裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月氷修羅

Category:山岸凉子

月氷修羅(げっぴょうしゅら)
1992年

笛吹き童子(プリンセスコミックス)』(秋田書店)
甕のぞきの色(秋田文庫)』(秋田書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈4〉甕のぞきの色』(潮出版社)
に収録。



不倫とは女が“別れ”を言うか言わないか
その間だけのことなのだ

朗子(さえこ)
正治と不倫を続けて4年になる。
妻と別れられない正治、彼と別れられない自分。お互いのエゴに気づきながらも不倫の泥沼から逃れられない朗子。しかしさまざまな出来事を経て、朗子はひとつの決断を下す。


不倫がテーマの話では妙に辛口な山岸先生の不倫もの。主人公の朗子28歳が見たり聞いたり考えたりするだけの地味めな話ですが、最後の決断が不倫ものの主人公の中ではかなりの英断ですよ。
不倫に苦しむ朗子は、の夫も不倫していることを知り、またその父にも女がいたことを聞かされる。夫の不倫を聞かなかったことにしたら実際に耳が聞こえなくなったビックリおばあちゃん…。お姉さんはどうして妹が不倫してることに気づいたんでしょうかね?

「ど どうするの まさか……離婚なんて」
「わたし浮気する」
「え?」
「…冗談よ。してやりたいけど。
でも離婚するなんて安易なこと…絶対しないわ。
妻なんてそう簡単に引き下がらないわよ。それはわかってるでしょうね 朗子」

(姉さん 知ってるのね……)

ここらへんを読んでて「なんで? 自分も浮気すればいいじゃん」「つか離婚すれば?」という感想を抱いてしまう私は独身。当事者にとってはそんな簡単な問題ではないであろうことはわかってますよ。
うーん、お姉さんの「引き下がらない」に具体的な計画はあるのかねぇ。なんかこの人、妹には強いこと言ってても結局夫には何もできなそうな…。あ、でもこういう大人しい奥様に限ってキレると恐ろしかったりするからなあ…。朗子姉(黒目がち)にはそんな印象を受けました。

姉さんのあの眼…
そうよね 姉さんを苦しめる女はわたしでもあるんだ!


自分と近い人(身内)が夫の不倫に苦しんでいる妻、自分は愛人側という構図は『死者の家』と同じですね。『死者の家』終盤の美佐と同じくズルズルと不倫の泥沼にはまっていた朗子ですが、ある日正治の妻が急に亡くなってしまいます。あら急展開。
ようやく結婚できる状況になった二人。しかし朗子は。

「わたしたち別れましょう」

朗子よく言った! 正治の手に「ハム」って書いてあっても前言撤回しちゃだめだよ!(←伊藤理佐『おいピータン!』のネタ)
それにしてもこの正治って男は腹立ちますねー。「長い間待たせた」とか「わからない君の言ってることが」とか「そうやって自分だけを愛していけばいい」とか! こんな奴が奥さんの生きている間に愛人の方を選べるわけないって。どうして女はこんな男に「一度に二人の女」なんていい思いさせちゃうんだ…。男なんて愛人や妻がどんなに苦しんでても所詮「俺ってモテてる」くらいにしか感じてないんだから…。
癪だから山岸先生には既婚女性の不倫ものも描いて欲しいなー。何の落ち度もない夫がいながら若い間男と不倫する主婦の話を是非。そんで間男と夫が何年も苦しむの。

不倫相手の奥さんが亡くなってそのまま後添え(←なんかやな言葉)になることを選んだパターンだと『貴船の道』があります。あっちはあっちでまあハッピーエンド。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。