裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

地獄先生ぬーべー

Category:少年ジャンプ系

photo
地獄先生ぬーべー(ジャンプコミックス)
原作:真倉翔 漫画:岡野剛
全31巻
集英社

地獄先生ぬーべー 2 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 3 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 4 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 5 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 6 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 7 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 8 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 9 (ジャンプ・コミックス) 地獄先生ぬーべー 10 (ジャンプ・コミックス)


この世には 目には見えない闇の住人たちがいる
奴らは時として牙をむき 君達を襲ってくる
彼は…そんな奴らから君達を守るため
地獄の底からやってきた──
正義の使者
──なのかもしれない……

(来宮良子の声で)


※(なんか並ダッシュが文字化けするので「ぬーべー」と表記させていただきます)
リアルタイムで読んでましたぬーべー。アニメも観てました。
ぬーべーの何が良いって、実は妖怪・幽霊以外の超常現象・不思議現象ネタも多数扱ってるところですよ。
偶然の女神とか聖痕とか人体発火現象とかオーパーツとか。ヒエロニムスマシンまで出してきたあたりは評価したい。

フーチとかアカシックレコードとか不老不死の呼吸とか、そういう不思議なのも好きなので、かなり楽しく読めました(「馬の呼吸」とか「ウサギの呼吸」とか実戦してみたのは私だけじゃないはず)。

基本1話完結型だし、とにかく思ったよりネタの幅が広くて、恐怖ありギャグありバトルありラブコメあり教育あり博学あり、小学校が舞台ってのが無茶としか思えないお色気あり…と要素盛りだくさんです。
オマケの妖怪解説コーナーも面白い。

今ジャンプ(のうしろの方)でやってる『保健室の死神』はぬーべーからの系譜だと思う。


登場人物

当時のマンガにしてはかなりキャラ作りに重きを置いてたと思う。
女の子キャラの体形の違いも描けてるし。萌え絵だし(ちょっと古いが)。
個人的には郷子ちゃんがお気に入り。

鵺野鳴介

主人公。童守小学校5年3組担任の25歳。霊能力者。
昔左手に鬼を封じた「鬼の手」で妖怪を切り裂くことができる。
正義漢。自分の生徒達を守るためなら命すら捨てる。
万年貧乏でスケベ。眉毛がすごい。
タイトルの「地獄先生」という肩書きのせいでこいつが妖怪なんだと思ってた。

稲葉郷子

男勝りで暴力女だけどモラルを守る常識人。
ツインテール。ぬーべーとは前世からの付き合いだった。
美樹に比べて胸のないのをバカにされることが多いが、小5という年齢を考えれば普通だ。

細川美樹

おしゃべりでわがままで虚栄心が強く、好奇心旺盛。郷子の親友。
当時珍しかった女の子のトラブルメーカーキャラ。
おかっぱカチューシャ。小5にして巨乳。黙ってれば美少女。

立野広

第一話で転入してきたサッカー少年。郷子といいかんじ。
スポーツ万能だが、あり得ないバカ。

ゆきめ

幼い頃ぬーべーに命を助けられた雪女。
ぬーべーに一途な押しかけ女房系美少女。

玉藻京介

ぬーべーとは正反対のクールな長髪美形。医者。
正体は狐の妖怪「妖狐」。ぬーべーと戦ううちに人間の「愛」について興味を持ち始め、なんやかやで人々を守りぬーべーの良きライバルとして活躍する。

高橋律子

ぬーべーの同僚。連載開始当初はメインヒロインだったが、ゆきめの登場によりヒロイン世代交代されてしまったという可哀想な童守小のマドンナ。
巨乳。すごい黒目がち。


この話が怖かった!

((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
小学生には怖すぎました。いろいろ。


トイレの花子さん

日本人で知らない人はいないんじゃないかというほど有名な「トイレの花子さん」の話です。
私の小学校でも大いに猛威を振るい、一人でトイレに行けない小学生を大量生産しました。
なんでトイレって怪談生まれやすいんだろう(ってことも「ぬーべー先生の妖怪大百科」に書いてありますが)。
この話では、もう花子さんは成仏した。めでたしめでたしと思って、
うっかりページをめくってギャー!となった読者多数と思われます。めっさビビッた。
それをすっかり忘れてアニメでも再び死ぬほどビビらされました…。バカだ…。


五人目は誰だ!?

