどかったですがw)。このベタさが少女マンガというより東映魔法少女コメディに近くて好き。

「わがどれいたちよ! やっておしまい!!」
セーラーVのいいところはちゃんと肉弾戦があるところ! やっぱりアクションシーンがあると見ててスカッとするなあ(『セラムン』でのヴィーナスは能力が半端で可哀想だったのもあって余計に…)。
Vちゃんは蹴りビームも出しちゃいます。





 「クレッセント・ビーム!!」
 か、仮面ライダー1号!?






コンパクトからビームを放つVちゃん。
この三日月コンパクトは変身以外にもビーム出したりブーメランにされたりシャワー降らせたりと、かなり酷使されてます。なんでロッド系の武器を出さないんだろう。


「くっ くそー またセーラーVに先をこされたかっ」
「ああっ あたしのVちゃん
やっぱりやっぱりだれも正義の戦士のあなたにはかなわないのよっ


『セーラーV』には悪人の逮捕をセーラーVに横取りされて悔しがるエリート警察官・若木トシオ
そしてセーラーVの隠れファンである警視総監・桜田夏菜が登場します。

セラムンと似てるようで違う、このへんの設定がけっこう好きなんだよなあ…。若木警官はキャッツアイの内海俊夫とかセイントテールのアスカJr.系のキャラですね。
ちなみにこの長官はセラムンに出てくる桜田春菜センセの妹です。


『セーラーV』の中で、私のお気に入りは第5話「ダーク・エージェンシーの陰謀編」
全編通して「アイドル」が重要キーワードのこのマンガ(美奈子の将来の夢もアイドルです)、悪の組織「ダーク・キングダム」は「ダーク・エージェンシー」という直属の芸能会社まで持っています。
その会社からあらゆる年齢層向けの(悪の)アイドルを次々と送り出し、全世界を洗脳して世界を征服するという恐ろしい計画なのです(……)。

最近の美奈子のお気に入り美形男性アイドルトリオ「ダーク・ガイズ」も当然敵組織のアイドルでした。名前に「ダーク」がついてる時点で気づけよ…。
町中の人々がダーク・エージェンシーのアイドルの歌声に洗脳されていきます。お約束通り、生気のない顔でブツブツ言う洗脳された人たち。
「このパターンは…!!」
パターンて言っちゃったよアルテミス。

洗脳された親友のひかるちゃんが落としていったCDを拾った美奈子。
こっこれはっ…! おこづかいがなくてかえなかった
ダーク・ガイズのあたらしいCD……!! きっ ききたいっ!!

美奈子はオタク少年天野のCDプレイヤーを奪い、いそいそとCDを再生し始めます。すると……


 ♪ダークゥ ダークゥ
 ダークエージェンシー♪



まぬけな歌と共に謎の超音波が!





 「んん……ん
 ダーク・エージェンシー ばんざあぁーい






洗脳されかかる美奈子! 危うしセーラーV!
この後アルテミスがプレーヤーを止め、「敵の思うツボにはまってどーする」と叱りますが、美奈子は「あたしは自分から立候補して正義の戦士になったわけじゃない」と逆ギレ。そんなにCD聴きたかったのか。
「それにあたしは敵のことについても! 自分のやとい主についても!! なあーんにも知らない!
アルテミスはぜんっぜんおしえててくんないじゃないっ!」

正義の戦士セーラーVって雇われだったの!?

そこでアルテミスに連れて行かれるゲーセンの地下の司令室は『セラムン』と同じ司令室です。
『セラムン』のあの司令室のどっかでボスがセーラー戦士たちの話を盗み聞きしてたりしたら面白いなー。

この回で初めて美奈子は『セラムン』の主人公・月野うさぎとゲーセンですれ違います。
この後『セーラーV』は徐々に『セーラームーン』と合流していきますが、個人的にはやっぱり初期のベタな正義のヒロインなノリが好きでした。

ちなみにこの回の口上、
あるときは女陸軍兵 またあるときは新人美人アイドル
その実体は……

コードネームセーラーV! 正義の戦士 セーラー服美人戦士
セーラー・ヴィーナス参上よっ!」

完全にキューティーハニー!
どうせなら「正義の戦士、セーラーV」(←この「さ」が重要)って言って欲しい。



スポンサーサイト

美少女戦士セーラームーン

Category:少女マンガ

photo
美少女戦士セーラームーン(講談社コミックス)
武内直子
全18巻
なかよし(講談社)

