裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

鏡よ鏡…

Category:山岸凉子

鏡よ鏡…(旧題:星の運行)
1986年

鏡よ鏡…(ぶ~けコミックス ワイド版)』(集英社)
自選作品集 シュリンクス・パーン(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈7〉常世長鳴鳥』(潮出版)
に収録。



鏡よ鏡 この世で一番美しいのは誰……

14歳のママは美人女優の羽深緋鶴。しかし雪はママに似ても似つかぬニキビ面で「子豚ちゃん」と呼ばれるほど丸々と太ったいじめられっ子だった。
ママのような美人に生まれつかなかった自分に落ち込みつつも、ママを誇りに思っていた雪だったが…。


山岸作品の一ジャンル「母娘」が、恐らく最も濃く描かれた作品。
少年マンガではしばし「父親と息子が敵対する」という構図が出てきますが、女のマンガの世界にも「母と娘はある意味ライバルなのだ」ということをテーマにした作品が昔からあります。代表的なのは一条ゆかりの『デザイナー』あたり? 他の山岸作品だと最近の『ヴィリ』がありますね。
心理学用語でいうとエレクトラ・コンプレックスというらしいです。エディプス・コンプレックスと同じくギリシャ神話由来。同性の親子の対立はギリシャ神話の頃からのテーマなのです。きっと。

7人の恋人にかしずかれる、若く美しいママ。
一方娘の雪は学校ではいじめられ、家ではママにほぼ無視される日々。
自分のルックスを悲観しているわりには、諦めずにしっかりパーマかけてオシャレして「しぐさ美人」まで目指してる雪ちゃんの向上心(?)が好きでした。

ママに「食べ方がまるでブタ」ときっついことを言われ、脂性の父親のことを聞かされた雪は自分は一生みにくいあひるの子のまま終わるのかと絶望しますが、ある日現れた、母の8人目の恋人である紳士は、雪はママにそっくりだと言います(この紳士実はママの昔の恋人なのです)。

「きみもそのうちママのようなすごい美人になれるよ。その気になればね」

しかし紳士と会っていたことがママにばれ、ママ大激怒。
娘に対して初めて真剣にぶつかってきたママは、マシンガンのように毒を吐きます。それは雪が想像もしていなかった「嫉妬」の言葉…。

「おまえが育てば育った分だけ
私はおまえに若さを奪われていくんだ」


ママが あの美しいママが この太って笑い者の私を嫉妬している
というより 私の若さに嫉妬している


緋鶴ママ、絶世の美女で恋人もわんさかいるのにすごい余裕ないです。実の娘に嫉妬する女…。

その後いろいろあって雪は壮絶なダイエットの後、ママのようにスラリとした美少女に変身します。二代にわたってロリコン紳士にプロデュースされる親子。
そして最後ではなんと雪ちゃんはアイドル歌手としてデビューしてしまいます。ええー。
正直せっかく凄味のあるエレクトラコンプレックス物語だったのに、最後の最後でなんか安っぽい印象になったなーと思ってしまった。
まあでも「美人女優」の母のライバルとしては打倒なポジションですよね。アイドル。この二人、テレビ局の廊下とかですれ違ったら乱闘騒ぎになりそうだ(笑)
ていうか紳士のプロデュース能力半端ないな…!

このお話は『白雪姫』が題材となってますが、「民話を題材としたフィクション」というにはあまりにもそのままというか、元ネタの白雪姫もこの『鏡よ鏡…』も話の根本は変わってないと思います。白雪姫も「実娘に嫉妬する母」という要素は元からあったし、白雪姫やシンデレラで母親が娘に殺されるのは女神の世代交代を表すものか、という説もあるくらいですから(シンデレラはシンデレラが実母を殺すパターンもあるんです)。
母と娘の世代交代って椎名林檎の「歌舞伎町の女王」を思い出すなぁ。

この作品でちょっと疑問なのは「神秘的なまでに美しいママ」である羽深緋鶴さんが絵では何故かそれほどの美女に見えないってとこですかね…。『鬼来迎』の奥様か『八百比丘尼』の人魚レベルの美人さんに描いてあげればいいのに、なんでこんなにオカマ顔なんだろう…。 

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.