裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラプンツェル・ラプンツェル

Category:山岸凉子

ラプンツェル・ラプンツェル
1974年

ティンカー・ベル(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
シュリンクス・パーン(ロマンコミック自選全集)』(主婦の友社)
山岸凉子作品集〈8〉傑作集2 ティンカー・ベル』(白泉社)
山岸凉子全集〈29〉ダフネー(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈11〉妖精王1』(潮出版)
に収録。



「マ ママン あたしはみにくいの?」
「そうよミケティ 外にでたらころされるわ」

植物学者のオクターヴは、塔の中に住む美しい少女ミケティと出会う。
ミケティは母親に「おまえは醜い」と言われ続けながら育てられていた。


山岸先生初期の親子愛憎もの。
初期なのでまだ絵は少女マンガしてますが、母親が娘に「おまえは醜い」という暗示をかけ続け、小さい頃から塔の中に監禁して育てる…というダークな設定はさすが山岸先生です。

「おまえをかわいいというのはママンだけよ。
おまえを愛しているから
ママンだけがおまえをかわいいといってだきしめてあげるのよ。
ほかのだれもおまえをだきしめてくれないのよ」


自分が世界で一番醜いと信じ込んでいるミケティ(ラプンツェル)の元にオクターヴ(王子さま)が現れ、「きみは本当は誰よりも美しいんだよ」と言って暗示を解いてくれるという比較的単純なストーリーながら、
昔、自分の婚約者を奪った美しい妹とミケティ(本当はその妹の娘)を重ね合わせ、「憎くてかわいい…あたしだけのミケティ」と愛憎入り混じった感情をぶつける母親の死に様はなかなかです。

美しすぎることは もっとも幸福になるか
もっとも不幸になるかの どちらかなのだから
あたしはそのどちらも おまえにのぞみはしない!
幸福になること…も!


オクターヴは「どこの世界に自分の子を醜いと言って育てる母親があるもんか。ミケティは妹さんの子なのですね」と言ってますが、今の山岸先生だったら産みの母親でも平気で描くと思います。
白雪姫の母親だって原話では実の母だし。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。