美少女戦士セーラームーン (2) (講談社コミックスなかよし (731巻)) 美少女戦士セーラームーン (3) (講談社コミックスなかよし (744巻)) 美少女戦士セーラームーン (4) (講談社コミックスなかよし (753巻)) 美少女戦士セーラームーン (5) (講談社コミックスなかよし (764巻)) 美少女戦士セーラームーン (6) (講談社コミックスなかよし (772巻)) 美少女戦士セーラームーン (7) (講談社コミックスなかよし (781巻)) 美少女戦士セーラームーン (8) (講談社コミックスなかよし (790巻))



1990年代少女マンガの金字塔、「美少女戦士物」の先駆け、『美少女戦士セーラームーン』。
これはもう、女の子(と大きなお兄さん)の心をカンッペキにつかんだ最高傑作ですよね!
可愛いセーラー服にキラキラの変身アイテム、個性豊かな仲間たちと前世の恋人。
特にアニメの変身シーンは秀逸すぎて、今見てもワクワクします!
あのムーン・プリズムパワー・メーイク・アーッ!にどれだけの女の子がハートをキャッチされたことやら。
あの決めポーズの独特の指(グワシみたいな)にも憧れた!

個人的に一番思い入れがあるのはやっぱり第1期(ダーク・キングダム編)。うさぎがルナと出会ってセーラームーンとなり、仲間と出会い、やがて自分の前世を思い出す…という、大人になった今読んでも案外ちゃんとできてるなーと思えるストーリーです。女の子たちが戦士に選ばれた理由も「優しい心を持っていたから…」みたいな漠然としたものじゃなく、ちゃんと前世がからんでたし。
私はアニメは五月雨式に視聴してたので、ちゃんとしたストーリーを知ったのは小学生になってコミックスを読んでからでした。


「Act1 うさぎ──SAILOR MOON」

ちょっぴりドジで泣き虫な中二の女の子・月野うさぎ

この特徴的なお団子&長い金髪ツインテ、おっきいリボンの付いたセーラー服…。セラムンはキャラデザがやたら優れてますね。うしろにリボンが付いてるスカートに憧れた。
絵可愛いなぁ…。

うさぎの親友のなるちゃんも可愛いくて、コアなファンがいたりしますね。
あと学校サイドのレギュラーキャラ「オタクの海野」もいます。この時代すでに「オタク」っていう言葉あったんだな…。どうでもいいけど「海野」っていう苗字は微妙にセーラー戦士くさい気が。

うさぎは三日月ハゲの黒猫・ルナに「あなたをさがしていたのよ」と言われます。
「いまTOKYOはへんな事件が続出してるわ。警察の手には追えないような事件がね。
あのね うさぎちゃんはえらばれた戦士なの!
うさぎちゃんには使命があるの! 仲間をあつめて敵をたおすの!

女子中学生に戦士の使命をゴリ押ししてくるルナ。
この時ルナがうさぎに渡した変身ブローチが当時の私のハートをガッシリキャッチ(後述)。
「ムーン・プリズムパワー! メイクアップ!!」

セーラームーン初変身。うさぎの台詞はいちいちバカっぽいです。
『美少女仮面ポワトリン』を元にしたらしき怪しいゴーグルは途中から全然かけなくなります。

妖魔に襲われたなるちゃんを助けに行ったセーラームーン。
「だれだっ おまえは!!」
「──愛と正義の セーラー服美少女戦士! セーラームーンよ!」

美少女戦士キター! 自分で「美少女」と名乗っていいのはこいつらだけ! よく考えるとセーラー服+美少女+戦士ってすごい組み合わせだ。
改めて見るとセーラームーンのデザインは完璧ですね。
白と青のセーラー服!(ミニスカになりました) オーバーデコラティブなブローチ! お団子に付いたなんか赤い丸いやつ! 頭にささった羽みたいなやつ! キラキラのティアラ!
よくもこんなに女の子の憧れを詰め込んだ衣装を思いつくなぁ…。『東京ミュウミュウ』あたりと比べるとセラムンの衣装のインパクトってすごいよなーと思ってしまう。この子供心をつかむセンスには脱帽です。

「いまようさぎちゃん! ティアラをとって! “フリスビー”ってさけんでなげて」
いちいち叫ばないと駄目なのかい。まだスティックがなかった初期はこの「ムーンフリスビー」が必殺技でした。一応武器なのに宝石も飾りも付いてて可愛くて憧れたなー。
敵を倒す瞬間に満面の笑顔なのが男児向けヒーローものとの違いだなぁと思った。
敵を倒したセーラームーンは謎の仮面男が立ち去るのを目撃します。
その人こそヒーロー兼「セラムン」界一のネタキャラタキシード仮面でありました。
「わたしの名はタキシード仮面。セーラームーン おぼえておくよ」
ふわり
──まるで怪盗ルパン ……ステキ……
そのステキな人が昼間会ったイヤミなタキシード野郎・地場衛だということには気づかないうさぎでした。
タキシード仮面は当時でもちょっとおかしいキャラだったようで、作者の武内直子先生が一言コーナーで
みんながみんながほんっと!にクチをそろえて“ヘンななまえー"ってゆーケドさっ くすん
いーじゃないっ きにいってるのよっ
ああっ! ワタシのタキシードかめんっ!!

