裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武器の収納・持ち運び方法

Category:研究未分類

奥様雑誌の近藤典子特集みたいなタイトルになった。

武器で戦うキャラクターはどのようにして武器を持ち運んでいるのか?
普通に手持ちか? 分解して収納か? はたまたハンマースペース方式か?
バトル漫画を読んでるとそればっかり気になるんです。
ドラゴンボールみたいに「気・オーラ」で戦う系は荷物が少なくて楽ですね。あと己の肉体のみで戦う系とか。


あるがまま

あるがまま普通に持ち運び。
刀剣とか銃とか、見た目からしてフツーに武器なものは単純に手持ちのことが多いです。
あと舞台設定が元々非日常系(バトルファンタジーものとか)の場合、武器を持ち歩いてても不自然じゃないため、手持ちが多いです。「乱世」という設定も武器持たすにはピッタリ。



『るろうに剣心』緋村剣心の逆刃刀。
時代はすでに廃刀令が出てますが、このマンガの人たちはみんな帯刀しちゃってます(だって剣客浪漫譚だもん)。



『銀魂』の人たちも普通に帯刀してますね。
まあ廃刀令に従う侍はマンガには出てこないか…。



同じく『銀魂』神楽の傘。
「普段は傘として使ってる」という点で他とは少し違い、見た目の物騒さはごまかせます。



『うしおととら』蒼月潮の獣の槍。
持ち歩きに不便な長物系。変形も軽量化もしてくれません。
潮は毎日布にくるんで持ち歩き、学校にまで持ち込んでます。
でも少し離れた所からなら「槍よ来い」って言えば飛んで来ます。



『ベルセルク』ガッツのドラゴンころし。
「それは剣と言うには大きすぎた」の台詞で有名な巨大な剣。これをそのまま背中に背負ってます。肩こりそうです。
ちなみにこれ以降「身長と同じくらいかそれ以上の超巨大武器」はちょっと流行ることに。



『HELLSING』アーカードの銃・454カスールカスタムオートマチックとジャッカル。
銃器はホルスターとかあるから比較的持ち歩きしやすいかも知れません。



同じく『HELLSING』セラスの銃器・ハルコンネン。
このバカでかい銃も手持ちです。



『DEATH NOTE』夜神月のデスノート。
死神の持ち物のくせに消したり出したりはできない、結構不便なやつ。
代わりに、ページを破いて軽量化が可能。「コルセットなどで体に密着」には笑いました。



手持ちさんはいろいろ大変そうだな…。


変形

「武器には見えないもの」もしくは「軽量なもの」から「武器」に形状変化する。
変形前のものは普通に持ち歩きできる形状。
「変化の仕方が人によって違う」「変身のワクワク感」など、何気においしいところが多い。



『武装錬金』の核金(かくがね)。
基本的に1人1能力制。使う人固有の武器に変化します。
斗貴子さんは普段は核金をポケットの中に入れてるようです。



『家庭教師ヒットマンREBORN!』山本武の「山本のバット」。
普段は何の変哲もないバットですが、ヘッドスピードが時速300kmを越えると日本刀に変形します。
物理的な説明を期待してはいけない。



同じく『家庭教師ヒットマンREBORN!』山本武の時雨金時。
普段は何の変哲もない竹刀ですが、「時雨蒼燕流」の構えで抜刀すると真剣に変形します。
物理的な説明を期待してはいけないってば。



同じく『家庭教師ヒットマンREBORN!』沢田綱吉のX(イクス)グローブ。
普段はほかほかの毛糸の手袋ですが、ツナが「死ぬ気モード」になるとかっこいいグローブになります。
最近は装着シーンが省略されてるので、いきなり変身したように見える。


組み立て式

いくつかのパーツに分解でき、持ち運びに便利ですが、組み立てるのがめんどくさそうな上に戦闘に遅れをとりそうな収納方法。
でも作中ではほとんど自動ってくらいの速さで組み立ってるので心配無用…と思います。



『うしおととら』引狭キリオのエレザールの鎌。
普段は刃の部分とロッドがいくつかに分かれてカバンの中に入ってます。
組み立て超スピーディー。



『家庭教師ヒットマンREBORN!』六道骸(&クローム髑髏)の三叉槍。
これも普段はいくつかのパーツに分かれてカバンの中とかに入ってます。
鎌とか槍は刃+ロッドしかないから分解しやすいのかも。組み立て式の刀剣とかピンときませんもんね。


人体解放形式

使う人の意思によって武器化する人体の一部。普段は普通に自分の体なので「持ち運ぶ」必要すらなく便利。
人体の一部が武器になる設定はかなり多いですね。特に腕。ミギーとかアレンのイノセンスとか。ルフィもこの系統。



『地獄先生ぬ?べ?』鵺野鳴介の鬼の手。
失くした左手に鬼を封印している。
このシーンの前に「左手がない!」ってシーンがあるから、鬼の手は自分の意思で手袋の下から出したり出さなかったりできるらしい。



『ARMS』のアームズ。
人体に移植されたナノマシン(厳密には金属生命体の細胞)の集合体。
普段は何の変哲もない手足に見えます。

しかし、この「人体が武器」系は「制御できねえ…!?」みたいな暴走シーンが多くないか。


どこから

「直前まで何も持ってなかったのにいきなり武器を出した」系。
日常と非日常(戦闘)が織り交ぜになってるような舞台設定に多い気が。



『家庭教師ヒットマンREBORN!』雲雀恭弥のトンファー。
なんかいきなり出てくる。前コマでは何も持ってないのに。

普段は短く折り畳まれ、戦闘になると一瞬で伸びるようになっている。
(Wikipedia)

えー。



同じく『家庭教師ヒットマンREBORN!』S.スクアーロの剣。
やっぱりいきなり出てくる。
しかもこの剣士、剣握るんじゃなくて包帯のようなもので左手に剣くくりつけて戦うから余計謎。いつ装着してるんだ。どこに持ってたんだ。



『こどものおもちゃ』倉田紗南のピコハン。
典型的ハンマースペースです。いつも突然出すアレ。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。