裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

タイムスリップ

Category:山岸凉子

タイムスリップ
1993年

自選作品集 タイムスリップ(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
ゆうれい談(MF文庫)』(メディアファクトリー)
に収録。



世の中 摩訶不思議な話というのは結構あるものです

山岸先生の実際の体験や、周りから聞いた「時間に関する不思議な話」をバカになりきって話す実話系の作品。
面白かった! こういう不思議な話大好きなんです。幽霊ものより超常現象っぽい話のが好き。

最初の話は「比叡山を車で下る時、何度も同じ場所に出てしまう」というお話。これは山岸先生の体験なのですが、驚くことにそれをアシさんに話した時、アシさんの一人が
「わたしも比叡山で同じ目に合った!」
タクシーで山道を下っているはずなのに何度も何度も見る景色。同じお地蔵様。うしろの席で不思議がっていると、タクシーの運転手さんが一言。
「いやあ! この辺はこんなことがよくあるんですよ」
地元では有名!? すごいや比叡山。さすが志々雄様のアジト。(←関係ない)
てことは地元の運転手さんはみんな、比叡山に登る時は時間の流れのおかしい所につかまってしまうことを覚悟して行くんですね(笑)すごいや。これ比叡山の七不思議に加えた方がいいんじゃないでしょうか。比叡山行ってみたい…!

山岸先生がまたそれを別の人・Yさんに話すと、
「わたしもそれと同じような経験しました」
こうしてつながっていく不思議体験の輪…。
東北地方を旅行中、速度と時間からいって目的地についてもいいはずなのに、なぜか終わらない真っ暗な一本道(怖い)。そんな時ふと見つけた小さな木造の建物(怖い怖い)。裸電球が灯っているのに誰も出てこない(怖い)。
しかも驚くことに、松島トモ子も自宅マンション付近で迷った時、同じような体験をしたらしいですよ。東北地方と東京で同じような無人の木造の建物。怖いって!
きっとその建物は異次元に迷い込んでしまった人を待ち受ける建物なんですよ…。管理人はこの世の者じゃないんですよきっと…。こっちはできるだけ行きたくないな…。

ここで山岸先生が抜粋した『世界不思議百科』は私も読んだことあります。けっこう面白かった。
博物学者のサンダーソン博士はアズエー湖の近くで道に迷ってしまった。歩き疲れてふと気がつくと、なぜか15世紀のパリにいた。
「15世紀のパリだ」ということは博士も、一緒にいた奥様も、なぜか直感で思ったらしいです。こ、これは怖い。下手したら帰ってこれなそう。
そしてやっぱり訳知り顔の地元民。比叡山付近のタクシー運転手のように、地元の人たちの間では日々「坊や、アズエー湖の近くはたまに500年前のパリになるから気をつけなさい」「はーい、いってきます」みたいな日常会話が繰り広げられてるんでしょうか(笑)
きっと「現在のアズエー湖付近」と「15世紀のパリ」は何らかの理由でリンクがはられてるんですよ。時間や距離など意に介さないのが超常現象。あの世は過去と現在と未来が同時に存在するらしいし(by白眼子さま)。

これらの話のすごいところは、同じような体験を複数の人がしているというところですね。
比叡山は山岸先生とアシさん。木造の建物はYさんと松島トモ子。15世紀のパリはサンダーソン博士と奥さん(側にいた助手さんにはパリは見えてなかったらしい)。
この世にはそんな不思議な場所がきっとたくさんあるんですね…。私も一生のうち一度はそんな不思議体験できるのかしら。煙草に火をつければ解けるらしいし、私も一度くらいは狐に化かされてみたいものです。本気です。でも幽霊見てみたいって言う人に限って霊感さっぱりなんだよね…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.