裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月買った本(2016.8月)

Category:雑記

アマゾンズの主題歌買いました(^◇^)

今月は10冊。

繕い裁つ人(1) (Kissコミックス) 繕い裁つ人(2) (Kissコミックス) 繕い裁つ人(3) (Kissコミックス) 繕い裁つ人(4) (Kissコミックス) 繕い裁つ人(5) (Kissコミックス) 繕い裁つ人(6) (Kissコミックス)
仕立て屋さんの漫画。お洋服が可愛い。個人的にこういう雰囲気重視の漫画は苦手ですが、ギリギリ読める範囲でした。
それはさておき、全然期待してなかった恋愛パートがわりと好みのタイプだったのでお得な気持ちになりました。藤井さんいいよ藤井さん。
こんな淡々とした恋愛ものならいいなー。ちなみに私は一般的なドキドキする感じの恋愛漫画を読むとストレスでどうにかなります。
池辺葵の漫画ってあとプリンセスメゾンしか知らないけど、あっちの伊達さんも堅物男子だしヒーロー役はいつもこういう感じなのかな? 佐々木倫子漫画に出てくるハムテル系男子みたいな? だったら他のも読んでみたいかも。


プリンセスメゾン 2 (ビッグコミックス)
伊達さんもわりと好き。
主人公がどんどん縮んでいく…。


アラサーちゃん 無修正2 アラサーちゃん無修正3 アラサーちゃん 無修正 4





【ジョジョアニメ】
すごい、原作とエピソードの順番入れ替えてきた。
確かにハーヴェスト→シンデレラ→静かに暮らしたい→シアーハートアタック
の順の方が重ちーも辻彩も吉良のために登場して退場した感が薄れて良いよなーとは思ってたんだ。吉良登場→シンデレラで緊張感が途切れることもないし。(緊迫した空気から一転由花子の恋のお悩み話という構成もあれはあれで好きだけど)
森川ボイスの吉良さんは「一般人やってる殺人鬼」って感じだな〜。なんか私の中では吉良さんは「殺人鬼やってる一般人」なの。
唐突な自己紹介シーン大好き! やっぱ漫画は良い悪役がいてなんぼだよ!
感想見てたら「この後野原家に住み着きそう」とか言われててワロタ。


【突然ですがここ数年で受け付けなくなった漫画のシチュエーション】
・主人公の説教シーン(クロエの流儀とか読んだら多分奇声を上げると思う)
・キャラの号泣シーン(泣くシーンに限らず感情が溢れてる系の描写が苦手になった。ワンピは元々ダメ、うしとら・ガッシュもやや疲労。好きだからたまに読むけど)


【大人買いしたい漫画メモ】
・カバチタレ!
・ナニワ金融道
・弱虫ペダル
スポンサーサイト

『悪い種子』ローダの系譜・美少女殺人鬼が登場する漫画&映画まとめ

Category:研究未分類

悪い種子・ローダちゃん
ローダ様


私は60年代前後のレトロ漫画を読むのが趣味なのですが、今よりも漫画が大人しい時代かと思いきや、
「可憐な美少女が次々と人をぶっ殺していく漫画」が意外と存在することに気づきました。しかもなんかストーリーが似てる。
原因は1956年の映画『悪い種子』です。(これはいろんな漫画史とか評論に書いてあったから確かな情報です!)
このようなショッキングな映画が公開されて、創作意欲をそそられた作家がけっこう多かったのでしょうか。
とにかく、60年頃から急に「可憐な美少女が次々と人をぶっ殺していく話」が流行りだしたのです。
今回はそれらの作品を時代順に並べてローダの影響力に思いを馳せたいと思います。
普段は漫画ばかり紹介するブログですが、せっかく原典が映画なので、映像作品も少々入れてみました。
注意:解説文でネタバレしまくってます。



『悪い種子(たね)』1956年

悪い種子・ローザ 悪い種子 [DVD]
言わずと知れたカリスマサイコ少女。
「あれが欲しいから」「邪魔だから」というだけの理由で次々と人をぶっ殺す悪魔のような少女・ローダ8歳。
母親は娘の異常性に気づき、自分の先祖の殺人鬼の血のせいだと苦悩する。
使用人のオッサンはローダの秘密を知るが、焼き殺されてしまう。
母はローダに睡眠薬を飲ませ殺そうとするが、裏をかかれて自分だけ死んでしまう。
母が運ばれた病院で、何も気づいてない父と抱き合って終わり。
(その後雷に打たれて死んだり、カーテンコールでおしりぺんぺんされたりする付け足しエンドもあります)



『悪魔の落し子』井上智 1958年

悪魔の落し子 悪魔の落し子のリリーと悪い種子のローザ←リリーとローダ。もはやコミカライズ
あからさまに『悪い種子』に影響されまくりの貸本漫画。8歳のリリーが物欲や復讐心のままに人々を殺す。
こちらも殺人衝動は血筋のせいで、母親が気づいて悩む。
ちなみに白人キャラなのはリリーだけで、他の登場人物は日本人です。
キャラ設定どころか髪型も服装もローダと全く同じにしちゃってるあたり、昔は大らかだったんだなーと思いました。



HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。