裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

メディア

Category:山岸凉子

メディア
1997年

押し入れ(AmieKC)』(講談社)
押し入れ(KCデラックス)』(講談社)※上の復刻版ですが、エッセイマンガ「マイブーム」はなぜか収録されてません。
に収録。



「日本の子殺しは 女が母親役にしがみついた時おこるのです」

有村ひとみはバイトに就職活動に忙しい短大2年生。
夫に不倫されている母親はひとみを溺愛し、ひたすら尽くそうとする。
そんな家から自立しようと努力するひとみだが、母親の溺愛が悲劇を招く。


すごく怖い話です。読後感の悪さはかなりのもの。
夫に捨てられた代わりに、娘にどこまでも執拗にすがりつく母親…。この母親の容姿が普通の中年太りのおばさんなのが逆に怖いのです。ひとみの夢の中で人面魚(シーマン!?)になってるシーンとか、山岸作品の中でも屈指の気持ち悪さ!

「お母さん あんたのためなら どんなことでも我慢できるんだから」

自分にベタベタとすがる母を正直疎ましく思いながらも、夫に裏切られた母に冷たくできないひとみ。「お弁当作ってあげる」を断りきれなかった時の暗い表情が印象的でした…。
この母親はお弁当作りも夫と離婚しないのも、ひとみのためとか言っておきながら結局すべて自分のエゴなんだよなぁ。
自分なりに自分の将来を模索し、ひそかに留学の計画を進めていたひとみですが、それが母にばれてしまいます。「2年で帰ってくる」というひとみの言葉に、泣く泣く留学を許してくれた母。
しかし出発の2日前…。

「ごめんね ごめんね。
お母さん ひとみに捨てられるの たえられないの
ごめんね」


血の涙を流す鬼のような顔が怖い!
一生懸命自分の将来を考えてたのに母親のエゴで殺されてしまうひとみが本当に可哀想…。
冒頭でメディアの話を聞いたひとみが「あたしなら我が子を殺さず心変わりした男のほうを殺すなあ」と言っていただけに悲しい。

ところで、母がひとみを刺してしまう場面の描き方はすごいと思います。刺す場面っていうか、刺すまでの経過が。
ひとみが留学してしまうことを知ってすぐに殺してしまう…ではなくて、ひとみの留学を許して、もうあと2日で出発しますってとこで「梅干しなんか持っていかないの?」とか言っておいて次のシーンでいきなり刺すっていう。この緩急のつけ方、山岸先生というお人の恐ろしさを感じました。
『舞姫』の千花ちゃんも、ああなってしまう寸前のシーンではむしろちょっと回復しかけてるように見えたじゃないですか。(まさかあの後ああなるとは思わなかった!)
「死」を実行することを決めた肝心の場面が描かれてない、最悪の事態が起きるまでの間に何があったのか?何を考えていたのか?ってのがよくわからないところが現実っぽくて怖く感じるのだと思います。ほんと山岸先生は死と恐怖を描くのが上手いよ…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.