裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月買った本(2014.11月)

Category:雑記

25冊。
今月は昔なつかし「ファッションデザイナーもの」のレトロ少女マンガをいくつか買って読みました。
昔はかなりの人気テーマだったからいっぱいあるはずなんだけど、絶版が多くてなかなか集められない…。

モンシェリCoCo (1) (KCデラックス―ポケットコミック (794)) モンシェリCoCo (2) (KCデラックス―ポケットコミック (795)) モンシェリCoCo (3) (KCデラックス―ポケットコミック (796))
大和和紀『モンシェリCoCo』。
事件もそこそこ起きるけど、比較的さらっと読める作品。
私の好きなレースフリルフリフリ系のドレスがあまり出てこないのが残念だけど、主人公が世話になるのがおいしそうなケーキ屋さんで何となくケーキケーキケーキを思い出しました。

ファンション・ファデ (1) (小学館文庫) ファンション・ファデ (2) (小学館文庫) ファンション・ファデ (3) (小学館文庫) ファンション・ファデ (4) (小学館文庫)
名香智子『ファンション・ファデ』。
こっちは読み応えあって作品としても面白かったです。線が繊細なのでレースなんかも綺麗!
・ヒロインが枠にとらわれない自由人
・最初に流行らせたのが皮の服
・白いはずのドレスが赤くて周囲を驚かせる
・和服にヒントを得る
・金持ちの実家を嫌がり飛び出す→途中から厳しい実家がデレて何かと援助してくれる
・途中で小柄な相棒(モデル)が登場
・酒(薬)に溺れた元天才男性デザイナーを立ち直らせる
・アメリカに行って成長する
・最後のショーのテーマが「野性」
・ラストでなぜか無理矢理な日本行き
その他いろいろ、なんだか上のモンシェリCoCoと被る設定・エピソードがやたらと多いのですが、人間ドラマはこっちの方が数段上かな。しかしラストはどうした。

あこがれ (1) (講談社漫画文庫) あこがれ (2) (講談社漫画文庫) あこがれ (3) (講談社漫画文庫) あこがれ (4) (講談社漫画文庫) あこがれ (5) (講談社漫画文庫)
細川智栄子『あこがれ』。
wwwwwww
もう何から感想書けばいいかわからないww
何? 「ショックなことがあると街に飛び出して車に轢かれる」のは君らのお家芸なの?
あー面白かった。絵は可愛いし話は笑えるしで最高。
細川智栄子の他の作品(王家と伯爵令嬢以外のやつ)もぜひ読みたいですが、昔の作品あこがれ以外文庫化してないんだよなー…。まんだらけで安くなってるのを探すしかないか…。
お約束だけど「ライバルに服をボロボロにされたヒロインが急ごしらえで素敵な服を作っちゃう!」は燃えますね。

あと今月はまったのはこれです。
落第忍者乱太郎 (25) (あさひコミックス) 落第忍者乱太郎 (37) (あさひコミックス) 落第忍者乱太郎 (39) (あさひコミックス) 落第忍者乱太郎 (42) (あさひコミックス)
落第忍者乱太郎 43 (あさひコミックス) 落第忍者乱太郎 44 (あさひコミックス) 落第忍者乱太郎 45 (あさひコミックス) 落第忍者乱太郎 47 (あさひコミックス) 落第忍者乱太郎48 (あさひコミックス)
忍たま、原作のマンガの方。
完全にアニメのしょーもないオチなし子供向けギャグのイメージでしたが…。
げ、原作は面白いじゃないですか! ちゃんと作者が歴史のこと詳しいし、ひとつのシリーズが1冊ごとに終わってるのも読みやすくてありがたい。
アニメもこんなに面白かったっけ?と思って数十年ぶりに見てみたらアニメは記憶通りのかんじだった…。
大きなお姉さんたちには上級生が人気なようで。ちょっと見た目区別するのに慣れが必要だけど。私は雑渡さんが好きです。
試しに1巻を立ち読みしてみたら思わず声が出るほど絵が下手だった。

