裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グール(屍鬼)

Category:山岸凉子

グール(屍鬼)
1979年

スピンクス(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈9〉傑作集3 黒のヘレネー』(白泉社)
山岸凉子全集〈31〉黒のヘレネー(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子恐怖選〈3〉千引きの石(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
自選作品集 シュリンクス・パーン(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈1〉わたしの人形は良い人形』(潮出版社)
に収録。



「なんでもいい
なにかの肉が食いたい 肉が食いたいんだ」


男は海難事故に遭い、奇跡的に無人島に流れ着いた。
島にはすでに一人の女がいた。
その奇妙な島では不思議なほど生き物が捕れず…。


「無理よ。この海の魚は絶対とれないわ。
私も何度もやったのよ」

もうずいぶん昔に島に流れ着いたと言う女。なぜか全てに諦め顔の女と対照的に、のろしの準備をしたり魚や鳥を捕ろうと奮闘する男だが、何も捕れないし救助も来ない。
そしてなぜか夜ごと自分を覗き込む奇妙な女…。

最初は無人島に漂着した人間のひかりごけ展開かと思ったんですが、もっと救いようのない話だった。個人的に、自分が死んでるのに気づいてない死者の話ってなぜか好きです。自分の死体が鳥につつかれてる場面を見るってどんな気分だろう。

死んでる人が果物や海草を食べてるのも謎だけど、魚・鳥・貝なんかの肉だけは決して口に入らないというのが不思議。タイトルがグールだからいつも肉に飢えてる的な? それか肉は人肉しか食べられなくなってるのか? 腕を食べられてもすぐ生えてくるというのが不気味ですね。

「互いに互いの肉をむさぼり食う。
私達はそんなものになってしまった」

この人たちがグールになっちゃったのってなんか生前の行いと関係あるんですかね? 特に何も悪いことしてないなら可哀想。死ぬこともできずに果物とワカメと自分の手だけ食べて時間が経つとか何の地獄だ…。

ところでこの作品は『自選作品集シュリンクス・パーン』に収録されてた時は、なぜか写植が他の収録作品と違って妙に細くて小さい明朝体になってて、なんかいかにもこれだけ異世界っぽい雰囲気になってていいかんじでした。スペシャルセレクション1では他の作品と同じ書体になってたけど(他の収録単行本は持ってないから知らない)。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。