とおっしゃってます。(↑武内先生の文体は常にこのようなぶっとびテンション)


「Act2 亜美──SAILOR MERCURY」
私の大好きな天才少女・水野亜美ちゃんが初登場!

カワユス。

亜美の通っている塾では悪の組織「ダーク・キングダム」が塾講師に化け、特殊なフロッピー(懐かしい)で生徒たちを洗脳し、「幻の銀水晶」のデータを集めさせようとしていました。やることが幼稚園バスを襲うショッカー並です。

ああタキシード仮面…君は私服も結構アレなんだね…。


セーラームーンは塾に乗り込みますが、亜美は敵に首を絞められてしまいます。
「おのれ なぜ洗脳されぬ!! ディスクの勉強をサボったな!」
「サボってなんかいないわ。勉強は自分の力でやるものよ。……もうダメ……
絞め殺されそうになっても自分の意見だけはキッパリ述べる亜美ちゃん。さすがです。

そんなこんなで亜美は「セーラーマーキュリー」に変身します。

マーキュリー可愛いなぁ…。
プリキュア5とかレイアースの青と違って、知性派+お嬢なのにツンデレじゃなく普通に女の子らしくておっとりしてるとこがいいんだ…。








「Act3 レイ──SAILOR MARS」
クールビューティーな巫女さん・火野レイ=「セーラーマーズ」が初登場です。
このへんから徐々に「プリンセス」と「幻の銀水晶」というキーワードが出始めます。
 ツンデレ

この「魔の6時のバス」の回のアニメ版は、亜美ちゃんが毒舌だったりジェダイト様がバスの運転手だったりタキシード仮面が「運転手は私だ!!」だったりと、いろいろとカオスで面白かったです。

マーズは周りの女児の間では人気なかったなー。私もあの真っ赤なハイヒールがセクシーすぎて苦手でした。
セーラームーンの赤は「男勝りの体育会系」じゃないんですね。どっちかというとレイのキャラはキュアアクアの系統だ。このツンデレを攻撃性(=赤・炎属性)と見なしたか。


「Act5 まこと──SAILOR JUPITER」
私お気に入りの怪力乙女・木野まことが初登場です。薔薇のピアスに憧れてました。

背がでっかくてケンカ強くて男前なのに実はお料理が上手くて惚れっぽい乙女なところが可愛い!
まこちゃんの作ったおいしそーなお弁当が好きでした。なんか武内先生が描くと炊き込みご飯のおにぎりも宝石ちりばめたように見える。

うさぎは「カッワイーイ」を何回言うんだ

呪われたブライダルショップの花嫁の幽霊にたぶらかされ、男が行方不明になる事件が勃発。

溜息の亜美ちゃんがラブリー。レイちゃんは男嫌い?
「あたくしオトコは信用してませんの」
この後もレイちゃんは「オトコのコトなんかで泣いてるヒマはありませんわよ」「アタシ男ってバカだと思ってるから」と男に対して辛辣な発言が多いです。なんかクライカコでもあるんかしらっ(©うさぎ)



さて、美少女戦士が3人も集まると変身&名乗りシーンがかっこいいです。
「月にかわっておしおきよ!!」
「ヒトをあやつろうだなんて! その知恵 世のためヒトのために使うべきよ!
おしおきよ! 水星パワーでアタマをひやしてあげる!」

マーキュリーが「おしおき」って…なんか刺激的! ムーンのおしおきよは何とも思わないんですが。
優れた知恵は世のため人のために使うものという考えの亜美ちゃんが好きだー。
アニメの「水でもかぶって反省しなさい!」も可愛いですよね。
 
「ハイヒールでおしおきよ!」
このマーズの決め台詞は「どぎつすぎる」ということで、アニメでは「火星に代わって折檻よ!」になったらしいですよ。…どう考えても「折檻」の方がどぎついだろ! 何基準で選んでんだ! ハイヒールか!

