裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女椿

Category:丸尾末広

photo
改訂版 少女椿
丸尾末広
青林工芸舎
全1巻


それまで短編ばかり描いてた丸尾末広の初の長編で、代表作。
最初はエログロが受け付けませんでしたが、何度か読むうちにお気に入り作品になりました。
だいぶネタバレ感想です。もっとグロいらしい改訂前も読みたいなー。

雰囲気としては、昭和20~30年代の少女雑誌によくあった「親と生き別れた貧しい女の子が悪い大人に騙されて売られるけど健気に耐えて、最後には幸せをつかむ…」的なアレ。レトロものが好きな人は知ってると思いますが、当時はそういった涙を誘うメロドラマが大人気でした。
この『少女椿』も、その手お涙頂戴的街頭紙芝居を元にしたストーリーに丸尾末広独特の脚色・演出をつけた作品らしいです。昭和の雰囲気の物語に丸尾末広のエログロい演出がマッチしすぎ。


少女椿1


みどり
主人公。12歳。運命に弄ばれる薄幸少女。
花売りをしていたところを見世物小屋のおじさんに騙され芸人にされ、辛酸を舐める。
性格はそんなに良くはない。やたら遠足に執着を持っている。
実は綾波系キャラの源流だが、本人は別に綾波系ではない。
ワンダー正光
瓶の中に入れるという芸を持つ小男(侏儒)。実は幻術師。
みどりと恋仲になるが、徐々に強い独占欲を露わにしていく。
小人ということをバカにされるとすごいキレる。
鞭棄(むちすて)
両手のない徳利児。足でいろいろする芸を持つ。顔に包帯を巻いている。
みどりをいじめたり強姦したりするが、実はみどりが好き。デレた途端死ぬ。
アニメ版では無駄にイケメンボイス。

紅悦(べにえつ)
蛇使いの女。お色気担当。冒頭では鞭棄・赤座と3Pに興じる。
みどりには辛く当たっていたが、最後はみどりを優しく見送った。
フタナリカナブン
火吹きとふたなりを芸とする。ふたなりというよりは単なる女装少年説の方が濃厚。
小屋の親方の色子で、よく眼球を舐められている(丸尾作品に頻出する行為)。
みどりの可愛がっていた子犬を料理するなど陰湿ないじめをするが、最後はみどりを爽やかに見送った。
赤座
剣呑みの芸を持つ大男。
みどりを天井まで放り投げたりしていたが、最後はみどりを旗振って見送った。

…何つーか…皆さんツンデレーション激しいですよね。


薄幸の少女みどりちゃん(12歳)は父が家出し、母は死亡。みなしごになっていたところを見世物小屋のおじさんに騙されて芸人にされてしまいました。
朝晩こき使われ、虐められるわミイラ男に犯されるわ可愛がってた子犬は鍋にされるわでさんざんな毎日を送るみどりちゃん。
この小屋に性格の悪くない芸人はいないのですか?
でもみんなが食べてるうどんを分けてもらえなかった時に、サナダムシの話を始めてみんなの食欲を失せさせるシーンは面白かったです。みどりちゃん、薄幸の少女にしちゃ負けん気強いよねw

各方面で高い人気を持つ包帯男・鞭棄なんですが、みどりちゃんを襲うシーンに挿入されている「毛糸のパンツの歌」がシュールというか何というか。アニメでは挿入歌になってるんですが、マンガ版だと鞭棄がその場で歌ってるようにしか見えないw
(鞭棄の中の人歌唱の「紅い下着」は高橋広樹の「チチをもげ!」と同じ種類の笑いを我々に提供してくれます)
鞭棄は毛糸のパンツフェチということでいいですかね。なんかブルマーとかスク水よりヤバイ雰囲気だ。
「あんたなんか嫌い!! 変な匂いがする!!」
ちょ、みどりちゃんひどいw
「化け物」はいいとして「くさい」系は何気にクリティカルヒットだと思うぞwやめたげて!


