裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

今月買った本(2014.8月)

Category:雑記

今月は17冊。
今までブクログの新刊お知らせ機能使ってたけど、新刊.netにしたら1ヶ月以上前からわかるので重宝してます。
やっぱり新刊が出る前のワクワク感から楽しみたいから、ブクログの「発売日当日になって初めて知らせてくる」じゃ物足りんかった…。


帝一の國 9 (ジャンプコミックス) 進撃の巨人(14) (講談社コミックス) きのう何食べた?(9) (モーニング KC) わかくさものがたり (よい子とママのアニメ絵本 53 せかいめいさくシリーズ) ハーパーの秘密 (ヤングユーコミックス―花ちゃん&カリナそれぞれの適齢期)
結局進撃の巨人って何が受けてあんなに大ヒットしてるんだろう? 兵長人気はすごいけどそれだけじゃないみたいだし。よくわかんないなー。まあ私みたいに何となくコミックスを買ってる人がやたら多いのかも知れないけど。
近所に売ってたアニメ絵本の若草物語の絵がなんと小室しげ子だったので買いました。これくらいの時代の少女マンガ絵落ち着くわー。


新世紀エヴァンゲリオン (1) (カドカワコミックス・エース) 新世紀エヴァンゲリオン (2) (カドカワコミックス・エース) 新世紀エヴァンゲリオン (6) (カドカワコミックス・エース) 新世紀エヴァンゲリオン (7) (角川コミックス・エース) 新世紀エヴァンゲリオン (11) (角川コミックス・エース (KCA12-11)) 新世紀エヴァンゲリオン 12 (角川コミックス・エース 12-12)
貞本版エヴァ、やっと最終巻も出たらしいし欠けてる巻集めよう。
もうなるべく「ずっと買ってたけど終わりが見えずに超長編マンガから脱落」ってのはしたくないから、何巻で終わるのかってのには慎重。


ふたりはプリキュア (KCデラックス) スマイルプリキュア! おはなしブック! まるごとスマイル! (講談社 Mook) スイートプリキュア♪&ハートキャッチプリキュア! おはなしブック! (講談社 Mook) ドキドキ!プリキュア&スマイルプリキュア! おはなしブック! (講談社 Mook)
そしてとうとう上北ふたごのマンガ版プリキュアに手を出してしまいました。すげーよ。すごい上手いよ。何この神作家。
プリキュアって毎年作画が違うのに毎回上手く合わせてきてるしみんなすごい可愛いよ。
これをコミックスじゃなくムックにしか収録しない講談社はほんと鬼です。
入手しにくいのでとりあえず大好きなハトプリとスマプリだけ。後編だとウルフルンさんあんま出てこない。そのうちDVDBOX買おう。


大奥 11 (ジェッツコミックス)
ぎゃあああ! 今度の敵はガチサイコパス!
徳川治済、10巻ではただのモンペだと思ってたら…。急にサイコスリラー展開になってびびった。
昔知り合いにサイコパスがいて揉め事に巻き込まれましたが、リアルでこんなんなって超怖かったです。なんであんな人間が存在するんだよ…。
でも治済は周りに「危ない人」って認識されてるからサイコパスとしては下位だな。レベルの高いサイコパスは「とてもいい人」にしか見えないんだよ…。


ヘブンズランナー アキラ 1 (少年サンデーコミックス)
サンデーの陸上もの。主人公が好みだったので買ってみた。『お茶にごす。』のまーくんに似てる。
基本的にスポーツマンガは興味ないけど、これくらいギャグ入ってると読めるなー。ハーレムラブコメとかにならないといいけど。
主人公がテンション高すぎて1巻の時点ですでに3回死にかけてるくらいテンション高くて面白いけど絵は下手。ヒロインと部長(男)の区別がつかないというリボーン現象(主人公とヒロインが瓜二つ)起きてる。あと陸上マンガなのに筋肉無いけど大丈夫なのか。まあそのうち上手くなるか。
絵はさておき、構成とか演出とかはけっこう上手くてセンスを感じます。特にライバルキャラとのやりとりがスポーツマンガのテンプレから絶妙に外れてて、なんかちょっと感心した。そうか…意見対立しててもすぐケンカしなくていいのか…。ライバルが主人公を認めてて優しくしてもいいのか…。そうか…。



