裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛天使

Category:山岸凉子

愛天使(セラピム)
1977年

セイレーン(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈9〉傑作集3 黒のヘレネー』(白泉社)
山岸凉子全集〈30〉愛天使(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈8〉二日月』(潮出版社)
に収録。



「ぼく 天使しってるよ。あの池に住んでるんだよ。
夜になるとお星さまがキラキラ光る中をとんでくるんだよ」


大学へ通うため(という名目で)、母を捨てた父の新しい家庭に住み込むことにした水穂
水穂はその家の庭で、何故か離れに一人住む優樹という少年と出会う。


6歳の時から心を閉ざし、ものを見ようとも聞こうともしないがために天使のように邪気のない魂を持つ優樹。ひょんなことから優樹と会話ができるようになった水穂は、優樹の目に日常的に「天使」が見えていることに驚くのでした。

「なにに手をふってるの?」

「天使だよ。ほらあの窓の中に」

優樹の天使みたいな笑顔がカワイイ。同じ天使でも『幻想曲』の「気の狂った天使様」とはえらい違いです。
自分には心を開かずに水穂に抱きつく優樹を覗き見る奥様(優樹の母)の顔は般若のようですよ…。

「お医者さまがね こういうの。
母親の愛がたりない! 母親の不安定な精神が子供に反映するのだ! ……と。
あたしは優樹も広樹も緑もわけへだてなく愛したつもりよ。
下の方はふつうに育ったわ。なぜあの子だけが!
どうやったら……どうして愛してやったらいいのかわからなくなって……
それであの子のことは忘れたいと思うようになったのよ」


この奥様をただの悪役に終わらせず、心を病んだ子を持つ母の苦しみをちゃんと描いているあたり、さすが山岸先生です。

どうでもいいけど「愛天使」で検索すると「愛天使伝説ウェディングピーチ」ばっかり出てくる…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。