そしてみどりちゃんは新入りの小男・ワンダー正光と恋に落ちます。
なんでこんなオッサンと…と思うでしょうが、小屋でみどりちゃんに優しいのは唯一この人だけなのです。紳士なのです。そりゃ今まであんな虐められてたところに優しいおじさんが現れたらコロリといっちゃうよね。
「みどりちゃんかわいいね」
「好きよ」

正直12歳の少女と小さいおっさんのキスシーンは見ててきついものがあるとです…。な、なぜトンボに…。
「結婚してあげてもいいわ ……でもあたしもう処女ぢゃないの」
鞭棄さんには「みどりの初めての相手はワンダー正光ではないッ! この鞭棄だッ!ーッ」とディオ様ばりに勝ち誇って欲しいですね。何となく。(←自ら死期早めてどうする)

ワンダー正光の芸はたちまち大人気。西洋手品と見せかけて実は幻術ですが。
鞭棄のヒラヒラの舞台衣装にちょっと笑った(笑)
ここのシーンの鞭棄の紹介、「カニ男」ってなってるけど、鞭棄って見世物小屋的ジャンルでいうと「徳利児」ですよね? カニ男は指が2本しかない人のことだったはず。あと紅悦も正確には「蛇女」じゃなくて「蛇使い」だと思うし。見世物小屋が舞台のマンガなだけに、そのへんのミスがちょっと残念です。
あと細かいですが「お前」の表記がおまへだったりおまえだったりで統一されてないのも気になります。こんだけ重版されてて直ってないんだからもう直らないんだろうなー。

冒頭でみどりちゃんがやらされてたのは「むしゃりむしゃり」と呼ばれる芸ですね。
少女椿2 少女椿3
綺麗なおべべを着た美少女が顔を血まみれにしながら犬の死体をむしゃりむしゃり食べるだけの、ぶっちゃけ容姿さえ良ければ誰でもできるっていう芸。
みどりちゃんは「血に慣れるためだ」とか言われて豚の内臓を口に入れられて泣いて逃げ回ってますが、実際にはこの芸は犬肉は鶏肉で、血も偽物だったらしいです。みどりちゃん吐き損!?
右の画は『江戸と東京風俗野史』から。江戸時代本ですが見世物小屋の話が多くておすすめです。ベナもオオイタチも載ってる。


ワンダー正光が登場したあとはちょっと明るい雰囲気で楽しいです。なんつーか、アスカ登場後のエヴァみたいな。
最初の方はシクシク泣いてばかりだったみどりちゃんも、ワンダー正光に気に入られて地位が向上してからは元気に大威張り! めかすみどりちゃんが可愛い。
少女椿4
みどりちゃんと鞭棄がケンカするシーンが好きです。
「洗濯はどうした」→「今やろうと思ってたとこよ」。みどりちゃん反抗期。

少女椿5
いつの間にかヒエラルキー上位のワンダー正光に整列させられる芸人たち。可愛いw
みどりちゃんの虫下し発言といい、たまにギャグ入れてきますね。


そしてワンダー正光が来たことによって輝きだすのが
少女椿一の萌えキャラ・鞭棄さんですよ。
少女椿6
謝っちゃった! やだ可愛い!
いや「仲直りしようぜ」も何も、悪いのはほぼあんたですよ。

少女椿7
さらに普通に告白しちゃった! おいおい。
レイプ後に告白とか、鞭棄さんは少コミの読みすぎじゃないでしょうか。
そしてそんな鞭棄と目も合わせず一言もしゃべらず金平糖を食うみどりちゃんは、なんかもう…大人です。
男を惑わす魅惑のマーメイドの目をしてます。

