裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代名詞の迷宮

Category:佐々木倫子

photo
代名詞の迷宮(花とゆめCOMICS)
佐々木倫子
全1巻
白泉社


忘却シリーズ第3弾(2弾は数年前の大掃除のおり紛失したので感想書けない…)。
タイトルからしてこっちが第一作かと思ってましたが続編だったんですねぇ。


「山田の猫」
「私がタマをもらおうと思ったのは タマをかわいいと思ったからです」
若い男性画家とブサイクな猫と美しくはない少女を巡る謎の縁談物語。この話、勝久くんの特性がほとんど出てきません。
うっかりブサイクな猫をもらってしまったばかりか、日本的美観からいって美しいとはいえない少女を妻に選んで画家としての自分の美意識を否定しまうのか?(こう書くとけっこうヒドイ)
すでに動物を個性豊かに描くことに長けている佐々木先生。タマかわいいです。

この話に出てくる画家の広顕さんはクールだけど主体性が薄く周りに流されやすいという、他の佐々木作品にも出てくるタイプの男性。佐々木倫子と川原泉は草食系男子ブームの遥か以前に草食系男子を作品に登場させてた印象があります。


「代名詞の迷宮」
「するとその人は犬の頭にスリッパをのせた」
勝久はおじいさんのお葬式に出たばかりに、無関係のマフィアの跡目争いに巻き込まれる。
マフィアの娘・薪絵さんがこれまた後の菱沼さんを思わせる「やたらぼーっとした女」。
強面で子供好きな「勝久のおじさん」がお気に入りキャラです。



「風の上 空の下」
ノット忘却シリーズ読み切り。
美術科の大学生・松下くんは鳩沢さんと鬼塚先生が好き。鳩沢さんは松下くんと鬼塚先生が好き。鬼塚先生は二人がきらい。三角関係ともいえなくもないかんじのゆっるいラブコメ(?)と凧上げ物語。
私の思う佐々木作品の長所は「余計な恋愛描写がないとこ」なのですが、この作品とか『エプロン・コンプレックス』みたいな初期のラブコメ入った話でも、女の子がちょっと変人だったり男の子が弱かったりで、普通の少女マンガの恋愛ものとはだいぶ違うのほほん感があるとこが好きです。『動物のお医者さん』のテレビドラマ版なんか二階堂が女好き設定になってたりして、ほんとわかってねえなと思います。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。