裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月買った本(2013.12月)

Category:雑記

新黒沢 最強伝説 1 (ビッグコミックス) きのう何食べた?(8) (モーニングKC) アオイホノオ 11 (少年サンデーコミックススペシャル) ニンジャスレイヤー (1)  ~マシン・オブ・ヴェンジェンス~ (カドカワコミックス・エース) ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1

海月姫(13) (講談社コミックスキス) 進撃の巨人(12) (講談社コミックス) 栞と紙魚子 4 (ソノラマコミック文庫) 春を待つころ (白泉社文庫―千津美と藤臣君のシリーズ) 銀色絵本 (白泉社文庫―千津美と藤臣君のシリーズ)

彼方から (1) (白泉社文庫) 彼方から (第2巻) (白泉社文庫) 彼方から (第3巻) (白泉社文庫) 彼方から (第4巻) (白泉社文庫) 彼方から (第5巻) 白泉社文庫
彼方から (第6巻) (白泉社文庫) 彼方から (第7巻) (白泉社文庫) 今日も朝からたまご焼き お弁当生活はじめました つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)


今月は19冊。


【忍殺】
今さらながらニンジャスレイヤーに手を出してしまった…。畜生面白いに決まってんじゃんこんなの(マンガでも小説でも文体や台詞回しに個性ありありのものが好きです)。いいなー憧れるなーこういう翻訳。才能に嫉妬。
小説分厚いお得感。ツイッターで読むと目が疲れるので買うしかない。ヤモトさんが津村斗貴子に見える…。
キルゾーン・スモトリとレイジ・アゲンスト・トーフが好きです!
マンガ版はちょっと山貴作品の香りが。コミックマスターJの人だよね? 絵すごく上手くなっててびっくりした。オリジナルの謎オノマトペ(?)いやされや〜が良かった。グッドルッキングガイズ重点の方も買おうかなー。

【ひかわきょうこ】
の作品が、あまり読まない少女マンガの中では前からけっこう好きで、今月は2作品試してみました。どちらもお気に入りの『女の子は余裕!』を超えるほどではなかったけど、まあまあ面白かったです。
『彼方から』うーん、女性マンガ家の長編冒険ものはどうしてもアクションや世界観よりもキャラの心理描写が優先されてしまって、動きが少ないなぁ…。主人公には好感が持てるし、キャラの描写もすごく良いんだけど、読み終わってもどうも長編大作を読んだ!という気持ちになれない。結界師を読んだ時も同じ気持ちになったんだよなぁ…。
少年マンガの冒険ものと同じノリを求めるのが間違ってるのか? 私が少女マンガの読み方をよくわかってないのか?
キャラの心理描写や動きだけに注目するならとても良い作品です。特に悪役が好みだったので良かったです。ケイモス可愛いよケイモス。ライバル関係がちゃんとホモくさくて大満足です。
『千津美と藤臣くんシリーズ』しまった! ヒロインが苦手なタイプだった。
ひかわきょうこといえば『女の子は余裕!』の一見おっとりしてるけど怒ると怖いしっかり者の友美ちゃん、『彼方から』の自分に今できることをやる!というけなげな信念を貫く典子ちゃんなど、なんか昔の少女マンガのわりにはウジウジしてないヒロインが好きなのに、この主人公は普通にオールド少女マンガのメソメソチンクシャタイプだったぁー。本当に苦手ですごめんなさい勘弁してください。
でも私がもっと少女マンガ好きの普通の女性だったら、爽やかな良い作品だと思うと思う! 小室さんかっこいいよ小室さん。
結論:私、少女マンガ読むの下手かも…。

【アカギ28巻】
をコンビニでパラ読み。なんかもうさすがに買う気が起こらないよ…。
アカギが鷲巣様を踏みつけて相変わらずの女王様ですね。
この巻から鷲巣様が地獄巡りに行かれましたね。
…なんでこんなんなっちゃったんだろう?… 昔はあんなに面白かったのに…。アカギだけじゃなくて今連載中の他の作品も。ほんとにどうしちゃったの? すごい面白かったじゃん、銀と金、黒沢、涯、天、アカギの最初の方、カイジの最初の方、零の1部。
カイジとか黒沢もひどいけど、アカギはなー。アカギは特にキレッキレの名作で、また主人公のアカギというキャラクターがすごく神秘的で、なんかもう福本作品の中でもちょっと「聖なるなにか」すら感じてた作品だったんですよ。それを作者自ら…こんな…ねぇ…。他の作品はさておき、アカギだけはこういう状態にするのやめてほしかった。
福本ほど昔と今で評価の変わる漫画家もいないだろうなぁ。悲しいよ。すごく好きな漫画家だったのになんでこんなことに。アマゾンのレビューでも同じ気持ちの人がたくさんいて切ねえ。
昭和40年の半荘6回は現在の時間にしておよそ18年 ←27巻レビューより。笑ったw