さっきワンダー正光の権威を笠に着て居丈高になってた時はむしろガキっぽかったのに!
ところで、この鞭棄がみどりちゃんに声をかける→告白までの一連の流れで、もう本当に鞭棄が哀れになるほどにマジでびっくりするくらい見事にみどりちゃんが鞭棄をガン無視してるんですよ。
みどりちゃん、なんでそんなに鞭棄に冷たいの?(笑)
小学生に惚れた挙げ句に謝った上で好きだとまで言ったのに、最初から最後までシカトされ続けた鞭棄さんを思うといろいろこみ上げてきます(涙とか笑いとか)。
でも本人はあんまり気にしてないみたいです。めげない。

(みどりは俺のものだ あんな小人野郎に渡してたまるか)
ああ…鞭棄さんが完全にデレ期に…。そんなかませみたいな台詞言うとワンダー正光に殺されちゃうぞ!
とか言ってたら案の定ですよ。やっぱり幻術使いはどこのマンガでも最強ですわ。ワンダーさん殺し方ひどいー。あーあ…。鞭棄お気に入りのキャラだったのでしょんぼりです。
ていうかここのサブタイトル「勧善懲悪覗機関」なんですけど。鞭棄は悪かw

そういえば鞭棄ってみどりちゃんに対する行動から10代くらいの少年なのかな?と思ってたんですが
少女椿8

普通に年いってたー!
32て。リ、リアルだなぁ…! オッサンじゃないですか。いや現代の32歳男性はオッサンだとは思いませんが、昭和13年の32歳はオッサンだよ! ずいぶん大人げない32歳もいたもんだよ!
・なんで普段着学ランやねん
・好きな子いじめていいのは小学生までだ
・ていうかいい年して12歳児に片思いするな
毛糸のパンツに萌えてる場合か
…あんまり死者に鞭打つ(鞭棄だけに)のもあれなんで、ツッコミはこのくらいにしておきましょう。
安らかに眠れ鞭棄(享年32歳)!


「もう遠くへ行きたくない!! 家へ帰りたい!!」
みどりちゃんがワンダー正光に幸せだった頃の幻を見せてもらうシーンは文句なしに泣けます。
みどりちゃん、読み切りの頃から遠足行きたがってたもんね…。
少女椿9

そして親方が金持って逃げて、見世物小屋は解散。みんなとも明るくお別れ。
みどりちゃんはワンダー正光と一緒に旅立つ…。
(ホ──ッ……
夢ぢゃない 夢ぢゃない………)


なぜここで終わらなかった?
この手の幻想的なマンガは結末が無茶苦茶なのが多いので予想してましたが、やっぱり最後が意味わかんなかったなー。アスカリタイア後のエヴァっつーか…。



photo
少女椿
丸尾末広
青林堂
全1巻

「ドアップ版」。
エログロ濃いめの改訂前。
犬はグチャグチャみどりちゃんは真冬に水責めです。


photo
少女椿(青林堂改訂版)
丸尾末広
青林堂
全1巻

「ニワトリ版」。
「改訂版」だけど内容は上と同じらしい?
ゲットしました→感想


photo
薔薇色ノ怪物
丸尾末広
青林工芸舎
全1巻

『少女椿』の序章的な短編「哀切秘話 少女椿」が収録されています。
貧しい少女みどりちゃんが見世物小屋に入れられるまで。


photo
改訂版 キンランドンス
丸尾末広
青林堂
全1巻

『少女椿』と同じ世界観かどうかわかりませんが、花売り時代のみどりちゃんの短編「少女椿 水子編」が収録されています。こっちのみどりちゃんは『少女椿』のみどりちゃんに比べて若干ドライかな? あまり悲壮感がない。
あとこれに収録されている「怪物団」という短編に、見世物小屋のメンツとよく似た人達が出てきます。鞭棄(っぽいキャラ)がまたロリ襲ってるよ!
※ちなみにこの短編集自体はあまり面白くはないです。



関連記事
少女椿(青林堂改訂版)
紙芝居 少女椿

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。