裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹宮惠子のマンガ教室

Category:マンガ・創作関係

photo
竹宮恵子のマンガ教室
竹宮恵子
筑摩書房


「マンガ教室」というタイトルではありますが、全っ然入門書レベルの内容ではないので注意!
この本は「それなりにマンガを描けてる人が、もう少し上を目指すための技術本」と思った方がいいです。
服のシワの描き方や老若男女の指の描き分け、演出、人称の変え方など、かなり専門的な内容。でも対談形式と挿し絵で書かれていて読みやすいです。

ずっとマンガ家として活躍してる竹宮先生の「マンガ」のあれこれに対する考えはほんとに面白くて、構図・ポーズ・コマ割り論なんか、そこまで気にするのか!という細かさにビックリ。絵うめー。

竹宮先生が過去の作品内で描いた「浴衣を着てあぐらをかく男」の絵が時系列に並んだページがあるのですが、だんだん上達していくのがわかって面白いです。着物着た人って描くの難しいのよね…。

構図の話も、「地球の丸みを意識して一点透視の背景を描く」とか、なんかすごいです。考えたこともなかった…!
「絵に法則はない。感覚で描くんだっ!!」

あと、自分が生み出したキャラクターを竹宮先生が語る「キャラクター・アドバイス」があります。
その「変人キャラの巻」に颯爽と3段ブチ抜きで登場する『風と木の詩』のジルベール。
「ジルベールをすきなあなた! はっきしいってあなたは変人(態)だ!」
何でですかー。ジルベール超可愛いじゃないですかー。
というか、ジルベールとかオーギュとか、あのへんのキャラを竹宮先生がちゃんと「毒気の強いキャラ」として認識してたことに驚いた。あの時代の耽美マンガはあれで普通だと思ってたよ。

「キモチ悪かろーがかきたくなかろーが
これはゼッタイよくわかる!と思う性格描写なら やるべきです


ジルベールといえば、『風と木の詩』に出てくる妙に生々しいお花(よくジルベールの下半身にからまってるよーなやつ)に「毒花」という名前がついてて笑っちゃいました。そうか毒なのかあの花は…w

さらに「24年組」「JUNE」についても語る語る竹宮先生。えっ、24年組って自分たちで言い始めた言葉だったんですか?
竹宮先生が自分の作品や他のマンガ家さんの作品を例に出して語るところもたくさんあって面白いです。大島弓子作品の人称は確かに独特だ。あと、新人マンガ家の原稿にツッコミを入れまくるコーナーが好き。
マンガ家のマンガ論ってほんとに勉強になることが多いです(レベル高いけど)。
だからもうマンガ家さんは一人一冊マンガ教本を執筆すればいいと思うよ。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。