裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈落 タルタロス

Category:山岸凉子

奈落 タルタロス
1988年

奈落 タルタロス(あすかコミックス)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション8 二日月』(潮出版社)
に収録。



姉のデルフィーヌは生まれながらの勝者です
わたしは敗者としてこの世に生を享けました


18歳のエブリーヌには2歳上の姉・デルフィーヌがいる。
瓜二つの二人だが、才能ある女優であるデルフィーヌに比べ、エブリーヌは常に「人生の敗者」だった。
何をやっても姉に勝てないエブリーヌは、いつしかデルフィーヌの真似ばかりするようになっていった。やがてエブリーヌも女優を目指すが…。


山岸作品によくある「姉妹の確執もの」といえば主に
【美人な姉(妹)とブスな妹(姉)】(常世長鳴鳥黒のヘレネー・ハトシェプスト)タイプ
【優秀な姉と美人だが出来の悪い妹】(木花佐久毘売瑠璃の爪)タイプ
の2種類があると思うんですが、この作品は微妙にどっちにも当てはまらない第3カテゴリ(勝手にカテゴライズ)。強いて言うなら『ブルー・ロージス』の黎子・明子姉妹とか『テレプシコーラ』の六花・千花姉妹と同じタイプ。姉妹それぞれに良いところがあるのに片方ばっかり目立ちすぎて、影に隠れてしまう妹(姉)。

「この子はあたしがこうであったら という望みをみな持って生まれたんだわ♪」
子供の頃の親の偏愛により、そして成長してからは周囲の扱いの差により、少しずつ歪んでいってしまったエブリーヌ。多分母親は自分のブルネットの髪と灰色の目がよほどコンプレックスで、自分と同じ要素を持つ次女を無意識のうちに冷遇してしまったんじゃないかなー。そして「自分の修整版」である金髪碧眼のデルフィーヌには自分の理想を詰め込んだフリフリのドレスを着せ、 エブリーヌの髪は刈り込み。エブリーヌが可哀想だよ…。子供にこういうあからさまな偏愛をする親は現実にもけっこういて怖いです。

母親が死んでからは何もかも姉の真似をして育ってきたエブリーヌは姉と同じく女優になりますが(なぜわざわざ比較されそうな職業を選ぶ?)一向に仕事がやって来ません。
ある日、密かに憧れていた姉のエージェントと姉が愛し合っていることを知り、エブリーヌの恨みは頂点に…。やはりきっかけは恋愛がらみなんですね。

あんたなんか ただ あたしより2年前に生まれて
運良く金髪で青い眼だっただけじゃない
それだけで どうしてなにもかもあたしから奪えるというの


途中にあったカメラテストシーンを見る限り、デルフィーヌは「金髪で青い眼だっただけ」じゃないじゃん、エブリーヌよりも女優としての才能があるじゃん…と一瞬思ったんですが、よく考えたらエブリーヌのいう「人生の勝者」ってそういうことかも。金髪で青い眼ということと、天才女優ということと、人生の勝者ということはすべて繋がっていると言いたいのかも。
金髪碧眼の美しいデルフィーヌは子供の頃から両親や周りの人から可愛がられ愛され認められてきた。その結果、何に対しても誰に対しても気負いなく、いわれのない自信を持って堂々と振る舞える人間(女優)になった。エブリーヌが常にいわれのない不安と自信のなさにつきまとわれ、何に対してもオドオドとしか振る舞えないのと同じように…。
クリュタイムネストラさんや黎子さんも言ってたようなことですねこれは。性格は周りの環境によって形成され、自信は愛されないと与えられない。

特に何が悪いわけでもないのにお姉さんができすぎてるせいで「何となく負け組」になっちゃったエブリーヌがかわいそう。とっとと姉への執着を断ち切って遠い町にでも引っ越して自分自身の生活を一からやり直せば普通に幸せになれたはずなのにねえ…。顔は美人さんなんだから彼氏もすぐできるって。
でもエブリーヌも他の姉妹ものの妹と同じように、邪魔な姉を消してしまうのです。そして髪を金髪に染め本当の「デルフィーヌ」になるも、最終的にはポルノ女優ですよ。容赦ない。

「素敵な姉の真似をする妹」というテーマは大島弓子の『草冠の姫』にちょっと似てるかな。雰囲気はえらい違うけど(←こっちはハッピーエンドなので読後感は良いです)。
むしろ「ルームメイト」の方が近いか(笑)自分に憧れる女に乗っ取られそうになるというストーリーのサイコサスペンス映画。
…しかしこういう羨望・執着・殺意の入り混じったドロドロした話ってだいたい「女」の話なんですよね。主人公を男に置き換えると急に生じる違和感。不思議。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。