裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し入れ

Category:山岸凉子

押し入れ
1997年

押し入れ(AmieKC)』(講談社)
押し入れ(KCデラックス)』(講談社)※上の復刻
に収録。



山岸先生が美内すずえ先生から聞いた「他人のフンドシ」恐怖話。
なんか押し入れとか箪笥ってむやみに怖いイメージないですか。特に押し入れって、子供の頃閉じ込められた記憶もないのにすごい怖い。

美内先生のアシスタントさんが、同居してるお姉さんと一緒に体験した恐怖とは!?
まずメインの前に不思議な出来事が2点。

1.押し入れの襖がいつの間にかうっすら開いていることがよくあった。
2.仕事から帰ってくると薄暗い部屋の中でコタツが赤く光ってることがよくあった。

日用品関連の怖い話来た! うっすら開いた襖ってなんか怖いよね!
暗闇で赤く光るコタツもいいですね。その部屋の幽霊さん、視覚に訴えてきてますね。
そんなことが何回かあって……
ある晩、姉妹二人で眠っているといきなりお姉さんが飛び起きて叫ぶのです。

「いる! だれかいる。押し入れの中にだれかいる!

夜は家にいないことが多い妹と違って、お姉さんの方は押し入れのおかしさに気づいてました。
「押し入れの隙間から女の人の目が見える」とか怖すぎる…!(これが男の人の目だったら別の意味で怖いけど)
ちなみにオチは「昔その部屋で女の人が殺されて押し入れに死体が入れられていた」という、典型的なものでした(山岸先生も言ってますが)。やっぱあるんだそういう話。

でも「コタツがついていた」ってのは何なんだろう?と読者が思った頃、
「もしかしてその死体を包んでいた布団って コタツ布団だったりして!!」
とか言い出す山岸先生!
本当かどうかはこの話では明らかにはなってませんが、推測が的確すぎ(笑)

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。