孔雀色のカナリア (白泉社文庫―美内すずえ傑作選) あたしンち 20巻 たそがれたかこ(3) (KCデラックス BE LOVE) 仮面ライダーをつくった男たち (KCデラックス)



【プリパラ】
レオナ…! このキャラ絶対落とし穴があると思ってたけど、ここまでやるか。幼女たちはついて来れるのか。でも続きのエピソードを見てて、ギャグじゃなくてマジでジェンダーフリーを考えての設定のような気がしてきました。
「レオナにだけ睫毛がない」という感想を見てなるほどなと思った。ゲームの方でも同じ設定なのかな?
このアニメのすごいところはやっぱり「主人公たちがアイドルとして活動するのがプリパラという仮想空間のみ」というところじゃないかな。
今までのアイドルものだと幼女視聴者は「アイドル可愛い! 私もなりたい!」→「(リアルの)芸能界行きたい!」と危険な上に叶わぬ夢を抱いて親を困らせてしまうけど、アイドルが活躍する場が仮想空間となれば「芸能界行きたい」じゃなくて「プリパラ行きたい」になるんだよね。
いくらアイドルものが売れるからって、実際そんなに綺麗じゃない業界に無責任に憧れさせてほっとくのは大人としてどうなのかと前々から思ってたので、この設定はすごく良いと思います。
このアニメの縦糸はファルル・プリズムボイス・校長との対決あたりのはずだけど、最終的に「プリパラとは一体何なのか?」に言及して欲しいw何なのあの世界。いつからあるのか、何のためにあるのか、金は動いてるのか。

【トッキュウジャー】
普通に面白いよー。毎週普通に楽しんで見てます。特に感想もないです。
強いて言うなら、ミオばっかりヒロイン役やりすぎな気がするので(始まった時はカグラがモテ担当かと思ってた)、たまにはカグラもチヤホヤしてあげてほしいです。

【仮面ライダードライブ】
うーんドライブは普通に「仮面ライダー」として機能してるなぁ。
しかしニトロプラス及び虚淵玄脚本の他作品(アニメ・エロゲー)をいろいろチェックしてみた結果、他の作品はそう酷いわけでもなさそうなので、結論は「朝の特撮番組に来てはいけない人たちだった」になるのかなー。
・脚本家お得意のネタが朝の特撮番組では使えないものばかりだった
・だから設定変更したのに、変更に伴う他設定の微調整がおざなりだった
 (チーマー設定がダンスチームに変更になったのに登場人物の行動がチーマーのままなど)
・セリフ回し・演出などにアニメの癖が出すぎてしまった
なんかいけない要素がいくつも重なったってかんじ?
キャラがブレブレだったり話と話が繋がってなかったりする原因はよくわかんないけど…。
あ、ドライブ敵のハカイダーチェイサーの武器のおもちゃを普通に発売したね…。

【ハピプリ】
10月頃から見なくなってしまいました…。
ストーリー的には盛り上がってるあたりみたいですが、今作は設定やキャラ造形での失敗が多すぎて、見てるとストレスが溜まってしまって…。
夏過ぎからはやや持ち直してたように思いましたが、今までのエピソードを思い出すとどうも見る気になれなくて。
見てた分までの感想まとめなきゃ。

【新人さんのマンガでよくみるしっぱい】
・流行りの暴力ヒロインを登場させてみるも、リアルにDQN女になってしまい不評
・苦労人キャラを登場させてみるも、リアルに可哀想な人になってしまい不評
上みたいな、描くのに技術がいるキャラが流行るとその失敗例もたくさん見ることになります。今ジャンプでやってるスポーティングソルトはどっちも該当。
あとちょっと前のラブコメ推しの頃のジャンプでは「おそらく読者サービスのちょっとエッチなシーンにしたかったんだろうけど、なぜかDQN・性犯罪絡みのシチュエーションにしてしまい後味が悪い」ってのをいくつか見ました。ToLOVEるはこういうのほとんどなかったのが上手かったな。
スポンサーサイト

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。