花嫁幽霊に襲われたまこちゃんは「セーラージュピター」に変身します…が、
なんか変身しなくても充分強かったです。

敵サイドの四天王が全員イケメン(4人中3人がロン毛)なあたり、少女マンガですね。クンツァイトとゾイサイトがデキてるって設定はアニメだけだっけ?


戦士も4人揃い、
物語はいよいよ「プリンセス」「幻の銀水晶」「月の王国」の謎にせまっていきます。
昔のマンガってほんと展開速いな。

「『幻の銀水晶』そして──月の王国の血をひくプリンセス。
あなたたちはかならず出会えるハズなの! そしてあなたたちが守らなきゃいけないの。一刻も早く!
──なぜならこれがあなたたちの宿命だから。
そのためにあたしは月からココに使わされ あなたたちを目ざめさせた」

「プリンセスって……月の王国のプリンセス……なの?」

敵が街中の人たちのエナジーを奪い取る中、タキシード仮面の目の前で変身したうさぎ。ルナにもらったムーン・スティックでみんなを浄化します。
ようやく魔法のロッド的なものが出ました。しかしこれのおかげで浄化系の技ばっかり使うようになって肉弾戦が激減したのは残念。「セーラームーンキーック!!」とか好きだったのに。

浄化のためにパワーを使い果たしたうさぎが目覚めると、そこはあの地場衛の部屋でした。ようやくタキシード仮面=地場衛だと知ったうさぎ。
「──六歳の誕生日 事故で両親をうしない オレはすべての記憶をなくした。
──そして あれから何度も夢を見るようになった」

長い髪の少女に「幻の銀水晶をおねがい……」と言われる夢。




「気がつくとオレは夢遊病者のように夜の街を徘徊していた。
タキシードを着て まるで怪盗のように」





衛それ「夢遊病者のように」やない、夢遊病者や!
何が切ないって、セーラー戦士はみんな「変身」してるのにタキシード仮面だけ「着替え」ってとこですよね(アニメでは超カッコイイ変身シーンを見せてくれますが)。

また「レンタルビデオショップをいっぱい作って洗脳ビデオで人間どもを洗脳してやれ」というアホな作戦を立ててきたダーク・キングダムと戦うセーラー戦士。

「セーラーヴィーナス」=愛野美奈子の登場シーンはかっこいいです。

このヴィーナスは物語開始以前からすでに「セーラーV」として活動していて、みんなの前に姿を現した時も「プリンセス(の影武者)」として登場…というちょっとイレギュラーな存在でした。

しかし、最初は凛々しいお姉さんキャラだったのがどんどんうさぎとカブるアホキャラになり、戦闘時においては一人だけ能力が半端(水・炎・雷のような特性が特にない)…と可哀想なことになってしまったヴィーナス。
ある意味一番応援したくなるキャラでした。




敵の攻撃からセーラームーンをかばい、倒れたタキシード仮面。
その光景を見てうさぎはとうとう前世を思い出します。

「思い出した……あたしたちは」
「プリンセス・セレニティを守る四守護神の戦士……!」
「プリンセスを守るため そして──月の王国を再興するため生まれかわってきた。
──そして あたしたちのほんとうのプリンセスは」

月の王国「シルバーミレニアム」のプリンセス・セレニティはうさぎの前世の姿でした。
プリンセスはいいとして、なんで太古の月の四守護神がセーラー服なんだろう…。

生まれ変わってまたやっと会えたのに これは運命なの? エンディミオン
その時うさぎのこぼした涙の結晶が「幻の銀水晶」に変化しました。「幻の銀水晶」の中身は重傷のタキシード仮面の胸に吸い込まれ、ダーク・キングダムたちはタキシード仮面をさらっていってしまいます。

とりあえず一旦退いたセーラー戦士たち。
「ダーク・キングダムの場所のつきとめなきゃ。……『幻の銀水晶』の秘密だって…」
「──月へいきましょう。あたしたちの王室のあったところへ!」
わーいナメック星編みたいな展開。月について調べるメガネ亜美ちゃん可愛い。


みんなは変身する時のパワーを利用して月に転位します。よくわからないシステム。
太古に滅びたムーン・キャッスルで、うさぎたちはクイーン・セレニティ(うさぎの前世の母)のホログラムに過去の話を聞きます。

