裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

蜃気楼

Category:山岸凉子

蜃気楼
1990年

パイド・パイパー(ユーコミックスデラックス)』(集英社)
パイド・パイパー(MF文庫)』(メディアファクトリー)
自選作品集 タイムスリップ(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
に収録。



若く美しい愛人を得るというのは やはり男なら1度は見る夢なのだ

昌彦
は結婚して5年目の妻・春枝と一人娘をもつ、ごく普通の会社員。
しかし昌彦には星子という愛人がいた。妻と愛人、どちらにも優しくバランスよく付き合っているつもりの昌彦だったが、その均衡は少しずつ破られていく…。


「不倫する男」がテーマになることが本当にやたらと多い山岸作品ですが、「不倫する男」の目線で描かれたお話は珍しいのではないでしょうか。
穏やかで優しい妻・春枝と安定した家庭をつくり、わがままで子供っぽい星子と男女の関係を楽しむ…タイプの違う二人の女を愛する充実感に満ちた生活を送る昌彦。
家族サービスの合間に愛人サービス、スケジュールを組んで嘘をついて仕事もして…と、えらくハードな昌彦の生活。私が男だったらこうまでして不倫したくはないですが本人が幸せならしょうがない。

このふたつの愛のうち どちらかが欠けても耐えられない
以前よりも仕事は順調だし 気力にも張りがある


昌彦は「今の僕には妻も星子も幸せにする自信がある」という『アリエスの乙女たち』の高志さまのような理想を掲げてますが、星子も春枝も昌彦が思うほど甘い女ではなかった。
昌彦の他に恋人をつくっていた星子はいきなり「自分がやられて厭なことは他人も厭なんだという事わかった?」と、昌彦に対して小学校の先生のお説教のようなことを言い出します。言える立場か!? やっぱり結婚してくれないことを恨んでたんでしょうか。慌てる昌彦。

星子には充分贅沢をさせている 仕事も割りのいい仕事を回している
睡眠時間をさいてまで できる限りの我が儘も聞いてやったじゃないか だからこそ!
だからこそ? い、いや違う 愛しているからだよな


その自分の愛の見返りを期待してるところがエゴなんだよ昌彦…。
スカッとするのは穏やかで貞淑で何も知らないと思われていた妻・春枝が探偵を雇って夫を監視してたところ。包容力のある心優しい女だと思って甘く見ていたな昌彦。
しかし不倫がバレた昌彦の謝罪の言葉もやっぱり無意識のエゴで固まっていて腹立ちますね。ラストの憔悴しきった顔を見るとちょっとザマミロという気分。

「すまない きみを…傷つけるつもりは…」
「傷つける? そういう言い方はやめてください。あなたは自分が傷つくのがいやなのよ。
あなたは自分のエゴが認められない 自分を悪者にしたくないのよね」


不倫していたからといって昌彦が「極悪非道な人間というわけではない、ごく普通の優しい男(ひと)」というところはリアルですね。実際はそんなもんだ。
「だからわたし わからなくなったの。男の人ってなに? 結婚ってなんなの?」
「不倫は男の専売特許」みたいな台詞だけど、山岸先生にはたまには既婚女性の不倫ものも描いてみてほしいです。山岸作品の中に既婚男性の不倫ものは20くらいあるけどその逆ってほぼ見たことないし。
ところで星子の家はなんで寝室の床にいきなりバスタブが埋め込んであるんだろう…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.