裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

雨の訪問者

Category:山岸凉子

雨の訪問者
1979年

ハーピー(サンコミックス)』(朝日ソノラマ)
山岸凉子作品集〈11〉傑作集5 篭の中の鳥』(白泉社)
山岸凉子全集〈24〉パニュキス(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
白眼子(希望コミックス)』(潮出版社)
イシス(潮漫画文庫)』(潮出版社)
に収録。



独身貴族の久仁子のアパートに、ある日突然ベルと名乗る小さな女の子が現れた。
まるで昔から一緒に暮らしていたかのように親しげに振る舞うベルを、久仁子は不思議に思うが…。


山岸作品の中でも数少ない、最初から最後までほのぼの系のお話。恐怖ものだらけの単行本に収録されてたりすると清涼剤的役割をする作品です(笑)。
山岸先生の描く細かい生活シーンが妙に好きなんです。ストロベリージャムの入ってるスコッチパイとか四角い目玉焼きとか!

お花屋さんで買ったきれいな薔薇を飾って、好きなお料理を作って食べたあとにゆっくり本を読む…という羨ましい暮らしをしている独り者の久仁子さん。
そんな静かな生活も、いきなり現れた女の子・ベルにぶち壊されます。

「あの ベルちゃん 一体あなたどこから」
「いやだあ おばちゃん。
あたしずっといっしょに住んでいたじゃないの」


「あの子頭がおかしいのとちがうかしら」とか思いつつもベルのハンバーグだけお子さまランチっぽく仕上げてあげる久仁子さんはいい人。
最後の「そういうことだったの!」にはいや、どういうことだよ!とツッコミ入れましたw
久仁子さんには未来予見の能力でもあるんでしょうか。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.