ついにダーク・キングダムの女王「クイン・ベリル」との決戦が始まりました。
なんか普通に宇宙空間でもバリバリ戦うセーラー戦士たち。
「くくっ この真空の宇宙でおまえたちの攻撃が通用するかな」
「おあいにくっ! あたしたち宇宙は二度めよ!というヴィーナスの台詞がいい感じにぶっ飛んでて好きです。
さらにそのへんの町でも戦うセーラー戦士たち。
「安心してふるちゃんにーさん。ゲーセンはあたしたちが守る!
ジュピター無駄にかっけー。
町を破壊しないように超次元空間を作り出すマーキュリー。それは天才の仕事なのか。


前世から続く因縁! 悲恋に終わった二人の恋! 何だかんだいっても前世ものはグッとくるものがあります。前世少女が流行るわけだ…。クイーン・セレニティの「あなたたちに未来を託すわ」が好き。
悪の女王クイン・ベリルの動機が「エンディミオンへの恋心」というあたり、少女マンガらしいですね。

アニメの最終回(無印)は軽くトラウマだったんですが、こっちはちゃんとハッピーエンドで終わってます。
セーラームーンとタキシード仮面の愛の力で大きくなった「幻の銀水晶」のパワーでラスボスドガパアン! 「ムーン・ヒーリング・エスカレーション」でみんなも回復してめでたしめでたし。

本来はマンガもアニメもここで終わる予定だったらしいですね。
しかし誰も予想しなかったほど大ヒットしてしまったので第2期「ブラック・ムーン」編に続くのでした。


この第2期で登場したちびうさというキャラクターがさらに「セーラームーン」人気に拍車をかけました。
やっぱりイメージカラー:ピンクのちびっ子は小学生女児の心にストライクだったようで。

当時私の周りの女の子に人気だったのはうさぎ・美奈子・ちびうさでした。私は亜美ちゃん&まこちゃんラブだったので若干浮いておりました…。特に女児に緑色って人気ないんだよなー。

「ブラック・ムーン編」は滅亡した30世紀のTOKYOから、うさぎと衛の未来の娘・ちびうさが助けを求めて来る話。こういう「少女がある日突然ママになる」展開は「女の子はみんなママなのよ」ってすり込まれてるみたいであまり好きじゃない。
実はちびうさが「幻の銀水晶」を持ち出したことが未来のTOKYO崩壊の原因だったり、育たない900歳児のちびうさが敵に乗っ取られて「ブラックレディ」として覚醒したり、そのせいでセーラープルートが死んだりと、よく考えると結構ちびうさトラウマ祭な展開。セラムンにしては全体的にちょっと重かった気がします。
マーキュリー・ジュピター・マーズがさらわれて結構長い間出てこなかったのでちょっとさびしい。

「ちびうさは ね、まもちゃんのこと好きなんだよ」
おまえら中学生と高校生でその体勢はアリなのかと小一時間問いつめたい。


美形の敵にさらわれたうさぎが綺麗なドレスを着せられ、唇を奪われる…という女の子の願望丸出しな展開は大人になった今読むとちょっとハズカシイ。あとタキシード仮面毎度毎度操られすぎだろ。


この後のシリーズは大体最後が「セーラームーンとタキシード仮面の愛の力で敵を倒す」か「みんなの心がひとつになって敵を倒す」か「誰かが犠牲になって敵を倒す」なので、あまり変化なし。
追加登場の外部太陽系戦士・土萌ほたるちゃん=セーラーサターンが好きでした。おかっぱ最高。


あと番外編「受験戦争編」が好きです。
こういう1話完結形式の他愛ないバトルはもっとあってよかったと思う。

「まこちゃんのユーウツ」
受験勉強から逃避しまくるまこちゃんのお話。
まこちゃんのラブリーなお部屋と手作り料理がいっぱい出てきて好き!
聞いたこともない「ミートローフ」という食べ物に想像力をたくましくしてました。
 


「亜美ちゃんの初恋」
番外編の中で唯一映画化されたお話。
ラブレターをもらうとジンマシンが出るという得意体質の亜美ちゃんが可愛い。
ライバル「メルクリウス」の登場でいつもよりハイテンション!な亜美ちゃんが見所です。


この話はマーキュリーの攻撃シーンが面白かったw
「模試の二乗プラス予備校の二乗プラスルートストレス分かけるカッコ妨害工作の二乗カッコとじるライバルの二乗イコール・メルクリウス! イコール・敵!
イコール! 倒す!!」
←これは映画版の台詞です

