裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

進撃の巨人

Category:少年マガジン系

photo
進撃の巨人(少年マガジンKC)
諫山創
別冊少年マガジン

進撃の巨人(2) (少年マガジンコミックス) 進撃の巨人(3) (少年マガジンコミックス) 進撃の巨人(4) (少年マガジンコミックス)


なんか最近話題の作品、読んでみました。今月号のダ・ヴィンチのブックオブザイヤーコミック編でも6人中3人が挙げてましたね。
こないだ発売の3巻まで読んでみた感想は、「面白いけど、期待してたほどでは…」というところ。

でも、この作品は「巨人VS人類」という今時珍しい荒唐無稽な設定が素晴らしいです。
例えるなら人食いゴジラが何十匹も闊歩する世界で、ゴジラ避けの壁の中でひっそり暮らす人類ってかんじ。
ここ最近特殊能力だとか頭脳バトルものばかりを読んでた私に「そういえば大きいって凄いことなんだよなぁ」と思い出させてくれます。
「人間は『取って食う』ことばかり考えていて『取って食われる』怖さを忘れている」と言ったのはとりのなん子ですが、その「でかくて怖いモノに食われる」という人間の原始的恐怖に訴えかけてくる敵の設定が、この作品の評価すべきポイントなんだと思います。
バカでかい巨人と戦うために「立体機動装置」というガス噴射装置で高く速く飛び上がって戦うというのも現実的路線でナイスです。ガスが切れるとただの人。いつの間にか舞空術を会得するとかはナシの方向で。


巨人。人間を餌として食べます。

怖!
知性があるのかないのかわからないとこも怖い。
人間の建物なんかドールハウス状態です。窓から覗いたり手とか突っ込んできたりします。夢に見そう。

こういう特撮の巨大怪獣ものをイメージさせるような少年マンガって、そういえばあんまりないなあ。
高さ50mの壁の上から顔を出す巨人とか怖すぎる。


そして、巨人避けの壁も超大型巨人(何じゃそら)によって破壊され、どんどん活動領域が狭まっていく人類。どうなる人類。そして巨人とは一体何なのか? 多分そういうお話。




主人公は巨人に母親を食い殺され、巨人を倒すための兵団に入ったエレンくん(男)。

…なんですが、その幼馴染みのミカサちゃんの方がどうにもキャラが立ってるので、いまいち目立ってない印象。がんばってください。
エレンくんは序盤でいきなり巨人に食われましたが、なぜか正義のイケメン巨人となって復活。(゚д゚ )エー
3巻では、その正義の巨人…エレンゲリオンでいいや。通称エレンゲリオンに自主的に変身してみんなを守ろうぜ!みたいな展開になってました。(゚д゚ ) エエー

せっかく今まで「立体機動術」とか「体重移動装備」とかリアル路線で戦ってきたのに、急に「虚を倒すために自ら虚化する一護」みたいになっちゃったなあ、というのが正直な感想。
なんか私の思ってた「獣のような巨人に、人類が人類なりの地道なやり方で迎え撃つ」という構図が早くも崩れてきてるんですが…。
これはこれで「現代版ウルトラマン」としての面白さが出てきた、と言えなくもないのかなあ…。でもなるべく超人的な力を身につけないでコツコツ反撃して欲しいなあ…。まあ、まだ3巻なので様子を見ます。


いまいち影の薄い主人公に比べて、ヒロインのミカサちゃんは強くて可愛くて冷酷でおまけにポーカーフェイスっ娘でけっこうお気に入り。言語力がいまいちなとことか好き。

昔自分を助けてくれたエレンを守ることに執着してるクールな女の子です。エレンより強い。
わりと最初の方でエレンが巨人に食われちゃって、しばらくミカサ一人で活躍してたので、エレンの復讐を胸に戦うミカサが繰り上げ主人公になっちゃうのかとけっこう本気で思いました。


エレン達の兵団には他にもキャラが出てくるんですが、その中でも私のお気に入りはサシャちゃん。

超食いしん坊。

このシリアスなマンガのシリアスな戦いの中でも立派なお間抜け要員として活躍し、
巨人の弱点をうしろから斬ることに失敗して
「後ろから…突然…た…大変…失礼…しました…」とか謝っちゃう始末。ダメダメで可愛いです。


「うう…… 巨人に…屈服してしまった」

カワイイ。しかも何気に敬語キャラなんですよこの娘。
仮にも兵士なのに危機的状況にビビって「お腹痛いんで負傷者にしてもらっていいですか!?」とかダメっぷりが目立ちますが、なんかすごく愛嬌があって好きです。暗い場面の多いこの作品の清涼剤的存在ですね。
しばらくはこのサシャを楽しみに読んでいこうと思います。

あ、あと特別編のリヴァイ兵士長がかっこいいので、そのへんも楽しみにしてます。この人主人公でよかったのにな。がんばれエレン。


ところでこのマンガといえば「絵が下手」。顔はさておき、全身の描き方が…。
弟に貸したら「なんか動きがギャグマンガ日和っぽくね?」って言ってました。だいたいそんなかんじ。


でもその下手さが逆に巨人の不気味さを上手く表せている。ような気がする。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.