裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

瑠璃の爪

Category:山岸凉子

瑠璃の爪
1986年

瑠璃の爪(あすかコミックス)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈7〉常世長鳴鳥』(潮出版社)
に収録。



上杉絹子(28)は、実姉の敦子(31)を刺し殺した。
その後、複数の関係者の証言によって姉妹の関係は少しずつ浮き彫りになっていく。


この「関係者への取材」という形をとった構成の臨場感がすごい!
本当にこういう事件があったんじゃないかと思ってしまうくらいです。

「絹子は存在感が薄かった」「ピアノを習っていた」「元気で明るかった」「虚弱体質だった」「美人だけど暗かった」「落ちこぼれだった」
「敦子は優等生だった」「しっかりしたお嬢さん」「姉妹仲はよかった」「妹さんとは雰囲気が違った」「妹思いだった」

発表会のドレス・母親の偏愛・派手な結婚式・絹子の縁談・無意識の悪意…。
絹子が敦子を殺すまでに何があったのか?
離婚した敦子の元夫は少し気づいていた。

「仲…よさそうでしたよ。少なくとも表面上は。
…ただ、敦子のやつ、自分で意識しているかどうかわからないけど
絹子さんのこと…憎んでましたね

敦子の真顔が怖い。

「せっかく母が亡くなって自由になったと思ったのに。
え あんなに母に愛されたのになんというバチ当たりな事をと。
みんなそういうんです。兄も…そして姉も」


絹子は母親に溺愛されて育ったが、それを愛されてるとは思えなかった。
「本当はピアノが大嫌いで才能もなかったのに、発表会で誰よりも目立つドレスを着せられて本当につらかった」と言う絹子。可哀想。
でも敦子の結婚式の台詞からすると、敦子は母にドレスを買ってもらえる絹子が羨ましかったんじゃないのかな…。

母親が死んで絹子がホッとしたのも束の間、今度は敦子が干渉し始めた…。
このお姉さんも、自分の悪意に気づいてないんでしょうね。

「あたしのためを思ってやっているのだと信じている姉の
善意一杯の笑顔を見るのが あたし…」


絹子の自我のなさというか主張の薄さに、読んでて歯がゆくなってしまいます。絹子がもうちょっと思ったことを口に出せる娘だったら母からも姉からも解放されたかも知れないのに…。絹子だけのせいじゃないけどさ。

敦子と兄は母親から特別に愛される絹子を憎むし、絹子は母親の偏愛から逃れたいのに反発できないし、母親が死んだら今度は敦子が無意識のうちに絹子の幸せを潰すし、なんかもう誰も救われないまま終幕。

「あたしが自分で行動して成功した事は今度の事だけ。
こんな幼児的な行動しかとれなかった滑稽なあたし。
でもいいの。あたし満足してる。
この手首にくいこむ冷たい金属の感触に満足している」


「姉妹の因縁話」はもはや、山岸先生の作品の一ジャンルといってもいいほどいろいろありますけど(そして結構な確率で姉が妹に殺されるという…)、この作品はそんな中でも特に複雑に愛憎が入り混じっててリアルな話だと思います。
敦子の元夫の言うように、「姉妹なんて多かれ少なかれ、みんなそんなところあるんじゃないですか」と思えるところが怖い。

そういえばこの作品は87年にドラマ化されたらしいですが、未見。どうだったんでしょう。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.