裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月買った本(2011.10月)

Category:雑記



今月は22冊。
ドロヘドロとドリフターズの新刊が出てウフフ(*゚∀゚)ってかんじです。
ドロヘドロはもちろん特装版で!
でもそのせいで金が足りなくなってチャンまま4巻が買えてません。金欠に千円コミックは痛い。



ドリフターズ2巻、もう出ないかと思ってたらようやく出ました!
流れ星に願いをかけた甲斐がありました(マジ)。だって1巻買ったの去年の8月だよ…。
面白くなってきました! 豊久かっけー。



少女椿を買いました。
昔一度読んだことがあるのですが、その時は絵柄とエログロが駄目でした。
でも久しぶりに読んでみたら全然平気だったので買いました。生きていくってことはグロ耐性がついていくってことだぜ。とりあえず鞭棄萌え。よし次は改訂前に挑戦だ!



零が再開されましたね…。ギャン鬼編て。雀鬼のもじりか。
ねえなんでゴルフやってんの…?
一体どうしてこうなった。1部の、あのあとどうなったのか説明される日は来るのでしょうか? 説明されるとしてもそこまで行くのにすっごい時間かかりそう…。
最近の福本作品の中で、零だけは面白い!とか言ってたのが遠い昔のことのように思えるなぁ…。
正直このところの福本の続編ものはあんまり期待できないので、2巻は買わないかも知れない…。
スポンサーサイト

星の素白き花束の…

Category:山岸凉子

星の素白き花束の…(ほしのましろきはなたばの)
1986年

わたしの人形は良い人形(あすかコミックス)』(角川書店)
自選作品集 ブルー・ロージス(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈5〉天人唐草』(潮出版社)
に収録。



「ねえ 聡子姉さんにもパパはあれをしてくれた?」

亡くなった父の愛人の娘(異母妹)を引き取ることにしたイラストレーターの聡子
初めて会う異母妹の夏夜(かや)は中学3年生。
夏夜は聡子のイラストから抜け出てきたような可憐な美少女だったが、異常なほど無口で陰気で偏食、そして男にだけはやたら愛想が良い奇妙な娘だった。


山岸作品に多そうで実はそんなにはない魅惑のロリータ話。
目に入る男全てに媚びを売り、レトルト食品と極度に甘いものしか食べない美少女・夏夜がなんとも不気味。
通りすがりのブ男にも流し目をくれるあたり、筋金入りなかんじがします。
夏夜は何ていうか、見た目は妖精なのに中身は妙に安っぽいというか俗っぽいところがポイントですね。『痴人の愛』のナオミのような。真っ白なレースとフリルの下から仄見える劣悪な臭い…。
その姉の聡子さんが「その少女趣味とは裏腹に、身長170ある大柄な女」というところが泣けます…。

最初は「美しい自慢の妹ができた」と喜んでいた聡子も、やがて妹の奇妙な行動に不安を抱きます。

「パパはあれをあたしだけにしてくれたんだわ。
夏夜はきれいきれいきれいだって!」


…合意の上どころか得意げな近親相姦。本人は嬉しそうだからいいか。
いや、父親のせいで倫理観がおかしくなってるんだからやっぱり可哀想ですね…。

この話の夏夜ちゃんは中学生、同じく「ある日やって来た居候が淫らなロリータだった」というストーリーの『蛇比礼』の虹子ちゃんは小学生なわけですが、この二人の学校生活がすげー気になります。体育とか掃除の時間とか微塵も想像できない(笑)

あ、タイトルはステファヌ・マラルメの詩「あらはれ」から来てるらしいです。

あと思ったこと。絵柄変えたあとの聡子のイラスト、人気出なそう!

ある夜に

Category:山岸凉子

ある夜に
1981年

山岸凉子作品集〈11〉傑作集5 篭の中の鳥』(白泉社)
瑠璃の爪(あすかコミックス)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈13〉妖精王3
に収録。



8ページの短いお話。
化野の…』と似た「死者が町を歩く」話ですが、あっちの主人公は自分が死んだことに気づいてないのに対して、こっちの女性達は全員理解してあの世へ向かってます。

4人の女性が町を歩く。
一人は華の道、一人は砂の道、二人は石の道を歩く。
彼女達の歩く道は、生きていた時の行いの報いが表れている…という解釈でいいんですよねコレ。抽象的で感想が難しいです。
途中で仲間に加わったおばさんは石の道を歩き、足が血まみれ。

「わたしはずーっと一人で歌を歌ってきましたからね」
「わたしなんか七人の子供を育てて歌なんかひとつも歌えなかったよ」
「ああそれで華の上を歩いているんですね」

一人で歌を歌うことはそんなに悪くないんじゃないか? と思うのですけど…。おばさんの歌で元気づけられた人だっているかも知れないじゃないですか。ジャイアンみたいな歌声だったならまだしも。

でも実際に歩いている道に関わらずみんな、まあアスファルトの上みたいな感触ですよねといったノリの中、一人だけやたら苦しいだの寂しいだの足が疲れただの、不平不満を言う女がいました。

「自分の幸せを考えるよりも他人の幸せを考えてきたわ。
そのあたしがあんなにも苦しんで おまけに華の上も歩けないなんて」


この女は「私はこんなに尽くしてあげてる。だから、もっと何か良いことがあるはず」と思ってるタイプですね。他人のために尽くしてるつもりで本当はすごく欲張りっていう。
人間の性質と死後の世界をからめて描くあたりが山岸先生らしい。お寺の冊子に載せるべきだな(笑)

「あたしはただの一度も加害者になったことなんかないわ。
一度もないわ! いつも被害者だったわ

「これでおしまいなんて これで無になるなんて!
何かがあるはずよ。もっと何かが!


黒のヘレネー』を彷彿とさせるラスト。背景の賽の河原が怖い…。

マンガの擬音語・擬態語(オノマトペ)【2】

Category:研究未分類

前書いたオノマトペの記事がそこそこ反響あったので、
画像も重くなってきたことだし、その2を作ってみました。
集めよう素敵なオノマトペ。
20120119 オノマトペ10個追加。



©あたしンち
ギョボボボ
ポットからお湯を注ぐ時の音です。
けらえいこはこういう「生活の音」を書くのが上手い!
もうこれ見て以来、ポットのお湯の音が「ギョボボボ」としか聞こえない!
「ジョボボボ」だとなんか違うんだよね。


プリキュアはもっと呼び名に個性を出してもいいと思う

Category:雑記

ハトプリでつぼみ&えりかが仲間になった途端いつきの呼び名を
「いつきさん」から「いつき」にした時もええ~って思ったけどまたかぁ…。
「アコちゃん」からいつの間にか「アコ」ですよ。
さらに「姫様」呼びもなしに?
今まで通りの呼び方でいいと思うけどなー。

最近のプリキュアの「(同級生の)仲間なら呼び捨てにしなきゃね!」みたいな展開って、リアルに小学生女子の親友ルールみたいでちょっと苦手です…。そういえば現役女子小学生の頃からそういうノリ苦手だったなぁ…。

セーラームーンなんかは人によってちゃん付けだったり呼び捨てだったりテキトーでよかったのですが。
亜美ちゃんなんかうさぎにうさぎって呼んでって言われたあともうさぎちゃんって呼んでたよ。

でもエレンが仲間になったあとの「響&奏の名前が呼べなくて『そっちはどう思う』とか言っちゃう」はリアルで良かった。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。