裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

千引きの石

Category:山岸凉子

千引きの石(ちびきのいわ)
1984年

鏡よ鏡…(ぶーけコミックス ワイド版)』(集英社)
山岸凉子恐怖選〈3〉千引きの石(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
自選作品集 わたしの人形は良い人形(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈6〉夏の寓話』(潮出版社)
に収録。



「戦争中 空襲にあってケガ人をあの体育館に運んだらしいよ」

中学2年の可南子は両院の離婚によりN市の学校へ転校してきた。
しかし学校の古い体育館には恐ろしい噂があり…。


空襲に遭った人々の霊がうごめく古い体育館で恐ろしい出来事が…という王道学園ホラー。正直展開がスタンダードすぎてちょっと物足りないかなー。
全校生徒が体育館の恐い話を知ってるのに、ハブられ気味転校生の主人公だけが知らずにホイホイと近づいてしまいます。そういうのは早めに教えてあげて…。体育館の扉を開けたら地の底まで続いてそうな急な階段が…というシーンが高所恐怖症としては恐かったです。
タイトルが古事記ですが、本編では「幽霊に桃のコンポートを投げつけて撃退」のシーンがうっすら古事記です。山岸先生、古事記好きね。

秀才の榊くん&ハンサムでスポーツマンの西町くんと仲良くなったり、そこそこ明るく楽しい学園シーンもあるのですが、最後はホラーらしく「まだ恐怖は終わってはいなかった」系の終わり方です。いいですね。やっぱホラーとか不思議系の話はアンハッピーエンドで終わらないと!(←『アウターゾーン』のハッピーエンド率の高さが気に入らなかった人の感想)
そして霊現象に立ち会ったというのに一人だけまったく感応しない西町くん(体育会系)。私は超常現象的なものは一度経験したいですが幽霊はなるべく見たくないなーと思ってるので、彼のような強靱な(鈍感な)人間になりたいです。『わたしの人形は良い人形』の陽子母とかもそういうタイプでしたね。

制服が間に合わず、「セーラー服代わりに毎日マリンルックで登校」っていう可南子の発想が素敵! 子供の頃にこれ読んだ時は可南子の「なんちゃってセーラー服」に憧れたものです。さまざまなシーンでマリンルックを披露する可南子ちゃんに注目です。
そんなことより、校舎の裏側から立ち昇る「何か」を見ちゃった可南子ちゃんはこの後学校に通えるのでしょうか…? ていうかこの学校、生徒も教師も全員何かあること知ってるんだから近いうちに取り壊しになるんじゃないかな。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.