裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

幸福の王子

Category:山岸凉子

幸福の王子
1975年

ひいなの埋葬(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈8〉傑作集2 ティンカー・ベル』(白泉社)
黄泉比良坂(ボニータコミックス)』(秋田書店)
山岸凉子全集〈30〉愛天使(あすかコミックス・スペシャル)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈8〉二日月』(潮出版社)
に収録。



「ぼく……しあわせ だったよ」

小悪党マーティンは財閥に嫁いだかつての恋人・コンスタンスが死んだことを知り、破産した彼女の家へ忍びこんだ。その際出会った彼女の幼い息子は、マーティンの後をついて来る。
気がふれているらしいその少年を見捨てられないマーティンは仕方なく面倒を見るが…。


破産に伴い自殺した両親に置いていかれた少年。
なぜかマーティンの後をついて来る少年は、自分の持っているものをすべて他人に与えてしまうという自己犠牲の塊のような性格でした。元々そうだったのか気がふれてからそうなったのかはわかりません。
食べ物を犬に。上着を子供に。死ぬ直前まで人々に何かを与え続け、少年はマーティンと出会って3日目に死にました。マーティンは少年の小さな棺を見てまともに生きる決意をしました。おしまい。

えーと、ぶっちゃけこういう泣ける話はあんまり好みではないのでろくな感想も書けないんですが…これに出てくる少年みたいな「他者への強すぎる救済願望・自己犠牲精神を持つキャラ」ってキャラクターとして面白いなーと前から思ってるんです。『ザ・ワールド・イズ・マイン』のマリアとか『めだかボックス』のめだかとか。こういうキャラ設定はそこそこだと単なる優しすぎる性格の人になっちゃうので、異常なまでに助けたがる!の方が面白いです。
…『いいひと。』の優二と『やさしくしないで!』の優一って設定かぶってるよな…(←どんどん脱線)。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.