【新黒沢】
続編の発表があった時から嫌な予感したけど、でもどうしても続きが気になって、期待せずに買ったのですが。
ひどいなぁ。思ってたよりちょっとひどいぞ。正直買って後悔しました。話ほぼ進まずに1巻まるごとギャグばっか…。
前から言ってたけど福本先生、ギャグ上手くないですよ! あの作風で普通に描いてれば充分シリアスな笑いがとれるというのに、何やってんの?
あーもう黒沢もせっかく良い終わり方してたのに! あのままでよかったのに! 黒沢もぐっとくるシーンがいくつもあって、切ない、でも想像の余地を残す良い終わり方をした名作なだけに、今回作者によって汚されることとなり、辛いです。1巻がギャグしかなかったのでこの先どうストーリーが転ぶのかわかりませんが、2巻は買いません。1巻も売ります。
ていうかもう福本作品の新刊は買わない気がする…。昔は好きな漫画家だったんだよ。ほんとだよ。

【LADY COOL】
「1、2作目では売れなかった漫画家さんがその後ヒットを飛ばし、打ち切りになった過去作品が(文庫化などで)日の目を見る」という流れはけっこう好きなんですが(荒木先生のバオーとかビーティーとか)、COOLはねえだろ。いくらテニプリ売れたからって。しかも何だレディーって。怖い怖い。いやあれある意味面白かったけどさ…。なんか日の目を見る方向間違ってる気が…。

【実写版るろ剣】
藤原志々雄おひろめキター。顔全然わからんw 飾り包帯長すぎでは…。
しかしおかしいな。「一生背負うべき業(カルマ)」と書いて「包帯萌え」と読むのに、実写の志々雄様には全然ぐっとこなかったな。やっぱ口元が違うからかな。
!? 張役、アンク(三浦涼介)なの!? 何だ実写版何がしたいんだ。これじゃ神木くんが現在普通の青年な分、宗次郎より張の方が美少年顔という謎のアンバランスになっちゃうじゃないか。何だこれ。
あー実写版ってキャストに文句言ってばっか。どうせ見ないのに。(´・ω・`)

【ファントムルージュ観たよー】
お金返してくださいとか90分寝てたとか1800円払って0巻買ってきたとか今まで見た中で一番つまらない映画とかノブナガがけっこうしゃべってたからよかったですとか、散々な感想で話題だったファントムルージュ。テレビ放映観たよー。
すごいなぁ…。キャラクターは確かにH×Hなのに、全然H×Hを観た気がしない。すごいや。何だこれ。
H×Hは、登場人物がみんな頭を捻って自分のできる最大限のことをしようとしてるし、能力も制約と誓約に縛られて万能じゃないし、弱者が強者に基本的には絶対勝てないシビアな世界だし、そこそこ人気のキャラでも容赦なく死んだりするよ。そういうところがH×Hらしさなんだ。この映画にはそれが全然ない。
とりあえずキャラだけ適当に動かして、適当に敵役置いて、適当にオリキャラのボクっ娘男装させたりゴスロリ着せたりして、人気の幻影旅団を雑魚役&助っ人役に出して、なんかイルミの呪いも友情パワーで解決、燃え盛る建物、唐突に似合わないゆずの主題歌、レオリオあたりに適当にまとめの一言を言わせて…ってかんじでしたね。
こんなんでも公開当日はそれなりに客が入ってたようで、みんな楽しみにしてたのかなぁとか、皆さんの気持ちを考えると切ないです。わざわざ映画館まで足を運んだ人たち、貴重な時間が無駄になってかわいそう。ペン字練習しながら観てよかった!
何気に驚いたのは、タイトルも広告もどう見てもクラピカ主人公だったのに、観てみたらキルア主人公だったこと。クラピカファンはがっかりしたでしょうね。キルアの描写もひどかったからキルアファンもがっかりしたでしょうね。
てきとーなユウジョウ!描写が何度も出てきて、そのたびに誰かが顔を赤らめたりで、腐女子ならこの映画喜ぶのかなと一瞬思ったけど、腐女子だってちゃんとした腐女子は血肉の通ったキャラでないと萌えないからやっぱり駄目だな。
あ、あと、ゴン・キルア・クラピカの3人は声が上ずると似ててまぎらわしいね。キルアとか特にキャラ崩壊してたから誰だかわかんなかった。
総評:ノブナガがけっこうしゃべってたからよかったです。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。