裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

わたしの人形は良い人形

Category:山岸凉子

わたしの人形は良い人形
1986年

わたしの人形は良い人形(あすかコミックス)』(白泉社)
自選作品集 わたしの人形は良い人形(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈1〉わたしの人形は良い人形』(潮出版社)
に収録。



「このお人形あげましょう。
初子ちゃんだって一人で逝くのはさびしいもの」


昭和21年。初子という少女が事故で死んだ。葬儀では副葬品として立派な市松人形が添えられたが、どういうわけかその人形は初子と一緒に焼かれないまま箪笥に仕舞われてしまった。
それ以来、人形は女の子の死体を求めるようになる…。


山岸作品の中でも特に一般に認知されている市松人形ホラー作品であり、人形系ホラーマンガの中でも有名な作品。
すごい怖いです。小さい頃からお人形好きで、怖いと言われがちな市松人形をも愛でられるくらいの愛を持つ私でも怖いです。特に人形が棚から飛びかかってくるとこなんか二度と直視できない。

きっと戦後まもなくの貧しい日本で、初子ちゃんの母と祖母はせっかくもらった立派な人形を焼いてしまうのが惜しくなったのでしょうね。
人形と一緒に天国へ行くはずだった初子(死亡)、人形の元々の持ち主だった千恵子(初子に呼ばれて死亡)、初子の妹でやはり人形を欲しがっていた姿子(生存)。美しい人形に魅せられた三人の少女…。
現在の感覚で考えると「小さな女の子が怨念で人殺すほど市松人形を欲しがる」というのはピンとこないかも知れませんが、当時の女子にとっては市松人形なんて欲しくてしょうがない高級なおもちゃだったのですよ(多分)。今でいうとブライス衣装付き、もしくは人形好きにとってのスーパードルフィーくらい?(昔は「市松人形って怖い」という概念はまだ浸透してませんでした)
そんな素敵なものを母からもらったのに、すぐに友達の副葬品として取り上げられた千恵子ちゃん。副葬品としてもらえるはずだったのに、一緒に焼いてもらえなかった初子ちゃん。
数十年後、大人になった姿子の娘・陽子が人形を見つけ出した時、「与えられるはずだった物を与えられなかった子供の怨念」がこもった人形が動き出す…。

子供がいる! どうして!?

このシーンを見て以来「棚の上」に人形を置くのをやめた私です。
最初の方では普通の可愛い女の子だった初子ちゃんと千恵子ちゃんが死後、怨霊として人々を恐怖させる存在になってしまっているのがなんか悲しいです。
姿子ママがなんか妙に強運なキャラで、そこがちょっとホッとするんですが、何の関係もないのに人形に追いかけ回される陽子はかわいそう。
あと、陽子から頼りにされる同級生・武内陽(みなみ)くんという霊能力者の存在も恐怖を和らげてくれます。こういう解決担当の人が出てくると多少怖くなくなる。
この陽くん、クールでハンサムなキャラなのに雨の日はナチュラルにズボンをロールアップしてる姿に笑いました。

「なんの理由かはわからないが あの人形は死者とともに葬られなかった。
そのままきみの家に残っている。二人の女の子の執着を背負ったまま」


「襲う人形」を供養のつもりで焼いたら「襲う焼けただれた人形」になって怖さ倍増リニューアルの後半。
陽子も言ってたけど、人形に取り憑いてる初子ちゃんは血の上では陽子の伯母さんなんだよなぁ…。身内の絆が死んだ子供の物欲に負ける、というのも何だかホラーとは別の恐怖を感じます。初子の両親なんて初子に殺されてるよ…。

ラストは私の好きな「まだ恐怖は終わってない」タイプの終わり方。倉敷さんは女の子でなくて女です。
人形を焼いたあとの陽子の「良かったあたし 陽さんに会えて」とか「そうね秘密よね 二人の……」とかのモノローグの場面で終わってたらどんなによかったことか…。
とか言いつつもやっぱり怪談はアンハッピーエンドで終わる方が好き。最後の「コト」が怖い!

とにかく人形が怖くなってしまうマンガなので、読み終えたあとは須藤真澄の『振袖いちま』か内田善美の『草迷宮・草空間』でも読んで市松人形への恐怖心を緩和したくなります(笑)
(どっちも「生きてる市松人形もの」だけど、可愛いなごみ系ストーリー)



*****
人形といえば、有名な「お菊人形」を見たことがなかったなーと思って、画像検索してみたんですが、どんだけ怖いのかと思ったら…普通にカワイイ。市松人形の中でも可愛らしいタイプのお顔で、個人的にはかなり好みのお人形さんでした。ちょっと拍子抜け。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.