最後の「ああっ!! スッキリしたの表情もかわいい。


憧れの! あのアイテム特集

「セーラームーン」といえば、出てくるアイテムに当時死ぬほど憧れた作品です。
特に初期はおもちゃっぽくなくて可愛かった。本当に欲しかった…。



変身ブローチ
第1話でうさぎがルナからもらった変身アイテムです。
セーラー服のリボンの真ん中でキラキラ光るこのブローチにはほんとに憧れました。商品化しにくそうなデザインなのも高ポイント(アニメ版とおもちゃはデザインが違うみたいですが)。
武内先生の絵ってそんなに細かく描き込んでないし、略す時はすごい略して描いてるのに、それでも最高に綺麗に見えたものです。子供の「憧れ」の熱ってスゴイ。
変身アイテムが「ブローチ」って結構珍しいかも。



変身ペン(左:亜美・レイ・まことの。右:うさぎの)
子供時代の強烈な憧れ第二段。うさぎ以外の戦士はこれで変身しますが、うさぎは上のブローチで変身するので「お医者さんにへんしーんっ!」などの変装時にしか使ってません。
ゲーム機叩いて無理矢理出したうさぎのペンの方が可愛くてズルイ!と亜美ちゃんびいきの私は本気で怒ってました。
でも何故「ペン」? 普通にロッドとかスティックじゃだめだったのか。まさかペンでないと実用主義の亜美ちゃんに受け取ってもらえないと思って…!?(深読み)

変身ペンはこの呪文を唱えながら投げる動作に憧れてよく真似しました。普通の三色ペンとかで。

セラムンは「美少女戦士もの」ではありますが、「○○にへんしーんっ」という従来の魔法少女的な変装シーンもちゃんと取り入れてました(特に原作初期とアニメ)。少女たちはいつの時代も変身願望強し。

でもうさぎしか変装しないんだよなー。亜美ちゃんの女医さん姿とか見たかった…。

このペンが変形した傘も可愛くて好きでした。







腕時計型通信機
これも欲しかった!
キラキラした腕時計自体も可愛かったけど、「通信機」というところにも憧れました。
デザインは変身ブローチと似てますね。
初期はアイテムが「ゲーセンのゲーム機から出てくる」というシチュエーションがなんか面白かった。



ティアラ
初変身の時から使ってたティアラを「ムーン・フリスビー」で失くしたあと、新しく装着されたティアラ。
この時は「前のより可愛いじゃん! やった!」と思ってました。
他のメンバーとの差別化が進みます。



ムーン・スティック
ジュピターが仲間に加わった回でルナからもらったスティックです。
クイン・メタリアを封印する際には伸びました。商品化されたおもちゃの方はバナナに見えた。



ティアラ
上のティアラがまた変形。ぱしっ。
この時は「なんかあんまり可愛くない!」と思いました。
やっぱりティアラはV字じゃないと…(当時の私の声)。



クリスタル・スター・ブローチ
第1期終盤で新しくなったブローチ。
コンパクト状になっていて、中に「幻の銀水晶」を収納できます。若干『アッコちゃん』に逆行した感が。
以後、変身アイテムはシリーズごとに更新されます。おもちゃ売る気満々です。



スター・パワー・スティック
第2期で新しくなった、うさぎ以外のメンバー(亜美・レイ・まこと・美奈子)の変身ペン。
先端についた星型の飾りの中央に石がついています。



プリンセス・ムーン・ロッド
うさぎと衛、二人の力で生まれた新しいロッド(よくわからない説明)。
三日月を型どりながらも丸い。



時空のカギ
ちびうさが未来と現在を行き来するための鍵です。
これもたかが鍵のくせにキラキラで可愛かった。あとちびうさといえば4期のエリオスの鈴も可愛かったなー。



コズミック・ハート・コンパクト
第2期終盤で新しくなったブローチ。
昔からハート型はそれほど好きでもなかったので、私の心はあまり動きませんでした。
ついでに新しくなった変身呪文「ムーン・コズミック・パワー」は響きが可愛くないと思った。



スパイラル・ハート・ムーン・ロッド
第2期終盤で未来の自分からもらったロッド。
第2期以降はもうほとんどハートモチーフです。



伝説の聖杯
初の人間制作によるアイテム。ちびうさが図工の授業で作ったもの(実際はほとんど衛が作った)。
武内先生はこういう宝石ちりばめ系のアイテム描くのが上手いなぁ…。さすが石マニア。



クライシス・ムーン・コンパクト
第4期の変身ブローチ(コンパクトなのにブローチです)。
左がちびうさ、右がうさぎの。ブローチにしてはでかすぎる。
初期は「ゲーセンのゲーム機から出てきた」とか「ルナがくれた」とかだったのに、途中からはほとんど「パアア…」でアイテムが誕生します。