幽霊をおびき出すために体育倉庫でスクエア(4人で角から角へ回るやつ)をする話。
この話は本編より「危険ですので決して真似しないで下さい」という注意書きが怖かった。


赤いチャンチャンコ

赤いチャンチャンコが夜中に郷子の顔を覗きに来るとこが怖い!
そして「みんないるのに誰も起きない」という絶望!
見開きの顔はもー絶対見ない…!
あなたの学校に彼女の話はありますか
もちろんありましたとも。理科準備室にいたらしい。


百物語

郷子・広・美樹の話す怪談が何気に超怖い。
特に郷子の「成長する市松人形」の話は何度夢に見たことか。
人形ネタは怖いよう。


異次元の落とし穴

次元の裂け目の話。
防げなそうなかんじが怖い。

いきなり異次元に飲み込まれて裏返しになるのは嫌だねぇ…。


寄生虫

ぶっちゃけどの話よりもこの話が怖い…!(怖さの種類が違う)
広の体内から虫がドバー出てくるシーンとかもう絶対直視できない。無理。
「これが寄生虫か・・・妖怪以上だ…二度とお目にかかりたくないな…」
まったくです。


ブキミちゃん

当時の私を恐怖のズンドコに陥れたのがこのブキミちゃん。
「夢の中に出てくる」みたいな防ぎようのないのはマジ勘弁…!
当時わりと本気で道順暗記しようとしてましたよ。
この話では記憶力の悪い広が道順覚えられなかったせいで大ピンチになるわけですが、でもね郷子ちゃん、「バカ」と「暗記できない」は別物だと思うの。

まず赤・白・黄の門があるから赤い門をくぐって次に四つのとびらがあって左から二番目に入る。中には五つの窓があって右から四番目から出る。出たところにあがる階段があってそれをあがると六つ降りる階段があるから右から三番目の階段を…
って、覚えられるか!


メリーさん

だから人形ネタは怖いんだってば…。

都市伝説「メリーさんの電話」ではメリーさんはお人形の名前なんですね。
どっちが先なんだろう。


お気に入りエピソード

個人的に好きな話。妖怪ものが少ないな。


「A」がきた!

「A」という者の存在を、日本中の大人はみんな知ってるけど、子供が怯えないように内緒にしている…という設定がナイスだった。なんか本当に大人の世界にはそういう警報とかありそうで。
犯人が妖怪じゃなくてれっきとした人間(の殺人鬼)っていうのもリアルでいいですね。

「これは子供が知ってはならない大人だけの秘密だったんだ」
ちなみに「A」とは「怪人赤マント」のことらしいです。元は床屋さんだったっていうアレですね。
しかし美樹・郷子・広は大怪我してるのにえらいピンピンしてるなぁ(美樹が一番やばい)。


ダイダラボッチ

何となくダイダラボッチ好き。

町並みが変わってるのに誰も気づかないのが不思議で好きだったなー。
「ツバメ!」「ギクッ」って子供の読者にはわからないギャグが…。


赤白帽

頭の皮ズル剥け幽霊の話。
教師としての強さを見せたリツコ先生がかっこよかった。
「あなたがこんな霊になったのは 私達教師の責任よ」
ゆきめよりリツコ先生の方が好きだなー。大人だし。


まくらがえし

この話は地味に名作だと思います。
妖怪まくらがえしによってパラレルワールドの未来に飛ばされた郷子ちゃんの話。
「帰して!! 楽しかったあのぬーべークラスの日々に!」

パラレルワールドでも助けてくれるぬーべー。頼りがいありすぎ。
しかしこの「全身麻痺になったぬーべー」の姿は子供心にショックだったなぁ…。
そんなぬーべーをお世話して「少し幸せ」とか言ってるリツコ先生もな…。


オーパーツ発見!

超古代文明の話。ほんとネタ豊富だなー。
この話で初めて「オーパーツ」を知りました。

広が発見した謎のオーパーツは古代のポケベルだった!
ポケベル&広末涼子か…。時代を感じるな。


身代わり地蔵

郷子ちゃんの優しさに萌え。
それだけです。はい。



photo
地獄先生ぬーべー(集英社文庫)
原作:真倉翔 漫画:岡野剛
全20巻
集英社

地獄先生ぬーべー 2 (集英社文庫―コミック版 (お60-2)) 地獄先生ぬーべー 3 (集英社文庫―コミック版 (お60-3)) 地獄先生ぬーべー 4 (集英社文庫―コミック版 (お60-4)) 地獄先生ぬーべー 5 (集英社文庫―コミック版 (お60-5)) 地獄先生ぬーべー 6 (集英社文庫―コミック版 (お60-6)) 地獄先生ぬーべー 7 (集英社文庫―コミック版 (お60-7)) 地獄先生ぬーべー 8 (集英社文庫―コミック版 (お60-8)) 地獄先生ぬーべー 9 (集英社文庫―コミック版 (お60-9))

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.