裏次元の一日

マンガ・アニメを研究したり分析したり考察したりしてなかったり。

スポンサーサイト

Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副馬

Category:山岸凉子

副馬(そえうま)
1983年

日出処の天子〈10〉(花とゆめコミックス)』(白泉社)
山岸凉子作品集〈6〉日出処の天子6』(白泉社)
時じくの香の木の実(あすかコミックス)』(角川書店)
山岸凉子スペシャルセレクション〈9〉鬼子母神』(潮出版社)
に収録。



「馬を失って帰れない。中へ入れてくれ」

貧しい尺麻呂(さかまろ)は、森で埴輪の馬を拾う。
埴輪の馬の折れた足を直してやったところ、ある夜、人とは思えない者が馬を取りにやって来る。
気づくと家の前には財宝が置かれており、喜ぶ尺麻呂だったが、妬んだ者に盗掘の濡れ衣をかけられてしまい…。


貧しさゆえに好きな女の子も別の男に取られそうな主人公・尺麻呂くんが、拾った埴輪馬を直してあげる
→馬の持ち主の幽霊?が馬を引き取りに来て、お礼に財宝を置いていく
→嫉妬した近所の男(恋のライバルでもある)に盗みの濡れ衣を着せられる
→馬を拾った場所と直した証拠を提示したら昔の天皇のお墓が発見される
→冤罪も解けて天皇に官位を与えられ、めでたしめでたし。

…という素朴なお話です。ちなみに掲載誌の「グレープフルーツ」は少女漫画雑誌…。
全体的に日本昔話メソッドで超短編で地味なストーリーなのであまり感想はないのですが、
主人公に好意的なはずの御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)の幽霊が終始白目で全然いい人そうに見えないとこだけなんか面白かったです。登場シーン悪役かと思った。

尺麻呂といえば続日本書紀に出てきた狭井宿禰尺麻呂(さいのすくねさかまろ)が元ネタかなーと思うのですが、何せ詳しくないのでよくわかりません。
ストーリーは『笛吹き童子』と似てる気がします。あの童子可愛かったよね。

HOME

柿丸

柿丸
文化人類学的観点からマンガを研究したいただのマンガ好きです。データ収集が趣味。
ジャンプ歴10年でしたが2016.3に一旦卒業しました。
マンガの感想は基本的にネタバレです(どうせ古いマンガしか感想書かないので)。

【新刊追ってるマンガ】
アオイホノオ
おいピータン!!
大奥
カルバニア物語
きのう何食べた?
海月姫
たそがれたかこ
トクサツガガガ
ドリフターズ
ドロヘドロ
HUNTER×HUNTER
etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。