ムーン・カレイド・スコープ
第4期の武器です。左がちびうさ、右がうさぎの。
元々はうさぎとちびうさが衛に買ってもらった万華鏡。ちょっとデザインゴテゴテしすぎでイマイチ。
ところで「ムーン・カレイド・スコープ」なのか「カレイド・ムーン・スコープ」なのかハッキリして欲しい…。



昔より頭大きくなってる新装版。

こどものおもちゃ

Category:少女マンガ


いじめ、先生いびりと大騒ぎの6年3組。
紗南は悪の根源・羽山をこらしめるため、立ち上がった!!
ドキドキ・スクール・ウォーズ。


…最初はそういう話だったっけね。

この作品は「少女マンガ」という枠を軽く超えたストーリー展開が衝撃でした。
大人びてるようでまだまだ半人前なこども達の成長、羽山の心の変化の描写が素晴らしい名作です。
基本的に少女マンガはあんまり読まない私も、これはしょっちゅう読み返してます。
こんなに恋愛要素の少ない少女マンガが今まであっただろーか。


芸能界に片足突っ込んでるチャイドル・倉田紗南(サナ)のクラスは学級崩壊。
女の子を池に落とすわ先生達の乳繰り場面を隠し撮りするわでやりたい放題な悪の根源・羽山秋人の弱み(ズボンずり下げ写真)を握ったサナは羽山の乱行を止めさせた。これでめでたしめでたし…になるかと思いきや、サナは羽山の家庭を見てしまう。

「『…母親』 オレを産んだせいで死んだんだってさ」
「そのせいでいまだにこんななの? あんたんち…… 11年も!?」

「あんたんち… 悪いけどヘンだよ…?
『お母さん』…一生懸命産んでくれたんじゃない…?」

この台詞、このあと出てくるサナちゃんの出生を考えると…(´;ω;`)(って後の羽山も言ってたな)。


そしてサナ、羽山家に突撃。

「お家がこんなだからあいつはねぇっ!
ストレスを学校で発散しまくりだったんだから!
先生イビリとかいじめとかしてもータイヘンだったんだから!
おさまったかと思やロンリー・ウルフで おせっかいな私は気になる気になる!!」

「…家の中で悪魔悪魔って言われて育ったら…私だって…
本当の悪魔になっちゃうよっ!」



「…お前の瞳は…小学生の瞳じゃないな 秋人……すまない…」


ここまでで1巻。
こんなかんじで動き出した『こどちゃ』は、芸能界・マスコミ・少年犯罪・社会問題その他諸々を盛り込みつつ、サナと羽山を中心に回ります。
本当にこの作者は「人の心」「心の闇」の描き方が上手くて、それでいてギャグはギャグで妙に面白いもんだから、笑いとシリアスのギャップがすごいことになってます。さっきまで腹抱えて笑わせられてたかと思うと、いつの間にかボロ泣きさせられたりして、油断なりません。



以下、印象に残ったシーンを勝手に紹介。


サナの出生の秘密編。
実はサナは、生まれたその日に公園のベンチに捨てられていた子供でした。
ようやく見つかった産みの母親との遊園地のシーン。

「こんなこと…言える立場じゃないんだけど…でも…
…望みを持っちゃいけないかしら…
…いつか…紗南ちゃんと暮らせる日が……来ると思っちゃいけないかしら…」


「──それは…ないですね。できません。」

「私…あなたを母とはとても思えないし…
はっきり言って あなたに少しも関心がありません
…あなたには…2度と会いません」

このサナちゃんの一見冷淡とも思える台詞がすごいインパクトでした。シビれました。
昔の少女マンガの母親探しものとは明確に違う点がここにあり。
「あなたがもし私のこと中絶してたらって考えると
すっごいコワいです。…だってそしたら……私 今 ここにいないんだもん…」

この後の「産んでくれてありがとう」で涙。
…そして、本当にこの実の母親は、この後二度と登場しませんでした(10巻表紙にはいるけど)。「捨て子が本当の母親と会う」という古典的なテーマを扱いつつも、このクールさ。素敵です。
「14歳の時に叔父との間にできた子」のあたりが全然詳しく語られないとこも最高にクールです。


4巻の
中学生になったサナと羽山のシーン。

「…まだ……死にたくなる時 ある…?」

そういえば最初の頃の羽山は「生きてんのめんどくせー」とか言ってたっけ…。
1巻
サナに出会って羽山の人生変わったよね…。よかったね…。


そして、『こどちゃ』中学生編の大ヤマのひとつ「小森編」。(そのネーミングはどうだろう)
羽山の贖罪の物語でもある小森編。ハードな展開から目が離せません。

サナと出会ったおかげで今はそれなりの羽山の過去の悪事を皆の前でばらす千石先生。むかつくわー。
…「犯罪者」と言った千石先生の言葉は 少し言いすぎとも思うけど…
否定もできない
本当に羽山をうらんでる人はたくさんいるのかもしれない…
小森くんって子も…そうなの…?