【プリパラおもろい】
最近ハピプリ微妙だし他に魔法少女ものっぽいのはないしで、ジュエルペットとアイカツとプリパラ見始めました。最近の幼女向けアニメ、着替えシーンがほぼ変身シーンだから魔法少女欠乏症もやや解消。
プリパラ面白いです。何ていうかマイメロ系? 主人公がメインキャラの中で最年少という設定がしっかり生きてる天真爛漫さで素直に可愛いし、周りもいいキャラしてます。イチオシは梅干し食べて変身する北条そふぃちゃん!
しかしプリティーリズム→アイカツ→プリパラと、だんだん「ステージの陶酔度」が上がってる気がして怖い!(プリティーリズムは一応競技ものだったので観客もまだ「これは良い点数が出るな…」とか冷静に言ってたのですが、アイカツからは逆に観客が「アイドルが気持ちよく歌えるための舞台装置」と化している)
プリパラではとうとうアイドルとして活躍する舞台が「仮想空間」に。開き直りを感じます。
個人的に子供の頃からアイドルに憧れたことが一度もないので、主人公たちのアイドル活動にまったく熱を持って見られないんですが、なんかプリズムジャンプとかスペシャルアピールとかメイキングドラマとか、その世界独特の謎の技とか出てくるとテニスの王子様の恐竜倒しみたいで面白いですね。
「仮想空間でアイドル」ってのになんかいいアイディア湧きそうだったので、仮想空間の研究のためにアメーバピグ登録してウロウロしてみたら…いたよピグアイドル。これはすごい。アバターなのにライブとかメンバー募集とか公式じゃんけん大会とか昇格テストとか…。すごいな…。
ちなみに浮かんだアイディアは仮想空間をテーマにしたオムニバス。なんかありそう。

【トッキュウジャー】
グリッタちゃん(´;ω;`)
でも最後でシュバさんと距離縮まってよかったね。

【なろう】
ちょっと軽い小説でも書こうかと思ったけど忍殺以外のラノベ持ってないから参考までに「小説家になろう」のランキング上位を見てみたら、「冴えない俺がなんか異世界に転生して前世の記憶持ったまますごい能力使えて可愛い女の子からモテまくるファンタジー」だらけでびっくりした。こういうの流行ってんのね。劣等生もすごく笑ったけど、こっちも相当…。
しかも今長い文章系タイトル流行ってるからタイトル一覧見た時の「異世界」率がすごい。タイトル一覧見ただけでうんざりできる。
・冴えない生活を送る読者がカタルシスを感じられる
・「これは本当の俺じゃない」と思いたい読者の現実逃避
・整合性や取材が要らない世界観
このへん踏まえるとどうしてもこうなるよね。特に3番目。「異世界」っつってもいろいろあるのにほとんどが「剣と魔法のファンタジー世界」。科学が進んだ世界には行けないと見える。
同じような小説だらけなのは需要があるからいいとして、主人公の一人称の小説って苦手なので困るんですが、これまたなぜか一人称の作品ばっかりなのね…。
設定は面白いのもあるんだからちゃんとした文で三人称で書いてほしいんだけど、なんであんな気持ちの悪い一人称で書くんだろう?

【ドン!】
少年マンガ読んでてすっごい今さらながら気づいたこと。
私、擬態語の「ドン!」が苦手かも…。
前はあんま思わなかったけど、「主人公がなんかかっこいいこと言ってるコマ」に「ドン!!」とか書いてあるのが、なんか最近だめ。作者の「ここ決めゴマですよー」という気持ちが伝わってきちゃって、なんか恥ずかしい…。「ゴゴゴ」もアレだけど、「ドン!!」「どんっ」が一番無理。
元々ワンピの「ドン!!」が苦手だったんだけど、ワンピのを気にしてるうちに他作品のまで気になりだしたか?
ジョジョくらい全体的な演出が大仰だと気にならないんだけど。

【髪色集め】
3年ぶりくらいに髪色分類カテゴリを大幅に更新。男キャラより圧倒的に女キャラが多い…。
「美少女動物園」はいっぱいあるのはわかってたけど、「イケメン動物園」は思ったよりないんだなー。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.