裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

コスモス

Category:山岸凉子

コスモス
1987年

奈落 タルタロス(あすかコミックス)』(角川書店)
自選作品集 タイムスリップ(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
パイド・パイパー(MF文庫)』(メディアファクトリー)
に収録。



小学生の裕太は喘息持ち。
「胸の中に風が吹きだす」とママはいつも心配そうに裕太を看病してくれる。
優しいママがパパの会社に電話をかけると、パパが帰ってきて車で病院に連れて行ってくれる…。


怖えー!
読み終えたあと、背中がゾクッとなりましたよ…!
こういう恐怖が描ける山岸先生を改めて尊敬。

裕太が喘息を起こすと、普段は顔を合わさないパパをママが呼んで来てくれる。
ある日裕太はクラスメイトに「喘息って気のせいだからその気になれば治るらしいよ」と言われます。
気のせいなもんか! こんなに苦しいのに
※ここ伏線です。

もう、ママの呪文のような台詞が恐ろしくてたまりません。

「嫌ねえこの風。裕太ちゃん 胸大丈夫?

ママが不安そうにこっちを見てる
風の音とママの顔とで僕はドキドキしてそして…

裕太が発作を起こすと

「裕太ちゃん しっかりね。今パパに来てもらうからね。
あなた! 早く戻ってきてください。
裕太が大変なんです」


僕は苦しい時しかパパに会った事がないみたい

また、ある冬の日。

「もうすぐお正月ね。ママ…心配だわ。
だってお正月は病院がどこもお休みになるのよ。そんな時に裕太ちゃんの胸がまた…

怖い、ママの目が怖い…!
裕太は一生懸命不安を押し殺しますが、また発作を起こしてしまいます。
ママはまたパパの会社に電話します。

「M物産でしょうか。お忙しいところおそれいりますが…。
なぜですの少しくらいのお時間がどうしてとれませんの年末だからといってる場合ではないでしょう裕太が苦しんでるんですよわたし一人じゃあの子を病院にだってつれてゆけませんわ

こんな粘着質な奥さん、私でも家に帰りたくない。

裕太視点で話が進むので、大人の会話がちょっとしか出てこないですが、どうやらパパは不倫(山岸作品によくあるジャンルのひとつ)か何かをしてて家にほとんど帰って来ないようです。
「まだ向こうと手が切れてないのかねえ」
「お母さんやめてよその話は!」

そして終盤、ママがまたあの一言を…。

どうしようママ心配だわ。
そろそろまた裕太ちゃんの胸の風が…」

この1ページ使ったシーンのママの白目が怖すぎる!
裕太は自分の胸の音に耳をかたむける…。どんどん苦しくなってくる…。

「ほらごらんなさい。やっぱり苦しいんでしょ。
ママの思ったとおりだわ。季節の変わり目がいけないのよ。静かに横になってなさいね。
ひどくなったらパパに来てもらいましょうね。
裕太ちゃんが可愛いパパはすぐとんでくるわ


ここのラスト4ページ、特に裕太のモノローグとママの台詞が交互になってるとこのスピード感が最高にスリリングで怖いです。
ママの「また裕太ちゃんの胸が」「パパを呼ぶわ」の繰り返しがとにかく怖い!
こんなママを「優しいママ」と信じて疑わない裕太が本当に可哀想になります。
でもこのママも自覚がないまま呪詛を吐いてるんだったらそれはそれで悲劇だ…。

「あなた! ご自分の息子じゃありませんか。
あの子が苦しんでいるというのに! あなたはそれでも人の子の親なの」


パパは僕が苦しい時だけやって来る

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.