裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月読

Category:山岸凉子

月読(つくよみ)
1986年

牧神の午後』(朝日ソノラマ)
自選作品集 月読(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
山岸凉子スペシャルセレクション〈3〉神かくし』(潮出版社)
に収録。



「いくら瘢痕が美しくとも 姉上は私のこの青白い肌がお嫌いだ」

神々の住まう高天原。暗い夜の神・月読(ツクヨミ)は太陽神である天照(アマテラス)を慕っているが、天照はいつも風の神・須佐之男(スサノオ)ばかり可愛がり、月読には冷たかった。
天照や須佐之男のように明るい男になりたいと願う月読は、愛してやまない天照のために精一杯尽くすが…。


古事記ではあんまり目立ってなかった月読命にスポットを当てたお話。
どこまでも姉ラブな月読がけっこう好きです。美形だけど暗く冷たい顔なのを気にしてる(姉上がそういうの嫌いだから)とか、姉上が好きだって言ってたから金糸の衣着たよとか、暗い男の報われない恋心がツボなんです。かわいそうな月読…。嫌われてるって知っていながらも慕わずにはいられないことがあるのよね。…厩戸王子の母親への感情思い出したら泣けてきた。

太陽のように明るい天照。天照に気に入られてる一見無邪気な童顔野郎・須佐之男。二人は明るさも嗜好も似ている仲良し姉弟。一方、生まれながらに「陰」の月読は「陽」の二人の間に入れない…。
童顔の須佐之男くんは実はけっこう腹黒で暴力的な奴なのですが、天照もそれを知ってるようなのに、私のわがままな坊や可愛い!みたいなかんじで可愛がってます。天照が月読を嫌いなのは、同じ空を掌る者としていつか取って代わられるかわからないという理由もありました。

そんなことも知らない月読はうっかり保食神を殺してしまったことを謝りに行った際、天照と須佐之男の情事を見てしまい、逆上して馬の生皮を投げ込んでしまいます(どういうキレ方だ)。有名なシーンです。
月読もこのへんで姉上に愛想を尽かしていればいいものを、天岩屋戸にこもった天照を見て「やっぱり須佐之男とのことは一時の気の迷いだったんだ!」とか思っちゃって…、ほんとかわいそうな月読。

大騒ぎになった高天原。しかし天照は須佐之男にすべての罪を被せてちゃっかり汚名返上に成功してしまいます。すごいよ天照姉さん。無敵だよ。月読も天照のこういう「絶対的強者」っぷりが好きなのかな? 少しわかる気がする。天照のどこまでもしたたかな性格、魅力的に見えるもん。

私はもう 姉上の女の腥さに翻弄されて
へとへとに疲れはててしまった


天照大御神が最強、というお話でした。

ところで保食神のお酒ってあれ愛○じゃないの? 排泄物のうちに入るんでしょうか?

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。