裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい時期に厨二パワーをスパークさせようという提案

Category:雑記

知り合いのお子さんが、中学時代の私が考えたオリジナルキャラ(整った顔と美しい銀髪を持つ孤独な忍者。冷酷な性格のため周りから恐れられている孤高の戦士)と同じ名前をつけられていた。アチャー。
なんと名付けの由来も同じだった。アチャー。
そうだよねその名前かっこいいよね。イメージもクールでかっこいいし漢字も闇の香りがしてかっこいいよね。でも私がその名前を考えたのは「中学の時」で「(厨二)マンガのキャラ用」だったけどね!

…なんかこう、上手く言えないけど、いわゆるDQNネームって、具体的にこういう名前がダメだとかそんな「名前」だけの問題じゃなくて、「そういう名前をつけてしまう親の精神の未熟さ」が問題なんだと思う。
・子供を持つ親なのにセンスが中二のままかよ!?
・センスだけならまだしも、精神面まで中学生のままなんじゃないだろうな?
・子供をキャラとかペットとかお人形じゃなくて、ちゃんと一個の人間として見れてるのかな?
・ていうかそんな親しか読めない自分勝手な当て字にしちゃって、将来子供が大人になって他人だらけの社会で生きてくこと想定してるの?
・それとも一生おうちの中で可愛がるつもり?
…とか、いろいろ心配になるじゃないですか。


しかし、なぜ「センスが中二で止まってる」親がこんなにも多いのか? 私は考え、ひとつの仮定を立てました。
「リアルタイムで中二の時に、ちゃんと中二パワーを炸裂させないと大人になってから暴発してしまうのでは?」

本来、「漢字辞典で難しい漢字を探して超カッコイイ名前を捻り出す」ってのは、中学あたりで済ませておくべきなのです(参考)。
痛々しい時期に痛々しい妄想をさんざんし、ノートにマンガやらオリキャラの設定やらを描き散らす。妄想をアウトプットし中二の燃料をその時期に燃やし尽くす。それが大事なのではないかと思います。
なぜそう思ったかというと、私は小学・中学の頃はまあ普通にかなりの厨二病で、部屋を掃除すると未だに昔の痛々しいノートやらポエム集が出てきて悶え苦しむハメになるんですが、正しい時期に中二をスパークさせきったおかげか、今は(趣味で中二妄想ノートは描いてますが)芯から中二心は湧かしてないし、自分の子供に「キャラクター名」をつけようとは思わないからです(よほどすごいマタニティハイでもない限りは…)。

まあ代わりに勉強はしてなかったけど…。でも勉強も大事だけど、若いうちに精神を大人にする準備をしておくのも人としてすごく大事だと思うんだ!
どうも最近の教育は学校やら塾のお勉強ばかり重視して、人間としての成長をおろそかにしてる気がしてならないです…。
だから子供みたいな大人が増えたんじゃないだろうか??…

そこで、現在の若者たちに将来子供に痛い名前をつけないようにするための提案です。
・学校で「オリキャラ発表会」を定期的に開催する!
・生徒たちは全員、渾身のオリキャラを自分で考え、めっちゃかっこいい名前をつける
・最低でも10人くらい。とにかく大量に
・月1くらいで発表し合う
・お互いに評価し合う「オッドアイがかっこいいね!」「銀髪が二つ名になってるところがいいね!」

要するに「自分が生み出した存在にかっこいい名前をつけ、他人に見てもらう」という行為を何度もやり、ある程度満足させて(良い意味で飽きさせて)、燃えさかる中二力?ネーミング欲?を発散させればいいんじゃないかなーと思うのですよ。
ただしオリキャラに本気で愛を注がないといけないから(ほんとの子供の代用なわけですから)、オタクじゃない子は難しいかもなー。オタクの子はこれを造作なくできるが。
でもオタク系じゃないからってこのオリキャラ発表会をパスするわけにはいきません! オタクじゃない人に限ってなぜか、大人になって子供が生まれた時に中二センスが暴発してオタくさい名前を付けてしまうことが多いような気がするので。人間の潜在厨二エネルギー、舐めたらあかん。
(まともだと思っていた知人がBLEACHみたいな名前を付けた時の衝撃ときたら…)

私の分析と似たような書き込みを見つけたので、ここで引用。
DQNネーム付けちゃった本人が言ってると説得力あるなあ。

娘の名前の漢字を間違えた。書き間違えじゃなくてずっと思い違いしていたんだと後から気づいた : 鬼女速


939 名前:名無しの心子知らず:2013/09/13(金) 16:30:06.36 ID:xTsIpJRp
記憶には確証があると思っていたんだ……
きららをつけたのが失敗だって思ってたけど、
漫画から命名すること自体がおかしかったんだね
名前さえよければいいと思ってたけど、
それがきららじゃね、ごめんどうしようもないよね
漢字を間違えたのについてはもう言い訳のしようもない、また訂正されてるし
娘には誠心誠意謝ります

>>935
その二つの漢字を完全に混合してて、
二つ一緒にみたことがなかったら気づかなかった
今思えばオタ的な創作活動は一切しなかったから
中に病がくすぶり続けてたんだろう



47.鬼女速名無しさん 2013年09月13日 22:06 XXXWu3.j0
こういう欲求ってゲームでアバターを作ったり、ペットを飼ってたりすると満足するよね
一度もそういった欲求を満たしたことがなかったから子供で爆発しちゃったんだな



★正しい中二病
子供時代、実在しないキャラに痛々しい名前つける→大人になってからは過去の笑い話
★間違った中二病
大人時代、実在する子供に痛々しい名前つける→そして老後…笑い話にしようにも子供は実在するし、DQNネームといってももう何年も使ってるし、改名なんて簡単にできないし…
二次元キャラに軽々しく名付けるのと違って、実在する人間に中二センスで命名してしまうってのはやっぱ、重いですね…。

そうそう、オリキャラじゃなくてもゲームのアバターとかペットに名付けるのでもいいですね。
前、安住紳一郎のラジオ(日天)で、子供の頃ペットの金魚に縁(ゆかり)だの紅(くれない)だの葵(あおい)茜(あかね)だのというカッコイイ名前をつけてましたーっていう笑い話があったけど、このように痛ネーミングが「過去の笑い話」にできてる人は、子供をネーミング欲の犠牲にしにくい気がするのですよ。

まあこれもあくまでDQNネーム対策のひとつであり、これだけじゃなくならないとは思いますが…。あとはやっぱり注意できる人が周りにいるとか、いろんな世代の人が周りにいるとか、子供は家の中だけでなく社会で生きるものだという考えを広めるとか…いろいろやるべきことがありますね。
国語の授業のやり方も変えるべきじゃないのかなー。もっとアウトプットすることを前提にした授業を行った方がいいと思う。いろいろある科目の中でも国語(言葉)なんて特にアウトプットすることが多いものなんだから。人名も言語のうちの一種だと思うし。


ちなみに私はこういう「やっちゃいけないことをあらかじめ飽きるまでやらせてみればいいんじゃね?」系の企画を他にも考えていて、
・子供の火遊び防止→月1で大人同伴火遊び大会(たき火でいろいろボーボー燃やしてみよう!)
・スプレーで落書きしてみよう!(もちろん、描いてもいい所に)
・刃物でいろいろズバズバ切ってみよう!
などがあります。上ふたつは私が子供の頃行ってた学童で実際やってましたけど。
最近は素人が焚き火とかしちゃいけないらしいからなあ…。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。