裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死者の家

Category:山岸凉子

死者の家
1988年

奈落 タルタロス(あすかコミックス)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈9〉鬼子母神』(潮出版社)
に収録。



「奥さんに離婚の話してくれるの? 奥さんにすぐ話してくれる?」

美佐の母は夫の不倫で苦しめられ続けたまま、若くして病死した。
数年後、美佐は勤め先で出会った正志という男性と交際を始めるが…。


もういくつめかの不倫もの。
「ママの家系は代々不幸な結婚をする女性が出る」と生前の母に聞かされていた美佐。
父とその愛人を疎み家を出た美佐は、会社で出会った男性・正志と初めての恋をします。

ママ わたしすごく好きな人ができたの
お願い 見守っていてね


ルンルン気分で位牌に話しかける美佐。
しかし正志には実は妻と幼い娘がいたのだった!
問いつめられた正志は必死で「きみを騙すつもりはなかった」「女房とはとうにだめになってた」「妻とは別れるから」という、お約束の台詞を口に出します。山岸作品の不倫ものに出てくる男って嫌いだわー。
美佐は彼の奥さんと娘を昔の母と自分に重ねて苦しむものの、結局別れを切り出せずにお決まりのコースへと…。一度はさようならって言えてたのにね。

「本当に奥さんと別れてくれる?」
「ああ! きっとそうする」
知らなかった…! わたし ものすごく愚かな女だったんだ

ある晩、美佐は母が地獄にいる夢を見る…。

パパに苦しめられたママがどうして地獄にいるの
ママは天国にいなくちゃ ママは何も悪い事していないんだもの
わたしがしてるから? ママの娘のわたしがこんな事をしてるから?
ママと同じ立場の女性をわたしが苦しめているから
娘の罪でママは地獄にいるのね


ほんとに山岸作品の不倫ものって「山岸先生…過去になんかあったんですか?;」って聞きたくなってしまうものばかりだなぁ…。
このへんの「不倫する者と不倫される者の立場が入れ替わる(一人の女がどちらも経験する)」というネタは『貴船の道』でもやってましたね。あっちはハッピーエンドだったけど…。未婚なら愛人になり結婚すりゃ愛人作られる山岸不倫ものの女たちの明日はどっちだ。

美佐は「もうこんな生き方はしない。このままじゃ一生浮かばれない。きっと別れられる…」と思いながらも彼と別れることができないままズルズルと関係と続けちゃいます。
最初は初々しいカップルだった二人も、最後のページでは情事の後のベッドで「ねえいつ奥さんと別れてくれるの」というお約束な会話をする典型的な不倫カップルへと変貌を遂げてしまうのでした。
前半の読んでてたるいウキウキラブシーンは後半で叩き落とすための前フリだったんですね…。
からくりサーカス黒賀村編のラブコメ状態からのゾナハ病感染展開みたいな落とし方だ…。(←読んだことある人にしかわからない例えですいません)

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。