裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化野の…

Category:山岸凉子

化野の…(あだしのの)
1982年

山岸凉子作品集〈11〉傑作集5 篭の中の鳥』(白泉社)
山岸凉子全集〈27〉クリスマス(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈4〉汐の声(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
自選作品集 ブルー・ロージス(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈6〉夏の寓話』(潮出版社)
に収録。



早く家に帰らなくちゃ……

」は会社帰りに道に迷ってしまった。歩けども歩けども知っている道に出ない。
早く家に帰りたいのに、いつまで経っても家に辿り着かない…。


主人公(多分本当はもう死んでる?)が延々彷徨い歩くだけのお話。
知らない道。知らない人。思い出せない自分の家。つじつまの合わない記憶。なんか夢に見そうな雰囲気です。心なしか「病院」と「墓場」のイメージが多い。

いつの間にか墓地に向かっていた主人公と出会った中学生の少女の「お姉さんの行くのはあっちでしょ」という時の目が怖い! 真っ白!

あっちから先は墓地しかないっていってたけれど
あの中学生はあっちからやってきたのよね?


次に出会う、何もないところで拝むおばさんも不気味です。見えない栗饅頭…。
どうしてそんなに赤いリボンをまいてるの。小さな子でもあるまいし滑稽だよ。
ほら 足首にまいてるじゃないか。首にも

この台詞が何を表してるのかいまいちわからないですがとりあえず怖いです。そのあとの「河を渡る」はわかる。

「早くこのストーブの上にのぼって」
「この真っ赤に燃えてるストーブの上に!?」
でなくちゃ向こうに行けないんだよ。みんなのぼったんだよ。そのスリッパにはきかえてね」

「スリッパで石油ストーブの上に登る(越える?)」のが死の儀式ということかな? 成人儀式なら炎の上を飛び越えるとか聞いたことあるけども…。
「燃えさかるだるまストーブ」は『顔の石』にも出てきましたが、あれも死の象徴だったんでしょうか?(今回の感想?マーク多いなぁ…)
 
このお話は同じく死後の女が町を歩く『ある夜に』と似てますが、主人公(達)が自分の死に気づいているかいないかが違う点ですね。
気づかない主人公は無意識のうちに「死」を否定し、いつまでも夜の町を彷徨い続ける…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。