裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

パエトーン

Category:山岸凉子

パエトーン
1988年

パエトーン(あすかコミックス)』(角川書店)
自選作品集 ブルー・ロージス(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈6〉夏の寓話』(潮出版社)
に収録。

現在潮出版社のWEBサイトで無料公開中→http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html



全世界を震撼させたチェルノブイリ原発事故。そして、日本にも続々と作られている原子力発電所。その恐ろしさも知らず、人類は制御できない日輪の馬車を駆っている愚かな「パエトーン」と同じなのではないだろうか? 原発への問題提起作品。


チェルノブイリ原発事故の2年後に描かれた作品です。社会派マンガなので進行は山岸先生本人が担当。
「水の豊富な我が国で水力・火力以外の電気が必要なのかしら?」
かねてより疑問を抱いていた山岸先生は、チェルノブイリの事故のあと原発について調べ出します。それに基づいて描かれたこの作品は読み終えるとゾクッとするほど恐ろしいです。特にチェルノブイリ事故の報告がすごい怖い。チェルノブイリも事故が起きる前までは日本と同じく「絶対安全」と言われていたかと思うと…。

この作品が描かれてから23年後、今回の東日本大震災で福島第一原発はあんなことになってしまいました。福島出身の母をもつ私は本当に心が痛みます。
作中に出てくる「実は日本の電力は原発なしでもほぼまかなえている」という話はにわかには信じがたいことでしたが、一部の人のお金儲けのためにあの危険なものがこの狭い日本に次々と作られているかと思うと溜息が出ます…。とても世界で唯一原爆落とされた国とは思えませんよね。
人類は今までにいろんなものを発明し、いろんなものを支配できるようになったけど、原子力を操ろうとするのだけはもう諦めてほしいなぁ…。だって危ないもん。

「みなさんも こんな事考えたりしませんか? たとえば好きな映画やアニメの中での事
核戦争が終わって何もかも失った世界で雄々しく活躍する少年や少女と自分をダブラせたり……とか
それが核戦争なのか原発事故なのかわからないけど 放射能におかされる時代がくるとすればこれからなのよ
ひどい目に遭うのはこれから! わたしでありあなたなのです
核戦争後に生まれるヒーローヒロインに わたし達は決してなれないのです」

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.