裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

鬼子母神

Category:山岸凉子

鬼子母神
1993年

黒鳥 ブラック・スワン(白泉社レディースコミック)』(白泉社)
黒鳥 ブラック・スワン(白泉社文庫)』(白泉社)
山岸凉子スペシャルセレクション〈9〉鬼子母神』(潮出版社)
に収録。



愛という名で飲み込まれた子供は 自分の真の姿にいつ気がつくのだろうか

ごく平凡な家庭に生まれた瑞季。しかし瑞季は「悪魔」で、双子のは「王子様」だった。
さらに、は「菩薩様」で、は「表札」だった。


この話はすごい好きです! お気に入り山岸作品のトップ10に入る。
生まれながらの「悪魔」である瑞季が「菩薩様」に叱られる「王子様」の汗を袋に集めたり、「表札」がゴルフに行ったりと、一見シュールなギャグのような絵面ですが、描かれるのはそれは歪んだ家庭。
瑞季の目だけに見えるメルヒェンな家族像を通して描かれる母と兄(名前出てこない)、母と父、そして母と瑞季…。この描き方はほんとにすごい。

「菩薩様」に溺愛される兄はピッカピカの「王子様」。「菩薩様の裏の顔」に睨まれる瑞季は「悪魔」。兄との愛され方の違いに少々グレてしまった瑞季ですが、ママの王子様であろうと過剰に頑張る兄より絶対マシ。この作品で一番可哀想なのは多分お兄さんだなあ…。

「気を抜いてはだめよ。良い大学へ行けないとパパのように苦労しますよ」
「ちょっと調子が悪かっただけだよ」
「わかってるわ。これがお兄ちゃんの本来の力じゃないことぐらい」

「お兄ちゃんは几帳面なのに あんたは女の子のくせにだらしなくて ママ恥ずかしいわ」


テーマのわりにこの作品がスッキリ読めるのは、主人公・瑞季が最後まで母と兄に飲まれなかったからでしょう。
家ではダメ人間のように言われてても、学校では面白い奴として人気者だし、兄と比べて学力はないけど勉強はそこそこ要領よくて友達も多くてお笑い担当! この娘のおかげでこの作品は鬱々とした雰囲気にならずに済んでます。
途中から母の叱責にも開き直りだして、不良化しちゃったりして良いキャラ。山岸作品の主人公の中でもかなり好きです。普通にいい子なのに母と兄の瑞季の扱いひどすぎ。
母と兄に女としての自信をさんざん折られて可哀想でしたが、モヤシくん(名前出てこない)と出会ってその呪縛からも解放されたし、瑞季はほんとうまく家から出られたと思います。早めに家に見切りつけてよかったね!

不倫する夫に失望した母が、夫に代わって期待したものは息子でした。
母に溺愛され、甘やかされ、尽くされた「王子様」は、途中までは順風満帆の優等生でしたが、偏差値高すぎる高校に入った途端沈没し、家庭内暴力と酒に走っています。
一方、家を出て舞台女優として活躍する瑞季は、大人になった今ようやく気づくのでした。

夫に失望した母には それにかわるものが必要だった
それが兄だったのだ
失望が大きければ大きい分だけ 兄に対する期待は膨らんだに違いない
それゆえ兄は生まれながらにして王子だったのだ
弱さを認められず 負けることを許されない立派な王子(おとこ)!


悪魔も王子様も、母の目に映った姿だった。瑞季は最初から「悪魔」として見られていたおかげで、母の裏の顔に気づくことができた。
「王子様」として母の期待に応え続けて壊れた兄。酒浸りの王子様にまだ尽くす母…。やっぱり兄が一番可哀想だなあ…。自分より遥かにまともな生活をしてる瑞季を「不肖の妹」呼ばわりするあたり、未だに王子様健在だし。

瑞季の父への批判は、山岸作品に何度となく出てくる「男」への苦言。
妻に自分の母親がわりをおしかぶせ
永遠に子供のままで父親になれない姿がここにある


ここに出てくる「妻とセックスなんて近親相姦のようでゾッとする」と言った「某作家」が誰だかわかんないんですが。
瑞季はあんな歪んだ家庭の中にあっても唯一、いろいろな真実に気づいて自立した大人になれたんだなあと思うと、ほんとに瑞季よかったねとしか。しかし母と兄は将来どうなるのかな…。共依存してるよな…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.