「…オレ…悪いことたくさんした」
「うん…そうだね」
「千石の言ったこと ムカつくけどホントだと思う
オレのせーで…こころ…のキズっつーのあるやつ…いっぱいいる…と思う」

「うん…」


そして、小森に刺されて生死をさまよう羽山の、このシーンでは号泣でした…。
8巻
それは… 前に 誰かに…
…誰に言われたの…? 忘れてるの…?

忘れてない


前にサナの「お母さんごっこ」で言われた台詞は…
1巻
(´;ω;`)ブワッ


小森編は少女マンガらしからぬシーン目白押しでしたね。

こことか。

羽山を目の敵にする千石先生もいろいろヤバかったし。

千石先生怖い


サナの(育ての)ママ・実紗子さんはかっこいいな。



「…あいつら たった1人もいねーのかもしれない
お前みたいなやつが」

羽山は表情と言葉にあんまり出さないけど、あの時自分を助けてくれたサナにものすごい感謝してるのが読み取れてウルッと来ます…。
「…オレは…ツイてるよな。」
「…ツイてる?」
「おお ツイてる ラッキー少年なのだ」
「そーか」

いろんな つらいことある上で 「ツイてる」なんて言う羽山は
出会った頃とは 全然違う
すごく 変わったと思う…

小森に刺された右手が麻痺してもう動かない状況でこの台詞…。ほんと羽山、性格変わったなー。


そして、こどちゃの最後の大ヤマ。サナの心の病気。
羽山がアメリカに行ってしまうと聞いて「人形病」を発症するサナ。
今まであれだけ表情豊かだった主人公が、表情を一切失くすという展開はショックでした…。

マネージャー玲くん「なんとか頑張って立ち直ってもらえたら一番いいんだけど…」
母実紗子「あ それダメ! 頑張らせないでちょーだい!」
「心が疲れきって病んでる人に『頑張れ』は禁句に近いのよ」

ここ最近は一般人の間でも「頑張れって言わないで」は浸透してますけど、これ描かれたの98年頃なんですよね…。進んでるっつーか、わかってるっつーか。
「前にもあの子 学校から仕事に逃げたことあったじゃない?
私はあれ いいことだと思ったのよ。逃げ場のない人間は…コワれやすいわ

(コワれかけたことのある人の言葉だなぁ…)


いつも強くて明るくて元気な女の子だったサナちゃんの、極端に弱い一面をちゃんと描こうと思った小花先生はすごいと思います。
「こんな紗南ちゃんは見たくないわー」と思う読者さんもきっといると思いますが、
ごめんなさい。紗南の弱さをもう少し見て下さい。

(単行本9巻「オバナ脈絡なくしゃべる。」より)

今まで どうやって乗り越えてきたのか 思い出せない…
沈んでいく どんどん

読んでるこっちまで鬱になるサナちゃんの描写…。小学生読者、ついて来られるのか?



「ずっとこんな顔してんだぞ お前」



「お前が オレのことでそんなんなるなよ!!
笑えよ!!」

羽山が… 泣いてる…


このサナちゃんの病気編は読んでてすごく永ーく感じたなぁ…。ほんのコミックス1冊分なんだけど。
しかしすごいですね。仮にも「りぼん」の少女マンガなのにカウンセリングとか心のリハビリとか自分の中にある目をそらしたいような「弱さ」を認めなければならない苦悩といった言葉がバリバリ出てきますよ。


そして感動の(?)二人の別れ。




良い最終回だったなぁ…。
未だにこの作品、たったの10巻だったとは信じられない。それくらいの内容の濃さでした。

ていうか、途中から学校生活があんまり描かれなくなるからすっかり忘れてたけど
こいつらまだ中学生か! 驚いたー。最後で高校入試とか言っててびびった。







↑『こどちゃ』の中でサナと直澄が出演した映画を丸ごとマンガ化。



↑大人になったサナと羽山。直澄くんが予想外なことに。
珠里の「サナさんはすごく元気な人だ。『不元気な人の気持ちがわからない元気な人』じゃないといいけど」みたいなモノローグがすごいと思った。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。