裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

能力コピー

他人の能力が使えるようになる能力。他人の能力を奪うとの違いは「元の術者がその能力をまだ使える状態」という点。
ディオ様のスタンドも初期は「全てのスタンドを使える」という設定だったという噂。ネウロのシックスもだっけ? この「ほぼ全能」系の能力者は最近だとめだかボックスの安心院なじみですかね。
主人公サイドがこれ系の技を使う場合はガッシュ最終戦の「金色の魔本」のように「仲間達の力を借りる」という(元気玉のような)プラスイメージで描かれる。
「他人の能力を真似る」という単純な能力のため、スポーツものにもよく登場。


・セル(ドラゴンボール)
・魔人ブウ(ドラゴンボール)
・樺地崇弘(テニスの王子様)
・仁王雅治(テニスの王子様)「イリュージョン」
・黄瀬涼太(黒子のバスケ)「模倣(コピー)」
・黒神めだか(めだかボックス)「完成(ジ エンド)」
・はたけカカシ(NARUTO)「写輪眼」
・うちはサスケ(NARUTO)「写輪眼」
・キャンチョメ(金色のガッシュ!!)「ミリアラル・ポルク」※ただし幻覚
・アーロニーロ・アルルエリ(BLEACH)「喰虚(グロトネリア)」
・巻原定男(幽遊白書)「美食家(グルメ)」
・カール・P・アッチョ(うえきの法則)「他人の能力を自分の能力に変える能力」
・ネギ・スプリングフィールド(魔法先生ネギま!)「千の絆(ミッレ・ヴィンクラ)」
・イカルゴ(HUNTER×HUNTER)「死体と遊ぶな子供達(リビングデッドドールズ)」
・レオル(ハギャ)(HUNTER×HUNTER)「謝債発行機(レンタルポッド)」
・コルクマリー(マテリアル・パズル)「四閃三獄」
・鏑木楓(TIGER & BUNNY)

Top

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。
別ブログ→山岸凉子漫画感想ブログ




[裏次元の一日]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。