裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇比礼

Category:山岸凉子

蛇比礼(へみのひれ)
1985年

鏡よ鏡…(ぶ~けコミックス ワイド版)』(集英社)
山岸凉子恐怖選〈4〉汐の声(ハロウィン少女コミック館)』(朝日ソノラマ)
自選作品集 月読(文春文庫ビジュアル版)』(文藝春秋)
に収録。



「知ってる? 虹がかかるのは龍が空へ昇る姿だというのを」

父親が死に、孤児となった少女・相馬虹子(にじこ)は叔母の家に引き取られた。
しかし、気のふれた父に育てられた虹子は、その異常なまでの妖艶さで周囲を狂わせていく。


あからさまに危険なオーラを放つロリータもの。
子供の頃、家の本棚にこの作品が入った『月読』があって、これを初めて読んだ時は私もまだ子供だったのですが、「これはなんかイケナイマンガだ」と思って、コソコソ読んでました…。(ていうか『月読』での収録順が蛭子→蛇比礼→月読という子供には強烈すぎるコンボだった…)
同じくロリ子の『星の素白き花束の…』の夏夜ちゃんよりさらに7歳も若い、8歳の虹子ちゃんが妖しすぎる…! ほんとに小学校行ってんの!?

本当に85年〜86年あたりの山岸作品は何だか神がかって恐ろしい作品ばかりだなぁ…。
他も、星の素白き〜とか蛭子とか馬屋古とか時じくの〜とか常世長鳴鳥とかわたしの人形〜とか瑠璃の爪とか鏡よ鏡とかでしょ?
山岸先生、変な方向に脂乗ってます。この年代。
何だっけ、この頃って山岸家の鬼門が開いてた頃だっけ…? 違うか。(←全集17巻末のインタビューを取り出して確認)

黒い着物に切れ長の一重、妙に大人びた口調の妖艶な美幼女(※ただし主食は生卵)・虹子が現れてからというもの、従兄の男子高校生・達也は淫猥な蛇に呑まれる夢ばかり見る。
真っ白でヒンヤリ冷たく、スベスベした長いもの…それを虹子の細い体と重ね、徐々に虹子をまともな目で見られなくなっていく達也。
虹子の、熱いお風呂を嫌がる、食事を取らない、生卵を大量に飲むなどの異常な点も気にはなったが、達也がそれ以上に気になるのは、母の恋人の平山がいやに虹子になれなれしいことであった。そして…。

虹子? なんでおまえが!?

「大好き達也さん 平山さんよりもパパよりも」

パパ? こんな事を自分の父親ともやったのか

気のふれた虹子パパは蛇神信仰でもしてたのかなぁ…。
そして、食の嗜好がおかしいという点は虹子ちゃんも夏夜ちゃんも共通事項なのか。不気味。

同じようなロリータ居候話『星の素白き~』の夏夜ちゃんみたいに「頭おかしい父親に間違った倫理観を植え付けられてしまった少女」という悲哀は、虹子ちゃんがあまりに人間らしくないせいで(ほぼ蛇)あまりないのでその点は安心。
ママと酒井真弓はちょっとかわいそう。ママも完全にいい人なわけじゃないけど、息子のことはそれなりに気にかけてたみたいだし。真弓ちゃんに至ってはマジで立場ないよね。ていうかこの話、虹子以外の女立場ない。

最後の方の、虹子との情事に明け暮れてゲッソリしてる達也が、昭和の「自涜ガ青少年ニ与エル悪影響ノ図」みたいでちょっと笑いました。
それにしてもカジュアルな服を着だした虹子のガッカリ感ったら。

…最近、山岸作品記事に「エロス」「自慰」タグを増やそうかと真剣に考えている。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。