裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の素白き花束の…

Category:山岸凉子

星の素白き花束の…(ほしのましろきはなたばの)
1986年

わたしの人形は良い人形(あすかコミックス)』(角川書店)
自選作品集 ブルー・ロージス(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈5〉天人唐草』(潮出版社)
に収録。



「ねえ 聡子姉さんにもパパはあれをしてくれた?」

亡くなった父の愛人の娘(異母妹)を引き取ることにしたイラストレーターの聡子
初めて会う異母妹の夏夜(かや)は中学3年生。
夏夜は聡子のイラストから抜け出てきたような可憐な美少女だったが、異常なほど無口で陰気で偏食、そして男にだけはやたら愛想が良い奇妙な娘だった。


山岸作品に多そうで実はそんなにはない魅惑のロリータ話。
目に入る男全てに媚びを売り、レトルト食品と極度に甘いものしか食べない美少女・夏夜がなんとも不気味。
通りすがりのブ男にも流し目をくれるあたり、筋金入りなかんじがします。
夏夜は何ていうか、見た目は妖精なのに中身は妙に安っぽいというか俗っぽいところがポイントですね。『痴人の愛』のナオミのような。真っ白なレースとフリルの下から仄見える劣悪な臭い…。
その姉の聡子さんが「その少女趣味とは裏腹に、身長170ある大柄な女」というところが泣けます…。

最初は「美しい自慢の妹ができた」と喜んでいた聡子も、やがて妹の奇妙な行動に不安を抱きます。

「パパはあれをあたしだけにしてくれたんだわ。
夏夜はきれいきれいきれいだって!」


…合意の上どころか得意げな近親相姦。本人は嬉しそうだからいいか。
いや、父親のせいで倫理観がおかしくなってるんだからやっぱり可哀想ですね…。

この話の夏夜ちゃんは中学生、同じく「ある日やって来た居候が淫らなロリータだった」というストーリーの『蛇比礼』の虹子ちゃんは小学生なわけですが、この二人の学校生活がすげー気になります。体育とか掃除の時間とか微塵も想像できない(笑)

あ、タイトルはステファヌ・マラルメの詩「あらはれ」から来てるらしいです。

あと思ったこと。絵柄変えたあとの聡子のイラスト、人気出なそう!

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。