裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

水煙

Category:山岸凉子

水煙
1986年

時じくの香の木の実(あすかコミックス)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈7〉常世長鳴鳥』(潮出版社)
に収録。



「都の人はみんな冷たいんだよ 一人を除いてはね」

男大迹大王(おほどのおおきみ)と婢の子である13歳の阿豆王(あつのきみ)は、後見人のクロヒトが死に、父の唯一の手がかりである耳飾りを手に都へ向かうが…。


えーと、処世術に長けた少年が「王子様」として扱われることは最初から諦めて、一目父に会う、ついでに将来は武人になるために都に出てさまざまな経験をするという、なんだかちゃんとした歴史もの短編。
…やっぱり私、山岸先生の作品は人が死んだり精神に異常をきたしたりしてないと物足りな…(←ひどい)
都で出会い、その後も何かと阿豆にちょっかいを出してくる青年・次次雄(ススオ)と阿豆のやりとりはちょいBLのかほり。この次次雄、阿豆が辛い時はさり気なく助けてくれるんです(しかも阿豆をコチョコチョとくすぐるのが趣味なんだぜ、この人…)。
実はこの次次雄が次の大王で、阿豆の異母兄でしたーというハッピーエンド。よかったね。しかしラストシーンはこれ、BL的にいろいろな想像をかき立てられるな…。腐敗した朝廷の次期王と王子の兄弟愛か…。いける。

辛く孤独な生活で、父の耳飾りが唯一の心の拠り所だった…というシーン、なんか別のマンガで見たなーと思ったらあれだ。幽遊白書の飛影と氷泪石だ。こっちの方が古いけど。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.