裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

新ナショナルキッド

Category:丸尾末広

photo
新ナショナルキッド
丸尾末広
青林工芸舎
全1巻



19編収録の短編集(ただし「蛇苺」1・2・3が別集計なので実質17作)。
ずっと「ナショナルキッド」のコミカライズだと勘違いしてました…。ほら芋虫とかパノラマとかコミカライズしてるから。
他の短編集に比べてエログロ度は控えめ? 電気蟻のせいか無機質な印象を受けます。あと大日本帝国度が高めかな。
例によって例のごとく、半分はわけがわからない。あと、ここらへんから絵柄があまり好みではなくなってきます…。


「さらば昭和」(88年)

もう40年間も妊娠しっぱなしのお母さんから、新しい弟か妹が生まれてくるのを待っている明治・大正・昭和くん。
仮面の下はみんな皺くちゃなの。特に感想は…。


「電気蟻〈吾が分裂の華咲く時〉」(85年)

ストーリー意味わからん。
ほんと、こんな描き込み系の手の込んでそうなマンガを「意味わからん」で片づけるのもどうかと思うんですけど、わかんないものはわかんないんだもん。
機械とかネジとか言われると銀河鉄道999を思い出しますね!


「死よバンザイ」(87年)

戦地で敵前逃亡した遠藤みちろう。
こんな目張りの入った福島県民はいない(笑)
なんで福島?と思ったらミチロウ福島出身か…。
ナショナル1


「農林一号」(89年)

傲慢な奥様に振り回される旦那と下男下女!
旦那お仕置きス●ルファック後の奥様の「松吉見て入ったわ」がちょっと面白かったんです。ママお着替えできたよみたいに言うなw
「この農林一号!!」
何その罵倒語新しい。
珍しくコマの外に手書きコメントが書いてあります→「このコマ失敗した死にたい」
そういえば昔、鬼畜系のエロマンガを読んでいた時にコマ外にお茶目なコメントを発見して「ああそうだ、どんな鬼畜マンガでも同じ人間が手で描いているのだ…(´ー`)」とほっこりした記憶があります(どうでもいい思い出ひもといた)。
ナショナル2
2013.3.14追記:トビラ絵の元ネタ発見。
ナショナルキッド主婦之友
「主婦之友」昭和14年6月号でしたー。見た瞬間気づいた。元ネタ自分で見つけると嬉しいものですね。


「ヘビ少年」(87年)

「智恵子ちゃん 僕、君の事、食べたいくらいに好きなんだ」(食的な意味で)
展開はだいたい予想通り…なんだけど、そんなことより4ページに渡ってコマの上にずらっと並んでる一夫くんの顔がきもちわるいです!


「蛇苺」(89年)

山口百恵そっくりのすごい性格悪い女子高生のお話。面白かったです。
清純で可憐で誰からも好かれる美少女・山口。しかしその実態は吐き気を催す邪悪ッ!
さり気なく嫌がらせの連続。ランランラン。主人公視点で進むからあまり後味も悪くないし。良作です。これ入ってなかったらこの短編集はかなり魅力なかったかも。
こういう「一見清らかで可愛い少女が人知れず残酷な悪事を繰り返す」みたいな話って大好きなんです。映画『悪い種子』『可愛い悪魔』とか、岩館真理子の『白いサテンのドレス』とか。真っ白な悪意。物欲による殺人…。(いずれもこの「蛇苺」みたいなギャグではないのでかなり怖いです)
ナショナル3


「高校三年生」(89年)

なぜかぺニスが2本ある男子学生のお話。なんと奇遇な!(一応言っとく)
この中では一番ギャグ感が高いか。ヒロインちえこちゃんが無駄に青春爆発娘でいいかんじです。この娘のノリはけっこう癖になるかも。確かにこの娘と結婚したら幸せになりそうですね。
ナショナル4


「少年画報」(89年)

どこにでもいる、昭和の男の子の日常。メンコへの情熱と悪夢。くそまずい脱脂粉乳。両親のSMプレイもまあ、あるでしょう。
なんか素敵な物をもらえる夢って見るよね…。


「長崎県南高来郡西有家町慈恩寺」(88年)

タイトル打つのがめんどくさかったですよ。
末広少年のおもひで。人魂、見た。2ページ。感想、特になし。


「BAD」(88年)

もーマイケルの顔のことはほっといてあげて!


「とっても恐い」(88年)

少年がだんだんグチャグチャになっていくよ。
「電気蟻」に引き続き「僕死んじゃったのかなぁ」というモノローグが登場。
そういえば『笑う吸血鬼』の留奈ちゃんも言ってましたね。


「眠り男」(?年)

「薔薇の薔薇は薔薇で薔薇は薔薇の薔薇は」
少女を狙う殺人鬼のおじさん。意外と勧善懲悪っぽいラストに私がびっくり。
みどりちゃんっぽい女の子(人形)が登場します。初出は自販機本。


「SOJIN」(84年)

わあー。冒頭で世界観が説明されるだけでこんなに少年マンガの読み切りっぽい! 丸尾作品なのに!
中国の改造人間?のお話。だからページ数少ないって。


「金の手帖(カルネドール)」(88年)

かつひこ君は車にはねられて死にました。
ひろみちゃんは犬にかまれて死にました。
みはるちゃんは変質者に殺されました。
はるおみ君は発疹チフスで死にました。

こ…これは…! 丸尾版『ギャシュリークラムのちびっ子たち』じゃないですか!
ゴーリー好きなんでテンション上がってしまいました。
「ひろし君はお母さんにせっかんされて死にました。」が一番インパクト。
絵は怖いけど最後はギャグで〆。おじさんはきっとゴーリーのファン。
ナショナル5


「ジョイ・ディヴィジョン」(89年)

差別マニアの総領とその奥方がユダヤ人を使ってユダヤ人プレイ。
ジョイ・ディヴィジョンってバンドいましたね。


「贋作・電気蟻」(84年)

自分が人間じゃなくて電気蟻だったことを知ってしまったおじさんの話。
手塚治虫が描きそうですね。火の鳥復活編は名作。


「日本人の惑星」(?年)

第二次世界大戦で勝っちゃった日本の歴史。サンフランシスコに原爆落としーのマッカーサー処刑しーの。
戦争を知らない諸君 だまされてはいけない
日本は断じて敗戦国ではない
日本は今も世界最強の国家である

「もし日本が戦争に勝っていたら」っていう設定の話けっこうありますよね。「第三次世界大戦」とどっちが多いかな。



国立少年ナショナルキッド
「新」には収録されていない作品→「SOSボーイ」「びっくりホフマン」
「新」に入っていて「国立」には収録されていない作品→「電気蟻〈吾が分裂の華咲く時〉」「SOJIN」「贋作・電気蟻」「日本人の惑星」
残り14編は「新」とダブり。こういう収録のしかたやめてほしいっすね…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.